おしゃれ

50代ファッションコーディネートがダサイ!ダサイ女から抜け出す方法

「いつも素敵な女性、センスの良い洋服を着こなして・・・」「それに比べて私は若いときから全然センスはないし、高い洋服を着てもパッとしないのよね」
心の中でこんなことを思うことってありませんか?

年齢を重ねるとオシャレよりも着やすさを優先したり、オシャレに着こなすことも難しくて面倒になってきます。

そんなあなたを見違えるほどオシャレにしてくれる方法があるのです。

50代になってもオシャレがしたい、ダサイファッションコーディネートから抜け出したい!そう思われる方は是非参考にしてください。

こちらも参考にしてくださいね。

アラ還のおしゃれはファッションレンタル!メリットとデメリットは?

アラ還のオシャレ「何を着ていいのかわからない」そんなあなたに

50代ファッションコーディネートがダサイ!ダサイ女から抜け出す方法

ファッション雑誌を見て研究したり、ショップの定員さんにアドバイスをしてもらったり、街で見かけるオシャレな人の真似をしたり努力はしているのに、なんだかダサイ・・・。やっぱりダサイって生まれつきのもの?

ダサイ人はなぜダサイのでしょう?そこには理由がありそうです。

ダサイ人には特徴があります。共通する特徴を調べてみました!

年齢にふさわしい洋服を着ていない場合

若く見られたいというのはわかりますが、やはり、ある程度年齢を重ねた人が、膝があらわになるギャルのようなミニスカートを履いたり、ギャルの間で流行のフリフリドレスなど着ていたら、正直、痛いですよね。

膝には年齢が出ますから。そうそう、昔流行りましたよね?

「振り向かないで~♪」なんてことに・・・。

男性も同じで、大人の男性が大きな流行のキャラクターのバックプリントのTシャツを着ていたら引いちゃいますよね。

逆に若い人がへんに落ち着いた地味な格好をしているのも?になってしまいます。

年齢にふさわしくない洋服を着ているとダサイと思われてしまうかもしれませんね。

はっきり言って浮いてる

ドレスコードがあるような席にTシャツやハーフパンツでは浮いてしまいますし、アウトドアにスーツやパンプスなどでは引いてしまいますよね。

デートでもどこかに出かけるときでも、一人だけ浮いてしまうのは恥ずかしいですよね。

やはり、誰と出かけるのか、どこに行くのか、目的は何かなど意識した服装というのがオシャレの基本となります。

柄と柄、チェックと花柄、動物と動物などコーデの基本を無視

センスが良い人のオシャレはさりげなくシンプルだったりします。けばけばしさはなく、どこか華やかだったりします。

獲物と柄物をあわせるコーデは難しかったりします。一般の人がすると超ダサイということに。

動物と動物・・・動物柄はかわいくてオシャレなものが多いですが、組み合わせしだいではインパクトが大き過ぎるということになってしまいます。

コーデの基本に従いながら独自のセンスを加味できるとオシャレの上級者と言えそうです。

全身同じ色だったり、色の組み合わせがおかしい

全身黒づくめの人がいます。はっきりと言って、オシャレの達人でないと決めるのが難しかったりします。
ヘアスタイルから小物まで選んでいかないとダサくなってしまいます。

普段のスタイルでしたら良いのですが、お出かけするときに、全身黒づくめだと細かなところまで考えたコーディネートでないとおかしくなってしまいますね。

モノトーン、同系色にまとめるのが無難で間違いないとはいえ、何も考えずに黒一色というのはテクニックが必要となってきます。

同色系を好む人もいますが、反対色などの派手な色を好む人もいます。

派手な色を好む場合には、ダサくなってしまう危険性をはらんでいるので、自分のオシャレに自身がない場合は慎重に。

ファッションセンスに自信が持てない人の原因と対策を考える

ファッションセンスに自信がない、苦手だという方には原因があります。それは周囲の人を意識し過ぎているという特徴があります。

思い当たる節はありませんか?

何をどうしたら良いのかわからなくなってしまい、人の真似をしてしまうとおかしなことになってしまうかもしれないですよね。

その人には似合っていても、あなたには似合わないかもしれないのです。

また、全身決めすぎだと周りの人までも恥ずかしい思いをすることに。

年齢を重ねた方だと、お出かけするときに、バブル時代のままという方がいます。派手派手ファッションは今の時代に合わないですよね。

オシャレはコーディネートの基本を守りつつ、あなたらしさを表現するのが一番素敵なことです。

もし、人からなにやかや言われて気にしているのでしたら、自分らしさをどうしたら良いのかわからなくなってしまって、しり込みをしているのかもしれませんね。

正しいオシャレの法則を知って、自分のものにしちゃいましょう。基本の基本からです。

「ファッションなんて考えるのも苦手だわ」という人をオシャレな人に変える方法

「そんなことわかっているわ」ということだったりするのですよね。わかっていることが忘れられてしまうのです。

あなたに合ったサイズのもの

オシャレの基本は「ジャストサイズ」。流行だからとダボッとしたパンツを履いたとしても、着こなさないと野暮ったくなってしまいます。
ジャストサイズが無難です。

シンプルなもの

オシャレ上級者の方でしたら、奇抜なデザインでも派手な配色のものでも着こなせますが、センスに自信がないのでしたら、シンプルなデザインを揃えましょう。
上質でシンプルで清潔なものでしたら、オシャレに見えます。

モノトーンか同色系のもの

年齢を重ねた女性はあまり多くの色を使いすぎない方が良いです。
色を足していくのではなく、引いていくとスッキリとしてきます。

基本はモノトーンか同色系でコーディネートすると良いのですが、だからと言って、全身一色はおかしくなってしまいます。

たとえば!男性でしたら、

✅黒、白、グレーを基本に、真っ白なTシャツ、黒、グレー、ネイビーのジャケットにチノパン
だけでも素敵です。
デニムを合わせてもいいですね。

女性でしたら、

✅寒色系や暖色系など同色系でまとめるとコーディネートしやすいですよね。あなたの好きな系統の色を選ぶと納得ができるコーディネートになるでしょう。
ボトムのパンツやスカートによって、可愛かったり、できる女だったり、女性としての変化が楽しめますね。

少し豪華さを取り入れる

お金持ちの方は違うと思いますが、一般的にプチプラのものばかりだと、安っぽく見えてしまいますよね。
なにか一つ拘って高めのブランド物を付け加えるだけでとても引き締まります。

大きなロゴマークが入った物は避けた方がいいです。ダサイです。

コーディネートに自身がないのでしたら、オシャレ上手さんに聞いてみる

オシャレになるための基本をお伝えしましたが、できそうですか?
もし、自分にはできそうもないというのでしたら、オシャレ上手さんに教えてもらったり、任せてしまうこともできます。

オシャレ上手さんに任せる方法は?

あなたの好きなブランドショップの店員さんに聞く

いつも素敵なコーディネートをしている店員さんの真似をしてみても「何か違う・・・」と思うことってあります。

店員さんに「このスカートに合わせる洋服を選んでください」と聞いてみると、アドバイスをしてくれます。

意外な発見があって、こんなコーディネートの方法もあるのだと教えてもらうことも!

ただ、店員さんの中には厳しいノルマのために、高い洋服を勧めてきたり、似合っていないのに「お似合いです」と言う場合もあります。

オシャレ上手な友達に教えてもらう

いつも素敵なコーディネートをしている友達がいたら、買い物につき合ってもらって、アドバイスをしてもらうのもいいですね。

友達同士だから気軽にお願いができます。おかしかったらおかしいと言ってくれるのが友達ですよね。

ただ、友達は自分のコーディネートはバッチリできても、人のことまでアドバイスできる力を持っているかは別問題です。

自分と他人ではやっぱり違いますものね。

店員さんでも友達でも不安があるのでしたら、プロの方にお任せしちゃいます?

ファッションレンタルサービスを利用してみましょう

ファッションレンタルサービスは月額制で、毎月、洋服をレンタルするサービスのことです。

ファッションレンタルサービスの中には、プロのスタイリストがあなたの好みや要望、着るシチュエーションなどを考慮して、あなたに合ったコーディネートを提案してくれます。

レンタル料の中にコーディネートの料金も含まれているので、洋服を買うより割安となります。

✅大切な人と会うときに何を着ていけばいいのかわからない。

✅大切な時だから恥ずかしくない格好をしたい。

代表的なファッションレンタルサービスをご紹介しています。エディストクローゼットでは毎日悩む「服の組み合わせ」から解放され、時間を短縮できるサービスです。

洋服はすべてが自社のブランドで、大人の女性が満足できるファッションレンタルサービスとなっています。

洋服はすべて自社のオリジナル
 日々の困りごとを解決する機能性、大人の女性に合うデザインを提供
 ユーザーの声やトレンドを反映した製品を開発

まとめ

決してダサイわけではないと思いますが、「ダサイ」を気にしているのでしたら、この記事はオシャレになるためのヒントになったのではないでしょうか。

オシャレの基本に忠実に従うと、ダサイから抜け出すことができます。

年齢を重ねても素敵なオシャレさんでいてください。

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。