昔々の動画

震災体験絵本「トミジの海」を山寺宏一さんが朗読

YouTube動画の中で多くの人に観てもらいたいと思ったものを紹介したいと思います。
時が流れていくと忘れてはいけないこともぼんやりとしていきます。
忘れてしまって良いことの方が多いのかも知れませんが、東日本大震災は風化させてはいけないと思います。

震災体験絵本「トミジの海」は教育機関や自治体への寄贈用に作られた絵本だったようですが、新たに入手を希望される方が多かったので再版されたということです。

YouTubeに動画がupされていて、とても感動する動画でしたのでシェアしたいと思いました。

震災体験絵本「トミジの海」

東日本大震災の直後から復興支援活動をされていたbayfm(千葉のFMラジオ局)のDJのkousakuが被災地支援で石巻を訪れたときに出会った漁師、斎藤富嗣(トミジ)さん。

トミジさんは東日本大震災の日に小舟で大波を乗り越えながら海の上で一晩過ごして翌日に港に戻ってきました。
変わり果てた港に戻ってくるまでの体験と気持ちが伝わってくる動画です。

大昔は人の口から口へと語り継がれてきたことも、今の時代はYouTubeだったりするのですね。

「トミジの海」絵本

東日本大震災を風化させないために制作された絵本は、入手を希望する人が多かったようです。
再版された「トミジの海」絵本が販売されています。

世界的な絵本作家、墨絵画家である本多豊國氏が絵本化。
ずっと語り継がれるのではないかと思いました。

私は図書館に行って江戸時代や明治時代に起きた災害のことも古い本で知りました。
だからこの先もそういう人のためになる絵本だと思います。

まとめ

動画を観てリアルな状況にドキドキしました。いつどこで何があるか分からないですし、しっかりと受け止めていきます。

時間のある方は動画を観てくださいね。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。