大人の恋愛

交際12年、恋愛のときめきが薄れてきました。

昔は20代で結婚をして、子供を産んで家庭を築くことが普通の幸せでした。結婚をしたい相手と巡り合うことができないと、親がすすめるお見合い相手と結婚をする人もいました。
女性は時代の変化で「結婚」という選択が変わってきています。

交際をしてから2~3年で、結婚をして家庭に入るというのが当然であった時代はなくなったような気がします。
結婚というのがゴールと思っていた時代は過ぎてしまいました。

今回は交際12年で恋愛のときめきが薄れてきたというR.Kさんのお話を紹介します。

交際12年、恋愛のときめきが薄れてきました

R.Kさんは交際をして12年の恋人がいます。交際12年ですと夫婦みたいな関係ですが、だからこそなのでしょうか。
ときめきがなくなり、新鮮な気持ちになれないようです。

夫婦の場合、ときめきは薄れてきても思いやりは深まってくるので、それが自然に相手に伝わると思うのです。
たとえば相手の話を手を止めてしっかりと聞くと、相手にもその真剣さが伝わりますよね。
結婚をしていなくて長くつき合っている状態でも真剣に向き合うことが大切だと思います。

R.Kさんのときめきが薄れてきたという話

つき合っている人だからそう思うのであって、結婚生活では当たり前のことかもしれません。

交際12年心のときめきが薄れてきました

現在の恋人と交際するようになって約12年程たちます。
外国人という事もあって、いつまでも女性として見てくれています。

そういう意味では幸せなのですが、その恋愛のときめきが私のほうでは薄れてきているように感じるのです。
彼を好きではないという事ではなく、長い付き合いの中で「慣れ」のようなものが出てきているのではないかと思います。

例えば彼と久しぶりにデートをするというのに、私は特にオシャレをするわけでもなく、普段どこかへ出かける時に着ているようなカジュアルな服装をするだけです。
彼はこれまで服装に関して何か言ってくる事はなかったのですが、ある時、思い切ってその事について尋ねてみました。
すると、彼は「以前よりオシャレをしなくなったのは気づいていたから、それを少し寂しく感じていた」と言いました。
彼も気にしていないと思っていたのは、私の思い込みだったのです。

また、私が彼に対して友達のように接している時があるから、時々戸惑うという事も言っていました。
彼に対して恋愛感情はちゃんとあります。ただ、つきあいたての頃のような情熱的な言動はしなくなってしまいました。
どうやったらそういったときめきを取り戻せるのか、自分ではよくわからないのです。
彼にもなんだか申し訳ない気持ちになっています。R・K

つき合いが長いと相手の気持ちも良くわかる?

つき合いが長いから相手の気持ちが良くわかる、結婚して何年も経つからわかり合っているということはないようです。
長くつき合っていると、相手のことをわかっているつもりになっているといいます。

実際、長くつき合っている人や結婚相手が今、何に夢中になっているのか、どんなことに興味を持っているのか、わかっていますか?
つき合い始めた頃は相手に興味を持ち、「知りたい」と思うから良くわかっちゃうのですよね。つき合いが長くなると、わかっていると思い込んでしまいます。

ですから相手のことに気づかなくなるっていうことです。

良く話題になることに奥さんが美容院に行ってもご主人が気がつかないということがありますよね。
長い結婚生活では当たり前の日常の中で、そこにいて当然の人のように思われてしまっている・・・マンネリ化というのでしょうね。
時には優しい言葉で触れ合うことは必要ですよ。

素敵な女性に

「もう彼との生活は飽きた」とか「マンネリなの」と思うこともあると思いますが、自分が仕事や趣味などを一生懸命に行い、輝いていると、かっこいいですよね。
オシャレも自分のために楽しみ、話題も豊富だと彼の方があなたにいつまでも夢中になるでしょう。

年齢に関係なく、いつまでも自分を輝かせていると、相手の人とも刺激し合い良い関係でいることができると思います。

毎日少しだけ相手のことを想う

「今日は彼の好みのファッションでいよう」そう決めたら、会わない日でも彼の好みのファッションで一日を過ごす。
「今日は彼の好きな料理を作ってみよう」そう決めたら、会わない日でも彼の好みの料理を作る。
「今日は彼のことを思いながら笑顔で過ごそう」そう決めたら、一日笑顔で過ごす。

自分の中の意識を変えていくことによって、相手に対する気持ちに変化が現れます。

まとめ

どんなに仲が良くても長くつき合っているとマンネリ化になって、倦怠期というのでしょうか。結婚をするわけでもなく、ズルズルとした関係になってしまうことに。
喧嘩をして最悪な状況なら別れてしまうけれど、仲が悪いというわけではない。

「結婚」まで話が進まず、何となく過ぎていく毎日。
刺激が必要ですね。仕事でも趣味でも夢中になってみる、オシャレをして出かけてみるなど、自分に刺激を与えると、彼が「どうしたのだろう、輝いている」と気になってくるかもしれませんね。

良くマンネリ化したから、刺激を求めて浮気をするという人もいますが、それは本当に大切な人との関係が崩れてしまいます。

だからお互いに興味を持てる趣味などに没頭して、非日常の時間を一緒に楽しめるようにすると相手に飽きることなどなくなると思うのです。
ベストパートナーですから。

大人の恋愛の進め方、40代、50代からの出会いをまとめました 

大人の恋愛の始まりはオンラインで!相性の良い人を見つける

ABOUT ME
c.h
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。