おしゃれ

スキンケア、基本に立ち返って効果的で正しい方法を伝授

大人の恋愛をしている方たちだけでなくても、恋する女性は肌もきれいにしたいものですよね!肌の調子がイマイチなときは、何もしたくない、憂鬱な気分になるなど女性は悩みが尽きません・・・。
肌の調子が悪いときって「私のスキンケアは間違っているのかも」と思ったりしますよね。
同じ年代で肌がきれいな人を見ると、「どんなスキンケアをしているのだろう」気になったりします。

ではスキンケアのことを基本に立ち返って、効果的で正しいスキンケアの方法をご紹介いたします!

スキンケア、基本に立ち返って効果的で正しい方法を伝授

今さらと思ってしまうかもしれませんが、正しいスキンケアはできていますか?
ついつい忙しさにかまけてスキンケアができていなかったりするのではないでしょうか。あとで後悔をしないようにスキンケアはキチンと行っておきましょう。

年代とともに変わっていく顔

ch
ch
後悔しないように毎日のお手入れを!
年代とともに変わっていく

20代
20歳になった頃は若々しくて肌は輝き、子供から大人の肌に変化してきたように感じます。
化粧品店で正確かどうかは良くわかりませんが、肌の水分量や油分などを測定してもらうと、肌はみずみずしく、ハリがあり、いきいきとしていると言われませんでしたか?

ですが、今思えば20代前半がピーク。年齢とともに肌は老化していきます。

30代
まだまだ全然若いのですが、見尻が下がってきます。20代のときのような肌のパーンとしたハリはなくなってきて、全体的に丸くなってきたような気がします。
口角も少し下がってきて、スッとしていたあごの辺りも丸くなってきました。
化粧品に力を入れ始めた頃です。

40代
頬がさらに丸くなり、たるみを感じるようになります。顔全体が丸くなり、重たい印象で下へと重心が下がってしまいます。
この頃からほうれい線も気になり始め、目尻のシワも鏡を見る度に気になるようになってきます。
肌は乾燥を感じるようになり、小じわも目立つようになってきます。
40代ぐらいから肌の加齢現象が加速してきます。

50代
丸くなった頬がたるみ、さらにほうれい線がくっきりしてきます。
目尻ははっきりとたるんだことが自覚でき、たるみから新たなシワを発見。

60代
肌の弾力がなくなり、しぼんで生気のない印象になってきます。

このように顔は変化をしていくらしいです・・・

60代になると頬がたるみ、目全体が窪んで落ち込みます。顔全体にシワが目立つようになってきます。
目が窪んでくると、まぶたがたるんでくるので、目が小さくなってきます。

スキンケアってお肌のお手入れのこと?

そうなのです。スキンケアとはお肌のお手入れのことなのです。健康で元気な素肌を保つために、化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品の助けを借りて肌の手入れをすることです。

ファンデーション、口紅、アイシャドーなどを使うメイクアップとは違い、基礎化粧品を使って行うディリーケアです。

正しくキチンと行えば、健やかな肌を保つことができ、老化を防ぐこともできますが、自分に合わないスキンケアを続ければ肌トラブルの原因にさえなりかねません。

基本的なスキンケアの考え方


スキンケアを行うのは、乾燥や紫外線などの外部刺激から肌を守り、肌の潤いを保つことです。基礎化粧品のそれぞれのアイテムには役割があります。

【クレンジング】
どれだけ夜遅くなっても、酔っていたとしても、夜はクレンジングをしないまま眠ってしまうことはNGです。
メイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とすのがクレンジングの役目となります。
洗顔では十分に落としきれない油溶性の汚れをクレンジング剤で落とすことがスキンケアの基本ですよね。メイクをした日などは必ず行います。
【洗顔】
顔を洗うことですが、肌についた汚れや汗、皮脂など水溶性の汚れを落とすことが目です。
「メイクをしなかったから洗わなくてもいい」と思わないで就寝前、起床後には洗顔をしましょう。

【化粧水】
洗顔後のお肌に水分を含ませるために保湿成分や美容成分を含む化粧水をコットンに含ませてパッティングします。
次のステップで使う美容液やクリームが浸透しやすいように肌を整える役割をもっています。

手のひらに化粧水を乗せて、肌に含ませるという方法もあります。
清潔な肌に化粧水を使うと、まるで、土が水分を吸収して、草花を成長させるように、あなたの肌を生き生きとさせますので、思い切ってたっぷりと使うことが大切です。
【美容液】
美容液には肌が必要としている美容成分が凝縮された形で入っています。あなたの肌に合ったものをチョイスしましょう。
デイリーケアとして美容液は重宝しますので、いろいろな使い方ができます。美容液成分次第では乳液やクリームが必要がない場合もあります。
【乳液】
今ではオールインワンジェルというものもありますが、化粧水の後に美容液、そして乳液という流れで説明していきます。
乳液は適度に水分と油分を補って、肌を整えることが目的となります。

若いときは皮脂の分泌も活発で、乳液を使わず、化粧水だけ、美容液だけというケアの方もいますが、年齢とともに皮脂の分泌も減少してきますので、油分も補う必要性があります。

特に乾燥しやすい肌の方は、乳液は必須アイテムです。
【クリーム】
クリームの目的は肌に油分を補うこと。乳液に比べると油分の含有量が多いのが特徴です。
乾燥しやすい、年齢とともに皮脂分泌量が減少してきたと思われる方、肌のかさつきが気になる方などは、クリームで油分をしっかり補いましょう。

特に就寝前にナイトクリームを塗って眠るようにすると、朝起きたときの潤いが違ってきます。

スキンケアの基本手順

スキンケアはメーカーやブランドによって若干異なってきますが、基本的な流れは同じです。
清潔な手で行い、顔周りをターバンやタオルなどでスッキリとさせておくことが大事です。

【朝】
手を洗います。
洗顔料やソープをしっかりと泡立て、ぬるま湯で洗います。洗い残しがないように注意しましょう。

ぬるま湯は人肌よりも低めの温度となります。というのは、皮脂や汚れが落ちやすく、肌の潤いは奪わない温度だからです。
熱めのお湯ですと皮脂等が落ちすぎて乾燥の原因になりますのでご注意ください。

化粧水を適量手に取り、手のひらで顔全体になじませましょう。また、化粧水をコットンに含ませて使うと、化粧水をむらなく肌に届けることができます。
そのときは顔の中心から外側に向かってリフトアップさせるイメージで優しくパッティングするといいでしょう。
乾燥が気になる場合は化粧水のコットンパックもおすすめです。コットンパックは3~5分ぐらいが目安です。

美容液も手の上に乗せてから使うことをおすすめします。
必要な部位に適量を使うことができ、高価な美容液を使いすぎることを防ぐことができます。

気になる部分やケアしたい部分にはていねいに美容液をなじませましょう。正しく使えば、あなたのお肌を健やかに保ってくれます。

乳液かクリーム、または両方を目元や頬、口まわりなど乾燥しやすい部分になじませましょう。

そのときの肌の調子に合わせて使い分けると良いでしょう。

ただ、いくら乾燥が気になるからといっても塗りすぎはNGです。過剰な油分は肌の負担になり、肌トラブルの原因になります。

日焼け止めは日中の基礎化粧品の最後に塗ります。夏場だけでなく、どの季節も紫外線は防ぎたいので、日焼け止めは必須アイテムです。

手に500円玉大の量を取り、額、頬、鼻、あごに塗ります。内側から外側に向かってなじませるのがポイントとなります。

日焼け止めは量が少なすぎると効果が半減しますので、説明書通りの量を使うようにしましょう。


【夜】

夜のスキンケアは、クレンジングから始めます。特にメイク落としには念入りなクレンジングが必要です。

クレンジングは日焼け止めやメイクなどの油溶性の汚れを落とすことが目的となります。
アイメイクに力を入れている場合はアイメイクを落とすためのクレンジングも必要となってきます。

適量を取り、こすり過ぎず、優しく、確実に汚れを落とすようにしましょう。
クレンジングでメイクを落とした後は、クレンジング剤をしっかり洗い流します。

クレンジング後は、朝の手順で(日焼け止めは除いて)ケアをします。気になるところは時間をかけて丁寧にするのがポイントです。

まとめ

知っているようで知らないスキンケアの正しい方法を書いてみました。
正しくケアを行うと、あなたの肌は若返ります。もう何をやってもダメだと諦めている方はもう一度チャレンジしてみましょう。

美容皮膚科医と共同開発「肌」のための【遺伝子検査キット】

顔のたるみを防ぎたい!美顔ヨガとLED美顔器『SENSIA』

オバサンなんて言わせない。50代からのオススメのオールインワンジェル10選

初めてのデートの服装、ファションレンタルサービスコーデ

ABOUT ME
c.h
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。