おしゃれ

アラ還世代女性の美容とメイクのことを改めて詳しく解説いたします

アラ還世代の女性は美しくなりました。「いつまでもキレイでいたい」と思う女性が増えたからだと思いますが、安価で良い化粧品が増えたことも理由の一つだと思っています。
私達世代が若い頃は高級化粧品を使わないとキレイになれないと思っていたのは私だけでしょうか?
ここではアラ還世代女性の美容とメイクと化粧品のことを改めて解説いたします。

アラ還世代女性の美容とメイクのことを改めて詳しく解説いたします

アラ還世代女性が若かった頃は、化粧品メーカーがオススメする化粧品は高級化粧品でした。クリーム一つが数万円ということもありました。
今は数千円の化粧品でも継続して使用することにより、若々しいアラ還女性が誕生すると思っています。

改めて美容とメイクのことを解説いたします。

メイクと化粧水のこと

メイクの前とメイクを落とした後にはスキンケアが大切です。最近ではオールインワンジェルだけを使う人もいると思いますが、化粧水を使うと肌が引き締まり気持ちも良いです。

肌の水分が不足するとメイクも崩れてしまったり、肌は乾燥状態になってしまいます。

ですから多めに化粧水をつけて水分補給をしたうえでメイクをした方が良いです。
化粧水をつけるときに手でつけている人も多いと思いますが、手でつけると手に化粧水が吸収されますから、肌全体につけたいと思っているのでしたらコットンを使うと良いでしょう。

コットンに化粧水をつけてから顔全体にパッティングをしていきます。

特に目の下や目尻、口元の端というのは良く動く部分なので、メイクも崩れやすいところです。この部分の水分補給は特に優しく時間をかけて行います。

そしてTゾーンと呼ばれている皮脂の分泌が多いといわれる部分は、朝のメイク前はコットンで皮脂を拭き取るようにしていくのがポイントとなります。

コットンでしっかりと水分補給した後も手のひらで包んで潤いを閉じ込めるようにすれば完璧です。

このように化粧水をしっかりとメイクをする前に肌にしみこませておくことで、その後のメイクの乗りが違ってきますし、メイクの崩れ予防にもなってきます。

せっかくメイクをしてもすぐに崩れてしまっては意味がありませんので、化粧水のつけ方は大切だということです。

メイクと美容液のこと

便利な化粧品はたくさん販売されていますが、何十年も前から行われていた基本の「キ」、メイクをする前には美容液をつけておくということも大切なことです。

化粧水は水分補給をしただけになりますが、美容液は肌に栄養を補給したことになります。

化粧水だけだと肌が乾いてくるのを感じますよね。ですから肌に栄養補給をするために美容液をつけると、メイクのノリも良くなります。

年齢を重ねると実感しますが、美容液は肌のハリも与えてくれます。

メイク前の化粧水、美容液、乳液、クリームという順番でつけるというのが一般的に行われていますが、美容液のタイプによっては洗顔の後の化粧水の前につけるタイプもあります。

アラ還世代は一生懸命にこのルールを守ってきた方も多いかもしれませんが、今では便利で優秀なオールインワンジェルも販売されています。

だんだん年齢と共にハリは失われてきますが、肌のハリを取り戻したり引き締める効果がある美容液もあります。

いろいろな美容液があると思いますから自分に合ったものを選ぶことが大事です。

メイク前につけることによって、ノリが良くなり、メイクも長持ちするという人も多いので、しっかりメイクを持続させるためにも美容液は必要です。

メイクと日焼け止めのこと

避けたい日焼けですが、様々な肌トラブルを起こすと言われていますね。シミやシワの原因にもなりますし、肌の乾燥も関係しています。
日焼けは老化を早めると言われています。

肌とは全く違う話ですが、日が当たるフローリングの床は当たらない所と比べると痛んでいます。
「やっぱり日が当たるとこうなるのね」と思っています。

肌は日焼け止めを使い、しっかりとケアしていかなければいけませんね。メイクをする前に日焼け止めを塗るのは面倒でもありますが、UV効果のある下地クリームやファンデーションも使っていきたいですね。

少量を少しずつ重ねて塗っていった方が塗り残しもなくなるので良いと思います。

鼻や頬、おでこなど高くなっている部分は日焼けしやすい部分でもありますから、丁寧に日焼け止めを塗っておきましょう。

日焼け止めは汗や皮脂で落ちてしまいますので、紫外線に当たりやすい所は、何度も塗り直すことが必要となってきます。

メイクをしっかりとして紫外線を予防することができても、目からも紫外線は体内に入りますので、サングラスなども掛けるようにするとケアできます。

メイクのとき、パウダーファンデーション

メイクのときにパウダーファンデーションを使っている方は多いと思います。リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの両方を使っている方もいますね。

パウダーファンデーションは軽く付けるような感じで、ナチュラルな仕上がりになります。

皮脂を吸収してくれますし、毛穴も隠すことができて肌のキメが整ったように見せることができます。

肌の気になるシミなどはファンデーションを塗る前にコンシーラーで隠しておいてから、スポンジにファンデーションを少しとって顔の真ん中から外に向かって少しずつ伸ばしていきます。

少しずつ伸ばしていくことがポイントで、顔全体になじませていきます。

化粧直しのときも手軽にできますし、皮脂の分泌によるテカりなども抑えることができます。ただ、塗りすぎると肌が呼吸できなくなるので、皮脂の分泌も活発になりメイクも崩れやすくなります。

パウダーファンデーションは粉っぽくて乾燥しやすいと思っている人もいると思いますが、ブランドによっては、肌に密着して崩れないタイプのものもあり、しかもナチュラルな仕上がりになる優れた製品も販売されています。

メイクのとき、リキッドファンデーション

メイクのときにリキッドファンデーションを使っている人は多いと思います。リキッドファンデーションを使うと素肌に近いナチュラルな仕上がりにできるという特徴があります。

乾燥肌の人は乾燥を抑えることができるのでオススメです。

リキッドファンデーションの塗り方は、少し指やスポンジにとって、おでこなどの範囲の広い部分から顔の内側から外に向かって塗っていきます。

力を入れて塗るというよりは、肌になじませる程度がいいです。皮膚が厚い部分にはしっかり目に塗っていき、皮脂の分泌が多めのTゾーンや目の周り、口の周りなどはあまり多く塗らない方がいいです。

ファンデーションをしっかり肌になじませるために、たたき込むようにするといいです。

しっかりとしたメイクの仕上がりにしたいという人はリキッドファンデーションの方がオススメです。

メイクと紫外線のこと

アラ還世代は紫外線の恐怖は実感します。車の運転をする機会が多いと顔の右側にシミが現れたりしますから、メイクをするうえで紫外線対策はしっかりとしておかないと大変です。

雑誌などでも書かれていますが、紫外線が強いのは1年中でも4月~9月頃。特に有害であるとされる紫外線はオゾンの量が減っている7月~8月だと言われています。

1日のうちでは午前10時頃から午後2時頃が多いそうです。外に出るときにはノーメイクでも紫外線防止のための日焼け止めはしっかりと塗っておきたいですね。

「今日は曇っているから紫外線対策をしなくても大丈夫」と天気の悪い日は思ってしまいますが、曇りの日でも晴れの日の5割から8割は紫外線があるようですし、雨の日でも2割から3割ぐらいは紫外線はあるということです。

紫外線は気づかないうちに蓄積されるというので怖いですね。

シミやシワ、老化対策に紫外線対策のメイクが必要です。UV効果のあるファンデーションや乳液、下地などを使って何年先もキレイでいられるように努力したいですね。

メイクのファンデーションの色のこと

メイクをするときに大切なこと、ファンデーションの色が自分の顔色に合っていないとおかしな顔になってしまいます。

親切な美容部員さんがいないお店でファンデーションを買うときもあると思います。一人で何色が良いのか悩んでしまいますよね。

ファンデーションの色というのは明るすぎてもいけませんし、暗すぎてもおかしいので、自分に合ったものを選ぶようにします。

ではどのように色を選んでいけば良いのでしょう。

まず自分の首の色に注目です。自分の首の色に合わせることがポイントです。

できれば明るめのファンデーションと少し自分の肌より暗めのファンデーションの両方を用意しておいて、顔の部分によって使い分けるとハイライト効果も期待できますし、よりメリハリのある顔に見せることも可能です。

メイクで肌のトラブルを隠すことも可能で、肌全体がくすんでいるときは少し明るめのファンデーションを使うとくすみを目立たなくすることができます。

赤ら顔が気になる場合は、黄色ベースのファンデーションを使えば肌トラブルを隠すことができます。

ファンデーションの色選びは重要でメイクに慣れているのでしたら、色を使い分けてみるというのもポイントになります。

メイクのコンシーラーのこと

メイクでコンシーラーを使用するという人は多いと思います。年齢を重ねると必需品となります。

ファンデーションだけを薄く塗っただけですと肌の毛穴が目立ったり、シミやそばかすなどが目立ってしまいますよね。

そういった肌のトラブルを隠すためのコンシーラーをどこにつけるかといいますと、目の下のくすんだ部分、小鼻の毛穴が気になる部分、シミやそばかすがある部分です。

リキッドタイプのコンシーラーは筆を使って気になる部分に乗せて塗り込みます。その後、指を使ってたたき込むようになじませていきます。

その後にパウダリーファンデーションをコンシーラーを乗せた部分の上に重ねづけしますと、気になっていた部分が目立たなくなります。

慣れるまではテクニックは必要ですが、違いは歴然ですので試してくださいね。

コンシーラーの色の使い分けも必要となってきます。

「KOIVE-コイヴ」顔のたるみに!たるみの原因と解消法もご紹介

アラ還のおしゃれはファッションレンタル!メリットとデメリットは?

アラ還世代のメイク、髪、まつげ、ちょっとした工夫で若々しく

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。