昔々の動画

七夕物語(中国の昔話)動画をご紹介します

なぜか今の時期に「七夕物語」の動画に出会ってしまって懐かしさから見入ってしまいました。
天の川が見えることを祈って空を見上げたこともあった子供の頃。(笑)

七夕祭りも行われたりするので、馴染みのある物語です。

今回ご紹介する動画は中国の昔話ということですが、日本でもずっと語り継がれてきた内容です。
七夕物語と星のことは古代中国で生まれたもので、奈良時代に日本に伝えられたということです。

七夕物語(中国の昔話)

hukumusumeさんからお借りしました。

天の神様には美しい一人娘がいました。名前は「おりひめ」。
おりひめは旗を織って神様たちの着物を作って作っていました。おりひめも年頃となったので、天の神様は婿を迎えてやろうと思いました。

真面目に働く、天の牛を飼っている若者の名は「ひこぼし」。

おりひめとひこぼしは出会ってすぐに惹かれ合うようになります。

二人は結婚して楽しい生活を送るようになりました・・・・

真面目で良く働く二人だったのに、楽しい生活の中で遊んでばかりになってしまったのです。
天の神様は怒ってしまいます。

おりひめ様が旗を織らなくなると、皆の着物はボロボロとなってしまい、ひこぼしが牛の世話をしなくなると、牛は病気になってしまいました。

怠けてはいけないということなのでしょう。

天の神様は二人を天の川の東と西に別れて暮らすようにしてしまいました。

でもそれではかわいそうということで、天の神は一年に一度だけ、二人を会わせてあげることにしました。

七月七日の夜に会うことができるのですが、もし、雨が降ると天の川の水かさが増えるので、会えなくなってしまいます。
そんなときにはカササギという鳥が飛んできて橋をかけてくれるということです・・・。

ABOUT ME
c.h
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。