大人の恋愛

再婚をして老後を楽しく過ごすための出会いと行動するポイント

結婚生活に失敗した人はその経験から、今度こそは理想の相手と添い遂げたいと考える傾向があるとされています。

再婚相手を探すために色々な方法を試すものの、希望する条件に合致する相手と出会うのは難しいのが実状です。

また、一度結婚を失敗したことで慎重になり過ぎてしまうこともあります。

再婚相手を探す行動が大変だと感じる理由や、一生を共にできる相手を見つける方法について学んでみましょう!

今の時代はオンラインで自分に合った人を見つける人が年齢に関係なく増えてきました。

オンラインで出会うなんて若い人のものと思っていませんか?
自分に合った婚活サイトを見つけて、登録をするという行動を是非、起こしてみてください。「ちょっと難しそう」「婚活サイトなんて怪しいんじゃない?」「面倒だからイヤよ」そう思うかもしれませんが、行動することが第一歩ですよね。

<こちらも参考にしてください>

苦手な人、イヤな人の特徴は?あなたの近くにもいるこんな人

自己啓発の使い方、思考・行動・環境を整えてみる

大人の恋愛の始まりはオンラインで!相性の良い人を見つける

再婚をして老後を楽しく過ごすための出会いと行動するポイント

年齢を重ねたからこそわかる自分と相性の良い人のこと。愛する人と結婚はして楽しいこともあったけれど、日々を過ごしていくうちに、大きくズレてきた価値観や考え方。我慢ができるうちは良かったけれど、どうしても価値観の違いや性格の不一致はただ疲れるだけという場合は別れることになってしまうかもしれません。

でも新たな出会いを期待しても現実は思うようにはいかなかったりします。

再婚をして老後を楽しく過ごすために、どのように考えて行動に移していくべきか考えてみました。

なぜ離婚に至ったのかを冷静に考えることが大切

離婚に至った場合、離婚した理由を見直すことが再婚を成功させる秘訣と言えるでしょう。

他人から見れば些細な事柄でも当事者にとっては大きな問題というケースは少なくありません。

しかし離婚に至ったのはあくまでも当事者同士の問題であり、その点を再婚相手のタイプに当てはめるのは決して適切ではないと言えます。

離婚には多くのエネルギーを使い、「いったい何がいけなかったのだろう」と悩んだり反省をすることによって、新たな人生が始まります。
つい言ってしまった小さなことでも離婚にまで進んでしまうこともあると思うのですが、反省するべきことはキチンと反省をして、同じ過ちを繰り返さないようにしなければいけませんよね。

再婚の不安で多いのが再婚相手との相性ですが、離婚の理由と再婚相手に求める理想を同一視するのはよくないそうです。

離婚した時のパートナーと新たに探すパートナーはあくまでも別人であることを踏まえ、理想の再婚相手のイメージを押し付けないように接することが大人のマナーと言えます。

言わなくてもいいことってありますよね。つい言ってしまうのが女性かもしれませんが、言わなくてもいいことは言わないようにする、ねぎらうことも忘れない、会話の工夫をして接していかないと上手くいかないかもしれませんね。

離婚をポジティブに捉えることも重要なポイント

すでにバツイチであることをどう捉えるかは本人次第ですが、再婚を成功させた人の多くはバツイチをポジティブに解釈する傾向があります。

離婚は結婚生活に失敗した結果というのが世間一般のイメージですが、見方を変えれば自分とは相性が良くない相手と知ることができた有意義な期間とも解釈することができるでしょう。

離婚に至った友人もすでにバツイチであることはマイナスではなく、この方法では結婚生活は長続きしないことがわかったとプラスの方向性で考えていました。

そのため、再婚に向けた行動も実に前向きであり、いくつもの結婚相談所を掛け持ちしたり、古い友人の伝手で相手を紹介してもらっていました。

結婚生活が終わったことへの考え方を見直すことが、再婚の不安を解消する方法のひとつと言えます。

再婚を渋る理由として将来が不安に感じるケースは少なくありません。

一度結婚生活に失敗したことで慎重になり過ぎてしまい、再婚してもまた離婚に至るのではと考えてしまうのです。

すでにバツイチでありながらまたバツを増やすかもしれないと考えるようになると再婚そのものを不安に思うようになり、遂にはこのまま独身でも構わないと感じるようになります。

離婚した当初は新しいパートナーを積極的に探している人が次第にそのような考えを持つようになるのは決して珍しくありません。

漠然とした不安感が再婚後の離婚という具体的な事柄に変わり、将来が不安に思えてしまうのです。

そうなることを避けるためにも離婚をネガティブに捉えず、新しい門出と前向きに考えることが重要と言えます。

再婚相手を探す際は真摯な姿勢で臨む

理想の再婚相手のタイプは人それぞれですが、一生を添い遂げるパートナーであることを忘れてはいけません。

再婚相手は自分に合った相手を選ぶことができます。最初の結婚では、条件の良い人や見た目で判断していませんか?
どうしても最初の結婚では、お金や見た目が最優先!?と、言う人もいると思いますが、

自分が生活を共にする相手を探しているのと同様に、相手もまた生涯の伴侶を探している事実を把握する必要があります。

単に見た目が好みだから、一緒に居ると周りに自慢できるなどと軽薄な理由で選ぶのは相手に失礼です。

また、そのような理由で選んだ相手との生活は早々に破たんする傾向があります。

一緒に暮らすと相手のあらゆる面が見えてしまうため、上辺だけで選んでしまうと簡単に幻滅してしまうためです。

もちろん、相手も同様に考えていることは想像に難くありません。

再婚はその場の気分や惰性で行うのではなく、信頼できる相手と一緒に暮らすための手続きと考えることが重要と言えます。

再婚を考えている人が重視すべき点として、相手に将来が不安と思わせないことが挙げられます。

この人と一緒になって良いのか、毎日の暮らしは充実したものになるのかなど、相手が不安に思う要素はできるだけ取り除くことが真摯な姿勢と言えるでしょう。

すでにバツイチになり、再婚相手を探している友人の中でも再婚を成功させた人はその点をクリアしていました。

一緒に暮らすパートナーを探す意味では結婚も再婚も変わらない

離婚した人は再婚相手を探す際にすでにバツイチと自己紹介することがあります。

離婚歴を公表する義務はありませんが、離婚の事実を隠すと相手に良く思われないことがあるのも事実です。

その一方でバツイチだからという理由で再婚相手選びの条件を妥協する必要もありません。

生涯を共に過ごすパートナーを選ぶ点においては結婚も再婚も変わらないので、誠実な態度で相手に接することが重要になります。

 

再婚を真剣に考え始めたという方は本気で探してみましょう。

まとめ

離婚ということになってしまって、ひとりでポツンと過ごしていても、新たな出会いもあります。「周りにいない」と思っても、今はオンラインで探すことも可能ですよね。「このままひとりぽっちで寂しい生活が続くのかな」そう思うのもわかりますが、そう決めてしまうのはまだ早いです。

50代、60代の人がこの先もずっとひとりで過ごすってまだまだ先が長い。寂しくないですか?

大人の恋愛の始まりはオンラインで!相性の良い人を見つける

メールから始めたいという方はこちらで!

華の会メールBridal無料会員登録
ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。