おしゃれ

悩み事が頭から離れないアラ還世代の顔、髪、まつげのちょっとした工夫

アラ還でも女性なので、老いは許せないものがあると思っている人は多いでしょう~正直言って。

「歳を取るのは仕方がないわよ」と言っていても心の奥では、「他人は歳を取って衰えてもいいけれど、自分は衰えたくはないわよね」そうでしょ?

そんな酷いこと思うのは私とあなた・・・!?(笑)

でも残念だけど、どんなに頑張っても普通の人は老いは止められないです。

アラ還にもなると、普通なら皆老けていくわよねぇ・・でもメイクとかでごまかすためのテクニックがあれば一般庶民でも少しは何とかなるかも。

そう思って調べてみました。

悩み事が頭から離れないアラ還世代は、外見の悩みも増えていきます。

悩み事が頭から離れないアラ還世代の顔、髪、まつげのちょっとした工夫

はっきりと言って大昔なら姥捨て山に捨てられた年代のアラ還世代は、外見を気にしないで何もしていない人の顔って見られたものではないと思ってます。(ピーということで・笑)

昔美人の方でも残念なことに、ドッと・・・頬のお肉は落ちるし、土色の肌は部分的に濃くなっていて、これがシミというものか。

高齢化が進んで高齢者の多い街に住んでいると、幸いなことにそれでも「お姉さん」と言われたりするけれど、お姉さんと言う言葉に調子に乗っていると、崖から落ちるように老人となっていきそう。

メイクをしよう

メイクをしないと肌が余計に衰えてしまうと周囲を見ていて思ってます。

化粧下地に肌が明るく見えるものを使い、ファンデーションを薄く塗ります。厚く塗ると顔が浮き上がって怖くなるので、薄く塗る方が良いです。

私流ですが、ファンデーションを塗ったあとにコンシーラーでシミを隠していきます。

丁寧に指でポンポンとシミの部分に塗っていくと、かなりきれいに隠せますよ。

若い時には、アイメークに凝ったりしましたが、アラ還世代は、くすんだ肌を綺麗に仕上げるのがポイントになると思っているので、ファンデーションのあとにコンシーラーを使い、おしろいを使います。で、その後がポイント!フェイスカラーのキラキラしたのが入っているものをブラシでつけます。
目の下とかのくすみが目立たなくなりますよ。

これもつけ過ぎるとハデに散らかるクラッカーが顔にへばりついたようになってしまうので(大袈裟)気をつけた方が良さそう。

何もしないと外見も内面もくすんでしまいますよ。

ウィッグ(カツラって言わないで)をつける

私の場合ですが、小学生の頃は髪が長くて二つに結んでいて、まだ覚えているけれど「まぁ、髪の量が多いね、馬のしっぽみたい」とどこかのおばさんに言われたことがあります。

その時に二つに結んだ片方分が今は一つ分のような気がしてます。

それだけ年齢を重ねるにつれ、髪も細り、量も少なくなってきているような気がして、これも、人のことは気にならないのに、自分のは気になるものだと思ってます。

残念ながら頭の上はいつの間にか、例えるのなら、道路の車を停める場所の路肩のように、頭に隙間ができていたりしますよね、女性でも。

だから部分的につけることができるウィッグは売れているそうです。

年齢を重ねて髪の美しい人はウィッグをつけている人が多いとのこと。

むきになって若々しく見せようとするのではなく、それが自分のためになるのなら絶対に挑戦をしてみるべきかも!

やっぱり必要だよね。つけまつげ

どういう現象なのか良く分かりませんが、最近地元の100円ショップに行くと、「秘密のつけまつげ」の一部が売り切れ状態で、販売会社のサイトを見ると在庫なしとなっていました。

「秘密のつけまつげ」はまるで自分のまつげのように自然につけることができるのです。

「在庫なし」の原因は売れているからだけとは限らないかも知れませんが、とても自然にみえる物は魅力がありますし、安いので人気も出そうです。

年齢を重ねると、大きくて魅力のあった目も、アイラインではごまかせないほど小さくなってしまった目にショックを覚えます。

でもオシャレな女性は増えていますし、「つけまつげ」は一般庶民が毎日つけるとなると高い物になってしまうのです。

若い人から見るとアラ還よりもう少し年齢の上の女性は、おばあさんかも知れませんが、でも女性です!

分かってはいるけれど、受け入れることができないことって心の奥底にあるのです。

何回も書きますが、人は良くても自分は認めたくない、本当に都合のよろしいことで・・・(笑)

ファッションも色、色と

どこかのブログにも書いたけど、黒とかグレーが好きだけど、もう無理があるみたい。

中高年は肌もくすむので、明るい色を身につけた方が良いようです。

確かに、お年寄りが綺麗な色の洋服や小物をチョイスされていると、見習うべきだと思ってしまいますよね。

あまりゴチャゴチャと色を重ねたくない人は、シンプルな色に1つの綺麗なカラーを加えてみるだけでも素敵になります。

まとめ

人生100年時代となると、アラ還世代ではまだまだ先が長いということになりますね。

なにもやることがない、なにも興味を持てない、自分に興味が持てないでは、残りの人生は退屈でたまらない。

自分に興味を持って着飾ったり、若々しくなれるように努力をしたり、やりたいことを極めると超かっこいい人生になりますよね!

~をしなければならない、など家族のために頑張るのも素敵ですが、自分のために楽しむ人生って、今を楽しむことなのだと思います。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。