自己啓発

集中できない、頭がぼーっとする、眠い、そんな時の対処法

日々の生活の中で、頭がぼーっとして集中できない、眠い、全然モチベーションが上がらない、そんな日があります。
特にデスクワーク、リモートワークを行うときに集中力が途切れてしまい、まとまったことができなかったり、波ってありますよね。

誰でも体験することですが、やらなければいけないことがたくさんある時には、「あー困った!」ということに。

そんな時は瞑想を行ったり、アイディアの枝葉(中心となる所から離れたもの)を書き出してみる、何もしないでぼーっとしてみる、絵を描いてみる、イメージトレーニングをしてみるなど、集中力を取り戻す方法があります。

それぞれ調べたことを書いていきますので、参考にしてください。

<<我流自己啓発のことまとめました。>>

自己啓発の使い方、思考・行動・環境を整えてみる

<<「こんな人苦手だな」と思う方もいるかもしれません。>>

苦手な人、イヤな人の特徴は?あなたの近くにもいるこんな人

<<大人の恋愛の進め方 まとめ>>

大人の恋愛の進め方、40代、50代からの出会いをまとめました 

集中できない 頭がぼーっとする 眠い どうする?

「集中することができない」なんて本当に「あるある」です。
デスクワーク、リモートワークを行う場合は「集中できる環境」も必要ですが、他にもテレビを消す、仕事に関係のないYouTube動画なども観ない、など当たり前のことも徹底したいですね。

「そんなことわかっているよ」と思ってもついついということってあります・・・。

瞑想を行ってみる

<呼吸を意識的に整えましょう>
何気なくしている呼吸ですが、「鼻から吸って~口から吐いて~」という当たり前のことを意識的に行います。
そうすると、身体の芯が温まり、チャクラが活発になってきます。チャクラというのは、「気の流れ」や「エネルギー」と捉えておくと良いです。

気持ちが落ち着かない時などにオススメです。

瞑想のやり方

※軽くあぐらをかきます。両手を膝の上に置き、手のひらを向けます。
※頭をスッキリさせるつもりで、鼻から呼吸を自然にします。息を4秒間吸っていきます。腹式呼吸を意識します。
※息を4秒止めます。そのときに血が体中を巡るようなイメージを持つことが大切です。
※8秒間息を吐きます。
※上記のことを5分間ほど繰り返し行います。気持がだんだん研ぎ澄まされてきます。心が浄化されたような気持ちになってきます。

繰り返し行うためには、

※周りの音を消すことが大事です。テレビ、携帯電話などを切り、できるだけ無音にします。
※鉛筆などや紙を用意して、呼吸を整えます。
※外の音、車や人の話し声、鳥の鳴き声などを自由に思うまま描いてみます。しっかりと絵にする必要はなく、何となくな感じで、点や線、模様などを自由に書いてみます。

やっていると心がさまよってくることもありますが、そのときはもう一度やってみましょう。繰り返して行うと、落ち着いてきますよ。

あなたのアイデアの枝葉を書き出します

物事がアレコレと出てきて決めることができなくなってきます。
物事のブランニング、クリエイティブなことをするときには、余計な迷いは消して、発想を広げていくと意識していなかったアイデアのヒントを見つけることができます。

アイデアの枝葉を書く

大きな紙とマジックを用意します。私が行った時は、カラフルペンと模造紙を使いました。
※大きな紙の真ん中に円を描きます。円の中に自分がやろうとしていることの関連ワードを書いていきます。
※円から枝が伸びるように線を描きます。その先に円を描き、連想したワードを描いていきます。
※思いつくまま数十個でも描いていき、描き終えたら見直します。ダブっているものを消していくと、残っているのが自分の求めるものだと気づきます。

たとえば、これをグループで行うとグループの人たちが何を望んでいるのかが見えてきます。

何もしないでぼーっとする

意外と難しいと思うか得意だと思うかは人それぞれですが、瞑想の一種ですがぼーっとします。
一日の終わりのバスタイムで、湯船の中でぼーっとして、その日のマイナス思考も流してしまいましょう。

バスソルト、アロマオイルなどでバスタイムをリラックスタイムにしてしまいましょう。このリラックスした時間が、上質な睡眠に繫がりますし、明日への活力となります。
イルコルポミネラルバスパウダーお試し6包セットを購入。温泉気分味わう温まるので、ぐっすりと眠ることができます。

ちょっと不思議!クレヨンで絵を描く

デジタル画も良いかもしれませんが、画用紙にクレヨンで絵を描くと子供の頃を思い出し、気持ちがリラックスしてきます。

子供が小さい時、あるいは自分が子供の頃?クレヨンを触ってからどのくらいの年月が経っていますか?
明るい色やキレイな色のクレヨンで絵を描いてみましょう。絵なんて描いたことないし、描けないという方も上手く描く必要などないので、とにかく描いてみましょう。
あなたの心の赴くままにクレヨンを動かすだけでいいのです。

子供の頃のように、短いクレヨンで色を塗り重ねたり、○とか△を描くだけでも、カラフルな色のパワーで気持ちが落ち着いてきます。

イメージトレーニングを行います

イメージトレーニングで迷いを消します。
アスリートの方達が、大切な試合の前に「勝つ」というイメージを繰り返し持ってトレーニングをすると聞いたことがあると思います。

それと同じように、大切なプレゼン、試験、面接、試合の前に成功する自分をイメージをします。
それがあなたの気持ちを整えて迷いを消してくれるでしょう。

イメージトレーニングの手順

※瞑想をしてからストレッチを行います。
※気持ちが落ち着くように音楽をかけてみる。
※「~したい」という気持ちを「~することができた」と断定をして繰り返します。アファメーションしていきます。

集中力をアップさせます

何かを始めようとするときに、違うことが気になり一つに集中できないことってありますよね?

無理に集中しようとしても思うようにいきませんね。そんなときは一歩引いて、頭をからっぽにしてみましょう。
例えば大声で歌う、踊れる場合は踊ってみる。
これはスピリチュアル的には、クラウディングと言うそうで、チャクラを本来の状態に戻します。

集中力をupさせる

※選曲する。腹式呼吸でしか息が続かないような曲を選ぶ。
※ハミング。メロディを頭の中に響かせるようにハミングしましょう。
※歌う。歌詞はつけず、「アー」など鼻歌みたいに歌いましょう。

集中ができないときって睡眠不足だったりします。時間が許されるのでしたら、お昼寝を数十分でもしてみると頭がスッキリしてきます。

単純作業を行い気持ちを整えよう

夢中になって単純作業を行うことによって、気持ちを整えることができます。掃除をすることなどオススメです。
考えなければならないことがあっても、一時でも頭の中をからっぽにして掃除など行うと、周囲はキレイになるし気持ちも良いです。
竹ほうきで庭を掃いたり、植物の手入れをすると、当たり前ですがキレイになり、気持ちも心もスッキリとします。
少し体を動かすことが大事だと思うのです。

完璧を目指さないで60点ぐらいで満足しよう

ネットで文字を書いていると、間違ってはいけない、どのように書いていけばいい?などと先に進まないことがあります。
そんなときにYouTubeでライティングの話を聴いたのですが、「最初は100点でなくてもいいんだよ。60点ぐらいでいいんだ」と言っている方がいました。

「そうかぁ」それでもいいんだ。

この言葉は企業でも使われているそうで、「100点を目指して躊躇するのなら、60点でいい」と割り切ることの大切さとまずはやってみることの大切さを伝えています。

改善を繰り返すことで、100点を目指していきます。

ブログでも言えることです。改善を繰り返して少しずつでも良い文章に近づけることが重要ではないかと感じています。

改善を繰り返しながら早く完全に近づくことが大事。(アドラーの心理学・不完全であることの勇気)

まとめ

日々の生活の中で、やりたいことがあっても、全然モチベーションが上がらない日があったり、集中力が途切れてしまうことがあります。
そんな時の対処法をご紹介しました。

本格的でなくても呼吸を整えて瞑想をしてみると気持ちが落ち着いてきます。
集中力に欠けていると感じた時は、思い切って別のことをやってみる方が良かったりします。

寝不足だと集中力は途切れてしまうことが多くなりますので、生活のスタイルを整えることが必要だったりしますね。

不完全であっても改善を繰り返し、完全に近づくことが大事。(肝に銘じます・笑)

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。