キャッシュレス

ウィーチャットペイとは?地方での導入は広がっていくのか

最近「LINE Pay」と「PayPay」に登録をしてアプリもダウンロードして実際にコンビニでチャージをしてみました。

どのようなものなのか、田舎ではどのように使えるのか試してみたかったのです。

今のところ特に必要性は感じられなかったのですが、LINE Payからラインでファミリーマート限定で200円割引(期間限定)などの情報が入り、コンビニでの買い物で200円割引がお得だと思いました。

田舎でもキャッシュレス決済が広まっていくのでしょうか。

私の住んでいる所は観光地なので、外国人の方対応のキャッシュレス決済、「ウィーチャットペイ」について調べてみました。

このウィーチャットペイを取り入れようとする動きが我が街でもあると聞いたからです。

ウィーチャットペイってなに?

ウィーチャットペイはWeChat(ウィーチャット)という世界中で10億人以上のユーザーが利用しているコミュニケーションアプリのチャット上で送金を行うことができる機能です。

SNSでつながっている相手に送金ができます。

LINE payでも同じようにつながっている相手に送金ができて、あとで割り勘をするときに便利です。
その他にもポイントがお得だったり、現金がなくても支払いが可能なので、使い慣れると便利ですし、小銭で膨らむお財布が無くなるかも知れません。

それとLINE payはウィーチャットを展開する中国ネットサービス大手のTencentと提携をしました。

なので訪日外国人が日本国内でLINE Pay加盟店で支払うことができます。

ウィーチャットペイもLINE Payも店頭ではQRコードを読み取ってもらい代金を支払うことができるのです。

特に多くの中国人が決済の手段としてウィーチャットペイを利用しているとのこと。旅行客も増えているのでどんなものか知ってみようと思いました。

田舎でもキャッシュレス決済

地元の新聞に「外国人対応でタブレット」と見出しに載っていたので読んでみると、観光庁の支援を受けて取り組む地域活性化事業の一環で、キャッシュレス決済と多言語ガイドの機能を持つタブレット端末が導入されたとありました。

今のところ一部の観光に携わる施設だけのようですが、それほど難しいことでもないので、利用をした方が良いと思います。

地元の人気の観光名所に行くと、中国や台湾、韓国の観光客の方が多いと思います。

特に中国からの旅行者が消費する金額は多いと良く聞きます。中国では電子決済が発展しているので、日本での支払いがスムーズに行うことができれば、たくさん消費をしてくれるかも知れません。

中国人はクレジットカードを持たない人が多いことや、スマホの普及率が高いことなどでQR決済が広がっていったそうです。

田舎の人は分からないからとキャッシュレスに抵抗を感じたり、現金を手にしないと不安になったりするのかも知れませんね。
でも少しずつ広まっていくのではないでしょうか。

ウィーチャットペイの導入

ipadなどのタブレット端末に専用のアプリをダウンロードして使うことができます。

認可を受けた代理店に導入の申し込みをする場合は、説明を良く聞いて理解をしてから申し込みをされた方が良いと思います。
決済がされてから売り上げが入金されるまでの期間などが、そこによって多少違いがあると思います。

お店などが決済サービスとして導入する場合は、気になるのは費用のことですよね。
初期費用は発生しないので、決済時に発生する手数料のみで利用することができます。

決済手数料は一律3.24%(公式Coiney 2019年2月現在)

他のアプリでもそうですが、決済サービス以外のサポートなどの利用などは別に費用が発生します。

タブレットなどにアプリをダウンロードして、会計ソフトやPOSレジとしても使うことができて、お釣りの必要もないというのは使いこなせば便利なものだと思います。

外国の観光客の多い観光地での利用は良いと思いますが、その情報を発信することが必要です。

外国の方にバス周遊代金として最初にウィーチャットペイで支払いを済ませてもらい、行く先々では支払い済みの画面を見せれば見学が自由にできるというような「バスで一回り」なんていうのもおもしろそう。セット販売をするということです。

ウィーチャットペイを使うためのアプリ

最近では日本でもウィチャットペイを導入するお店も増えてきたようなので、使ってみたいという方はタブレットやスマホにアプリをダウンロードして利用することができます。

日本では「現金が一番」という方も多いと思うので、どこまで普及していくのか疑問を持っていますが、これから外国の観光客を増やしていこうと思っているのでしたら、使ってみる必要があるのではないでしょうか。

日本では今のところ、電子マネーやクレジットカードの利用者が多いと思います。個人的には不便なことも感じていませんが、カードの種類が多いことと、小銭でお財布が膨らむということからは逃れそうだなと思います。

WeChatペイ(ウィーチャットペイ)、ALIPAY、d払いがこのアプリ一つで使うことができます。

wechat pay

wechat pay
開発元:株式会社ユニヴァ・ペイキャスト
無料
posted withアプリーチ

まとめ

キャッシュレスの時代が進んでいきそうなので、これからは競争で様々なサービスが得られそうですし、情報を上手くキャッチしたいですね。

地域活性化のためには安価で利用できるものは利用する!これは必要です。
そのためには知恵が必要です。

分からない、できないと言っている場合ではないと思います。

話はそれますが、地方から情報を発信するということは、SNS、(フェイスブックやインスタグラムなど)でいいねを多く得られることばかりに集中してしまうとそれに時間を取られてしまい、良い発信ができないと思います。

(SNSで顧客を確保して、努力をされている方もいらっしゃいます)

芸能人のSNSは多くの方のフォロワーがいて拡散をしてくれますが、一般人の毎日の行動など軽く流されてしまいますから、インターネットを低コストで利用できる今の時代は、上手く発信できるスキルを磨くことだと思っています。

一般の方でもSNSで多くのフォロワーがいる方は凄く努力をされていますし、根性で継続をされています。

世界に、日本国中に、情報発信ができる時代でも毎日の努力が必要だということです。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。