大人の恋愛

言葉遣いによってわかるあなたの性格、幸せを運ぶ言葉の使い方

ものの言い方ひとつで人との関係は良くなったり悪くなったりするものです。どのような言い方をすると幸せを招くのか、どのような言い方で不幸になってしまうのか、日々の生活の中で感じたこと、体験をしたことを中心に考えてみたいと思います。

頭の中ではわかっていても、思うような言葉が出てこなくて悩んでしまうこともあります。

言葉遣いが悪いと損することはあっても得することはないのでは?と思います。

大人の恋愛を進めていく上で参考になれば嬉しいです。

<<我流自己啓発のことまとめました。>>

自己啓発の使い方、思考・行動・環境を整えてみる

<<「こんな人苦手だな」と思う方もいるかもしれません。>>

苦手な人、イヤな人の特徴は?あなたの近くにもいるこんな人

<<大人の恋愛の進め方 まとめ>>

大人の恋愛の進め方、40代、50代からの出会いをまとめました 

言葉遣いによってわかるあなたの性格、幸せを運ぶ言葉の使い方

誰とでも上手に話すことができる人っていますが、相手の話をしっかり聞きながら、自分の意見も伝えることができる人。理屈抜きに一緒に行動することを楽しい時間の共有と感じさせてくれます。

「言葉遣い」「言葉の使い方」は子供の頃からの生活がそのまま出てしまうようで、恥ずかしくなってしまうこともあります。

言葉遣い、言葉の使い方でこのように違いがあります。

冷静で安心ができるクールな言葉遣いをする人

一瞬の間に合理的な考えができる人っています。周囲の人がパニックに陥っていても落ち着いていて、「~このようにしたらいいのでは?」「焦っても答えは見つからないでしょ」とか冷静は判断ができて、冷静な一言を口にすることができます。

冷静でクールな人は多くの人から「頭のいい人」と思われ、相談を持ちかけられたりします。

学校に一人や二人いましたよね。頼れる存在の人って。このような人は一目置かれる存在です。

自分に自信を持っているので、周りの人は煙たがることもありますが、魅力的な人です。

✅人が間違えたことを言ったりすると「バカ」「ダメ人間」「トロい」などと言ってしまう。
✅人をバカにする行為や言動を発してしまうこと。

穏やかでおっとりした言葉遣いをする人

穏やかで素直な感じの人は、何があってもあくせくしないし、おっとりしています。小言や忠告などでも相手の神経を逆なでしないで和らげようとします。

「のんびりとやればいいんじゃない」とか「一生懸命に頑張ったよ」と温かい言葉をかけることができる人です。

だから周りの人たちも、ストレスやプレッシャーから救ってもらえるので喜びます。

温かい人間関係を築けることができるので、職場や他の場所での人間関係も良好です。

乱暴な言葉を使い、命令したり、怒鳴ると相手に伝わると思うのは誤解をしていることになります。

恐怖を感じるので従うだけです。会話が成り立たないので、事が上手く進まない場合があるでしょう。

✅のんびりしているので、今すぐにやらなければならないことでも先に延ばす発言をしてしまう。
✅怠け心をおこさせるような言葉を発してしまう。
✅急ぐべき仕事などの足を引っ張る発言をしてしまう。

積極的に立ち向かう勝ち気な人

積極的に何かがあっても立ち向かう人は、ピンチに陥っても弱音を吐くことはしないし、周りの人に対しては元気づける言葉をかけることができます。

そんなあなたは周りの人の力になり、信頼も集まります。リーダー的な存在ですね。
積極的に立ち向かう人は、行動的であるので、発する言葉も前向きな言葉で「失敗したらどうしよう」などのネガティブ発言はしない人です。

「元気だしてね」「あなたなら大丈夫よ」「やればできる」など、相手の自信を呼び覚ます発言ができる人なのです。

✅強いあなたは、負け犬的な発言をする人が実は腹立たしいと思ってしまうことも。「ダメな人ね」「○○らしくない」など発言をしてしまうこともあります。
✅相手を傷つけてしまうこともあるので、逆恨みされ、更に酷い言葉を発してしまうこともあります。

ちょっとしたことで感動がで感情豊かな人

ちょっとしたことで感動をしたり、盛り上がって喜ぶことができるタイプの人。

人の喜びにも褒めてあげて、情のこもった発言ができる人なので、言われた相手も喜んでくれます。

なので、あなたに幸せをもたらしてくれるお返しがあったりします。大げさに受け取られないように注意しながら、良い言葉はどんどん口にしたいものです。

感情豊かな人は発する言葉だけでなく、文章や絵などの作品でも感じることができます。

✅愛情深い性格で表現もストレートなので、当然、ライバルも多くなってしまいます。もし、恋の相手と上手くいかなくなった場合には、ライバルに不幸を呼ぶ言葉を発してしまうこともあります。
✅堂々と相手をたしなめるぐらいの発言を心得ると良いでしょう。

まとめ

「言葉遣いによってわかる性格や幸せを呼ぶ言葉の使い方」は本当に難しいと感じてしまう所がたくさんあります。
一見「それならできる」と思ってしまうようなことでも、意外と難しいと感じています。

相手のことが嫌いだったりすると、話し方が自然と高圧的になったりするので相手も同じように話してきます。

それに「偉そうな人」と言われたり、「一緒にいたくない」と思われたりするのではないでしょうか。

相手のことを考えずに自分のことばかりを主張していると、「非常に残念な人だ」とか「ワガママで自分勝手な人」扱いにされ、近づきたくない人扱いに!

そうなってしまうと悲しいですよね。

誰からも好かれる話し方は「穏やかな話し方」をする人のようです。

普段話している口癖を見直してみると、自分のことがもっとわかるようになるかもしれませんね。

いつも発している言葉がネガティブ発言だと自然に悪い方向に向かっていくということもあるのでは?喜びとか楽しいことはどんどん口にした方が良さそうです。

あなたが発している言葉を受け止めている人がどう思うか・・・考えてみると、「あーネガティブ発言はできないな」と思うかもしれません。

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。