ブログ

プラス口癖でツキを変えてみる、マイナス口癖を直すには?

人はそれぞれで心の中がプラス口癖の人とマイナス口癖の人といます。

誰でも両方を持っていると思いますが、プラス口癖の人はツキがドンドン入ってきてついてる人になれるのです。
そう思いませんか?

家のことや仕事のこと、健康のことなど心配事や不安なことばかりですが、それでも頑張って前向きな言葉を発していると、発した言葉が自分にインプットされ、自分の行動が前向きになり、気持ちも明るくなってきます。

一人の時間に自分と向き合って、自分との会話をしてみると良いと思います。

私の場合、年齢とともに向き合う自分も気が強くなっているので笑ってしまいます。
発する言葉も「でも」とか「だって」とか「なんか」など言い訳するような言葉を発することが年齢とともに少なくなってきました。
年齢を重ねるとどうでも良いことは口にしなくなるような気がします。

プラス口癖でツキを変えてみる、マイナス口癖を直すには?

心の中にプラス口癖をいっぱい育てると、明るい表情になり、前向きで明るい人に変わっていきます。
そうすると人から好かれるようになり、人と交流も深まり、良い情報を得ることに繋がっていきます。

本当なら思考を変えて前に進もうと言いたいところですが、なかなか思考を変えるって難しいと思います。

年齢を重ねるとなおさら!

だんだん頑固になっていきますから。
もしかしたら間違っているのではないかと思っても、自分を変えることができないのです。

少し思考を変えればいろいろなことが変わって来るはずなのにそれができない。
長い間考え方を変えないできた人は、口癖で苦労するかも知れませんが、それも一つのキャラとして受け止められていることもあります。
それはそれで良いのでしょう。

思考が変えられない人も心の中で呟く言葉は、前向きな言葉を発すると、言葉一つでついてる人になりますよ。

言葉を意識してプラス口癖にするとツキが変わってきます。

自分は「ついてる」と思うことが大事

「どうして自分だけ運がないの」とか思うことはたくさんあります。
つらいことや苦しいと思えることでも、自分を信じて乗り越えることができると、さらに積極的に行動ができるようになります。

なんでも悲観的に捉えると消極的にどんどんなってしまいます。

前向きな人には人が寄って来るので、「ついてる」ことがもっと増えてくるのではないでしょうか。

今日はどんな発見があるだろう

これは私がいつも思っていることです。

「今日はどんな発見」というのは人との出会いだったり、美味しいものとの出会いだったり、人それぞれだと思いますが、その日の前向きな行動がツキを呼んでくれると思っています。

前向きな行動が常にできるようになると、人間関係も円滑になるばかりではなく、身近で起こる些細なことも気にならなくなります。
身近な人にも好感を持たれ、お互いの会話が楽しいものになっていきます。

魔法のプラス口癖

少し無責任に感じるかも知れませんが、「大丈夫!」と言うと本当に大丈夫なんだとそういう流れになるから不思議。
人間関係がスムーズになり、清々しい気持ちに、お互いがなります。

「一緒にいると楽しい」と言われて嫌な気持ちにはなりませんよね。

「なんとかなるさ」も適当な言葉のようですが、そんなもので本当になんとかなることもあったりします。
身近な人にプラス口癖を言うことで良いツキがきてくれると思います。

一緒にいると楽しい人と過ごす時間は貴重で、そこにはプラスのエネルギーが生まれます。

魔法のプラス口癖を呟きましょう。

マイナス口癖を見直す

マイナス口癖を直したいところですが、すぐに直すのは難しいかも知れませんね。
私もそうですが、ひと呼吸置かないとマイナスな言葉が飛び出しそうです。

話す前に前に話すことの考えをまとめて話始めるくらいの意識を持った方が良さそうです。

話し始めてから急に話が大きく飛んでしまう人がいますが、聞いていると「何のこと!?」と一瞬訳が分からなくなりますので、ゆっくりと話して言いたいことをまとめてもらいたいです。

マイナス口癖でなくても、マイナスにとれるような発言をうっかりとしているかも知れません。
特に女性に多いのではないですか?

プラス口癖もマイナス口癖も意識を持って話すようにしないと変わっていかないのでしょう。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。