おしゃれ

50代以上のアラ還の悩み、白髪の予防や対策のことを知りたい!

深刻な悩みの「白髪問題」。白髪になるのを防ぎたい!その気持ちは良くわかります。

手間のかかるヘアケアも面倒ですが、老けて見えるのはイヤだから面倒でも頑張ってる!そうですよね~!

年齢を重ねた世代の方達は健康のために栄養のことや睡眠に気をつけていると思いますが、栄養や睡眠って白髪予防にもとっても大切なことみたいです。

白髪予防のことを調べていたら健康対策とつながったのですよね。

白髪は防げる! [ 辻 敦哉 ]辻敦哉さんの書籍も参考にさせてもらいました。

50代以上のアラ還の悩み、白髪の予防や対策のことを知りたい!

白髪は対策をきちんと行えば予防できるものと、対策だけでは予防しにくい白髪の二種類あります。

年齢を重ねると対策だけでは予防しにくいのかもしれませんが、それでも対策は行っていきたいですよね。

対策をきちんと立てれば予防できるものには、生活習慣の乱れや栄養の偏りによる髪の毛の栄養不足やメラニン不足です。

そして対策を立てにくいものには加齢や遺伝があります。

栄養不足

白髪になるのは加齢だから仕方がないものだと思っていました。

確かに加齢は対策を立てにくいものではありますが、「栄養不足」や「血流悪化」が原因であることも考えられるようです。

白髪になるということは、髪の色が黒く変化しないからです。

要するにメラニン色素の不足が考えられるということです。

メラニンは体外から摂ることはできませんので、自分の体内で生成しなければなりません。

メラニンを作るには、

✅メラニンの材料となるチロシンをチロシナーゼという酵素が分解することでメラニン色素が生成されます。

メラニン色素の材料に加えて、健康な髪の毛を作る成分や血行を促す成分も必要です。

それらを合わせて摂ることによって白髪を予防することができます。

睡眠不足

白髪や薄毛、抜け毛などの髪のトラブルには睡眠不足が大きく関わっています。

ch
ch
確かに!寝不足が続いたときに髪の毛が抜けた!

髪の毛を健康に保ち、育てるためには成長ホルモンが必要です。

その成長ホルモンは寝ている間だけ分泌されるのです。とりわけ、午後10時から午前2時の間に一番分泌されるといわれています。

慢性的な睡眠不足は白髪対策だけではなくて、体調にも大きく関わってきますよね。

わかっていても、忙しい毎日ではついつい寝不足になりがちです。

最低限、先ほどの時間帯までには眠るようにすると良いでしょう。

紫外線

皮膚の老化を促進させる紫外線のことは雑誌などでも多く取り上げられますよね。

実は皮膚だけではなく、紫外線は頭皮にも大きく影響するといわれています。

老化が進むとメラニン色素の生成機能が低下します。

日焼け止めなどを塗って、肌の日焼け予防には気を使っても、髪の毛の日焼け予防まではなかなか気が回っていない人も多いと思います。

帽子や日傘などで紫外線を防ぎましょう。他に髪用のUVスプレーや日焼け止めを使うことも良いと思いますが、寝る前には洗い流しましょう。

白髪予防に効果的なおすすめの食材

食生活の見直しも白髪予防には必要です。

具体的にどういうものが良いのか調べました。

ヨード・・・ホルモン生成を促して、細胞を活性化させる昆布やわかめ、海苔などの海藻類。

チロシン・・・髪の毛を黒くするメラニン色素の材料、乳製品、たらこ、大豆、アーモンドなどのナッツ類。

タンパク質・・・髪の毛の材料、肉、魚、卵。

銀イオン・・・メラニン色素を作るために必要な酵素チロシナーゼを活性化させる、エビ、カニ、貝、ココアなど。

タンパク質には動物性のタンパク質と植物性のタンパク質がありますが、両方からバランスよく摂ることが大切です。

生活習慣を見直し、食生活の偏りを正すことによって、白髪予防に効果を発揮することがわかりました。

体のことを考えるととっても大切なことが、髪にも大切なことということがわかりましたよね。

白髪の対策

自分で染める

昔は自分で染めるとムラができるとか、見えないところが上手く染まらない、頭皮への影響が心配、周りを汚すなどネガティブなことを気にしていたのではないですか?

今でもですか?白髪染めは進化していて昔とはちょっと違うようです。

白髪染めにはいろいろなタイプがあって、改良を重ねられ、品質もアップしているそうです。

あなたの白髪にはどのようなタイプがぴったりなのかチェックしてみましょう。

<人気の商品を3点>

白髪は抜くと増える?

子供の頃に親の白髪を抜こうとしたときに、「白髪は抜くと増えるから抜かないで!」と言われました。

「抜くと増える」は真実なのでしょうか。

ch
ch
結論から言うと、抜いても増えないみたいです。
白髪が増えてくる時と重ねってしまうために抜いたら増えたと感じてしまうようです。

美容院で染める?自分で染める?

美容院で染めた方がいいのか、自分で染めてしまうか迷いますよね。

白髪染めは多くの種類が販売されています。でも美容院のプロが染めてくれると綺麗に仕上がりますよね。

美容院で染めるときには、髪質に合ったヘアカラー剤を使ってくれて、後のケアもキチンと行ってくれるので髪が傷みにくいです。

市販のヘアカラー剤はいろいろな方の髪質に合うようにできているので、痛みやすいといいます。

メリット、デメリットそれぞれありますが、上手に使い分けをしたいですね。

白髪染めの体への影響は?

市販の白髪染めの説明書には、「お肌に合わないことがあります。そんな場合は直ちに使用を中止してください」と注意書きがしてあります。

実際に白髪染めだけではなくて、ヘアカラー製品は強い刺激や刺激臭がある場合があります。

白髪染めはかぶれるので使えないという人も周りにいます。長期間使っても大丈夫なのでしょうか?

調べたことを書いていきます。

<白髪染めの主な副作用と原因>

※かぶれ・・・白髪染めの薬剤によって頭皮が刺激を受けて、赤くなったり、かゆくなったり、腫れたりします。

※アレルギー症状

かぶれはもっとも起こりやすいです。
白髪染めの薬剤に含まれる「ジアミン」という薬品がかぶれの原因となっているようです。

薬剤を付けてすぐかぶれるというより、しばらくたってから発症することが多いとのこと。時間が経ってからかゆくなったら、かぶれを疑った方が良さそうです。

ヘアカラーをしているとかゆみが起こる場合は、ジアミンが含まれていない白髪染めを探していくことをおすすめします。

白髪染めの副作用を防ぐには?

副作用を起こしにくい白髪染めを使うようにするといっても「何がいいの?」と思いますよね。

副作用を起こしにくいのがヘアカラートリートメントです。染まりにくいなどのデメリットがありますが、安全性を重視したいなら、ヘアカラートリートメントを使うことをおすすめします。

ヘアマニキュアもヘアカラーに比べると副作用は起きにくいです。

まとめ

生活習慣の乱れを正し、食生活を見直せば白髪予防にも効果が期待できることがわかりました。

バランスの取れた健康的な生活を送ることができれば大丈夫。

加齢による白髪は予防をしながらも、ヘアカラーやヘアマニキュアなどを利用して若々しさを保ちたいですね。

ヘアカラーによるアレルギー反応が心配な方は、副作用を起こしにくいヘアトリートメントなどを利用した方が良さそうです。

ヘアカラーを初めて使うときにはパッチテストを必ず行うようにしましょう。

白髪染めのリスクも良く把握して上手に使いこなしたいですね。

若くてもグレイヘアにする人増えて来ました

男性もグレイヘアという選択、おすすめのヘアスタイル4選

ヘアカラーとヘナのメリット、デメリット、地肌の影響は?

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。
こちらの記事もおすすめ!