おしゃれ

カップルで秋に着たい浴衣と着こなしの方法

厳しい暑さもようやく落ち着いて来ると、夏のイベントの盛り上がりも一段落という感じになりますね。

とは言うものの、近年のゲリラ豪雨などの影響もあって、盛夏を避けて秋に催される花火大会なども増えているようです。

軽やかで雰囲気たっぷりな浴衣は、花火大会やお祭りなどにぴったり。

もう着る季節を過ぎてしまったと、ちょっぴり淋しい思いを感じていた浴衣ファン、着ようと思っていたのに機会を逃してしまった方、まだまだチャンスがあります。

秋に浴衣を楽しむっておしゃれだと思いませんか?

秋に着たい浴衣と着こなしの方法

秋ならではの着こなしで、和の気分を楽しんでみましょう!

残暑などで日中は暑くても、秋口からは日が落ちると急に冷えてきます。そんな時欠かせないのが、下着となる襦袢です。

特に男性の方など、Tシャツを下に着てしまうというのもありですが、やはり和服専用のものを着用すると気持ちも整います。

長襦袢だと裾から覗いた時も上品で、ちょっと和服通な、おしゃれ上級者の印象です。

また足袋を履くと、そんな寒さからも足が守られ安心です。

単色のものから色々な模様のものなど、おしゃれで楽しいものがたくさんあるので、秋らしいものを選んで足元をアピールすれば、夏とはひと味違った着こなしが味わえそうですね。

浴衣や帯の色合いや柄の選び方は、秋の浴衣を楽しむためのポイントです。

白やピンクといった明るい色よりも、濃い色味のものが似合います。えび茶や芥子色、濃紺、赤紫などの浴衣であればまさに秋色。

また、黒の入った浴衣を買ってはみたけれど、猛暑の夏には何だか着る気になれなかった、なんて方はこれからが出番です。

黒い色の良さは、どんな色にも合い、また組み合わせた色をとてもスタイリッシュに引き立てるところです。

帯に派手なしなんて言葉があります。シックで大人っぽい黒と、秋の紅葉を思わせるクッキリとしたオレンジや、銀杏のような黄色を合わせても大胆過ぎるということはありません。

そこに、べっ甲調の帯留めをアクセントに合わせてみる、帯の合間からぶどうの房をあしらった根付けなど垂らしてみるなどすればシックな秋らしさを演出できます。

もしも、明るい色の浴衣しか持っていないのならば、濃い色の半襟と合わせてみると表情がまた違ってくるかもしれません。

さらに、浴衣の色や柄と相性の良い、けれど少し押さえた色のストールを羽織ると、自然な感じで秋らしい装いを楽しめます。

また男性の方の帯は、夏の間は柔らかい兵児帯が涼しげなのですが、秋の浴衣には角帯が似合います。キリッとした結び目が格好良く、男らしい後ろ姿が映える、粋な雰囲気になります。

浴衣のコーディネイトが決まったら、それに合う小物やバッグも素敵に決めたいところですね。

かごバッグや巾着タイプのものなど、いろいろなものがありますが、こうした小物に季節感を込めるととてもおしゃれです。

かごならば、色も濃いめで秋らしいものを。ちょっとお値段は張りますが、山葡萄の樹皮を使ったかごはとてもシックで、手の込んだ絞りの浴衣などととても相性が良さそうです。

リーズナブル、けれどキュートに合わせたいなら、風呂敷バッグがオススメです。

持ち手用のリングにお好みの風呂敷を結べば、誰でも簡単に作ることが出来ます。風呂敷の色柄のバリエーションはとっても豊富なので、ちょっと予算に余裕がなくても、センスを活かしたかわいいお伴として大活躍です。

かんざしやコームなどのヘアアクセサリーも、浴衣姿を素敵に魅せる大事なアクセントです。

きらきらと夏の陽射しに輝くクリスタルなものは、来シーズンまで一休み。落ち着いた大人色のものや、珊瑚やガーネットなどの落ち着いた貴石の髪飾りが秋の気配に良く合います。

たわわな木の実を感じさせるような、ゆらゆら揺れるデザインのかんざしも、かわいいですね。

メイクも秋色を意識して工夫してみましょう。チークやシャドウに茜空のようなふんわりとした紅色を。ネイルにも金色のすすき、紫の桔梗など秋の花やイメージを盛り込むと印象的です。

秋の浴衣スタイルが決まったら、さっそく着替えてファッションチェックです。帯の結び方など、これを機会にネットや着物雑誌などで覚えてしまうと、あとあと都合が良いので、興味があったらぜひチャレンジしてみましょう。

やっぱり賑わう日本の伝統行事に、浴衣はなくてはならないものです。お友達同士、浴衣で集えば気分も上がります。

また、カップルならば、自分はジーンズとTシャツでいいからなんて言わないで、男性にもぜひ浴衣を試して欲しいところです。

浴衣の女性の隣には、やっぱり男性の浴衣姿が絵になります。日本人なら、誰にでも本当に良く似合う浴衣。

その良さを楽しまないのは勿体ないです。夏を過ぎて浴衣を着てみると、実はとっても自由に楽しむことが出来ることに気づかされます。

またチョイス次第で、そのためのアイテムもたくさん見つけることが出来ます。自分らしく素敵に浴衣を着こなして、豊かな季節の趣きを満喫しに出掛けましょう!

秋浴衣を楽しみましょう

夏の涼し気な浴衣姿という光景は、この暑さで少し遠のいているような気がします。

我が街でも浴衣姿での夏のイベントが企画されていますが、浴衣を借りて街を歩くといっても汗でビショビショになってしまいそうです。

秋に粋な浴衣姿で歩くというのもすごくおしゃれな感じです。

秋浴衣、もっと楽しんでみましょう。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。