life

堀江貴文さんの本「後悔しない生き方」は第二の人生のバイブルにも!

「何かやりたいけれど勇気がない」「もし失敗したらどうしよう」、これから何かをやってみようと思っている方で、不安で始めることができないと言うのであれば、是非、読んでみてください。

「人生は白か黒では決められないでしょ」「やりたければやればいいじゃん」「会社?嫌なら辞めればいいじゃん」と堀江貴文さんはこうおっしゃっています。

「後悔しない生き方」しようよ!背中をポンッ!と押してくれます。
いくら一生懸命頑張っても誰も見てくれない、誰も評価をしてくれない、もう何をしてもダメなのではないかと思ってしまうこともあると思います。
そんな方にも優しく、今の時代に合った言い方でアドバイスをしてくれる堀江貴文さんの「後悔しない生き方」は人生のバイブルになると思います。

「あるがまま」に自由に生きていいのだし、そうして人は生きてきたのだ

本当に堀江貴文さんらしさがこの本には溢れています。特にインターネットのビジネスで成功されている方は堀江貴文さんを目指してきたのではないでしょうか。

堀江貴文さんの「後悔しない生き方」を読んで、年齢を重ねた女性が読んでも頷ける内容だと思いました。

「こんなガッツのある男性と知り合いたかったなっ!」そう思う女性もいるかもしれません。

昭和の時代に額に汗して働いてきた方も立派だと思いますが、今は脳に汗する時代なのだと改めて感じてしまいました。

後悔しない生き方をしよう

〇〇したいけれど時間がない! 英語を話したいけれど才能がない! 旅行したいけれどお金がない!

ない、ない、ない・・・つい口に出してしまっている言葉ですよね。

「そのままが嫌ならなぜそれを変えないのだろう?」と書いてありますが、実際のところ、わかっているけれど実行ができないというのが本音です。
年齢を重ねている人は若い時からずっと逃げてきてしまっている人生だと、生きていられる時間は短くなってくるのですから、焦ってしまいますね。

平均寿命は長くなっていても、行動できる時間は限られています。

変えたくても行動に移さない人は、何も行動をしない方が楽だから現状維持をしてしまうのではないでしょうか。
「もう歳だから・・・」と諦めないでボチボチと目標に向かって頑張っていきましょう。
本を読んでいると「できるかもしれない」「頑張ってみよう」と思えてくるから不思議。年齢を忘れてしまいます。

最後の最後まで後悔しない生き方をしたいです。

やりたいことに集中して同時に学ぶ

やろうとすることを進めていると、わからないことばかり出てくるので、本やインターネットで調べなければならなくなります。

電子書籍を購入したり図書館に行って本を借りてきて読んでいるとおもしろくて一気に最後まで読んでしまいます。
「あーおもしろかった!あれ!?私、何を調べようとしてたっけ?」ということになったりするのですね。これは毎度のことですが、それでも集中できたし学びもできたと喜びも感じます。

「後悔しない生き方」は本屋さんで買いました。忙しい毎日でも一気に読んでしまいました。

「学んでからやろうではなくて、大切なのはまず動くこと」と本に書いてあります。

動きながら同時に学び、失敗してもそれも貴重な学びであり、やりたくないことが出てきたら、それはできる人に頼めば良いということです。

あれもこれもやらなければならないでは、体が一つでは足りませんからできる人にお願いすることも大事です。

やりたいことをやって、夢中になることができるって幸せなことなので、失敗を恐れずに集中してやりたいことをやり、同時に学んでいきましょう。
本を読んでいくと「できるのではないか」と思えてきます。

稼ぐが勝ち!?

「稼ぐが勝ち」というのは堀江貴文さんが以前に書いた本です。この本のことを書いた理由は「やる気」に繫がるからです。
多くの人に酷い批判を浴びていたと思いますが、一方では若い人たちが支持していて、堀江貴文さんの後を追うようにビジネスで成功をされた方が出てきました。

2004年に出版した本で、この本も購入しました。

お金は貴重な時間を差し出して人からもらうものではない。自らが価値を生み出し、稼いでいくものであるはずだ。

学校に行けないとか、社会に溶け込めないとか悩んでいる若い人たちにも是非、読んでほしい本です。というのは生き方は人それぞれ。
自分に合った生き方を学べる本です。

読んでいて感じたことは、文章を書くのが上手になったと思いました。「後悔しない生き方」と一緒に是非、読んでみてください。

この本では「稼ぐ努力は必要」だということが学べます。

得られた利益を国民に還元することこそが「国益」

堀江貴文さんの「後悔しない生き方」からの引用です。

そもそも外国の企業から高い金額で買収を持ちかけられるのは、日本企業が高く評価されているからだ。たしかにいまは資金面の問題から足が止まっている企業もあるが、豊富な資金の援助を受けて新たな技術を生み出すことで得られた利益を国民に還元していけば、それこそがまさに「国益」である。

規模は違いますが、企業ではなく個人で考えてみますと、一生懸命に仕事をして税金を納めている人と、仕事をしないで生活保護を受けているのに「生活保護だから何もできない」とふんぞり返っている人といますよね。

仕事をして余裕があり税金を納めて生活をしているのであれば良いのですが、ギリギリの生活だと生活保護の人と変わらなかったりします。
不条理な世の中だと思ってしまいます。

会議はスマホで

スマホがあればできる会議だったり、実際に会ったことがない人と顔を見て話し合いをするなんて凄い時代です。

2回ほどスマホ会議の経験をして、zoomもやってみました。便利ですし、事がスムーズに進むと思いました。
顔を合わせるのも良いことだと思いますが、忙しい人たちが時間を合わせて会議のために会うというのも大変なことだったりします。

会議もスマホで済ませることができるようになりました。本には「いまスマホを手にしているあなたこそが、すでにグローバル化している」とあります。
グローバリズムの流れは加速していきそうですね。

年齢に関係なく

インターネットというと、若い人たちのものと思っている人もいると思いますが、年齢には関係ないですし、覚えてしまえばいろいろなことに挑戦ができます。

年齢を重ねた方も綺麗な花や景色を見ると、写真を撮っているのを見かけます。

ブログやSNSで発信をするとおもしろさももっと増えていくと思いますし、それがビジネスにも繋がるかも知れません。

堀江貴文さんの「後悔しない生き方」は若くてビジネスに挑戦をする人たちだけでなく、年齢を重ねた人たちの第二の人生のバイブルとなると思います。

【中古】 単行本(実用) エッセイ・随筆 後悔しない生き方 / 堀江貴文 / 堀江貴文 / セブン&アイ出版 [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

50代から始める知的生活術、人生を謳歌するためのバイブル

吉沢久子さん著書「春夏秋冬しあわせを呼ぶ生き方」を読んで

ABOUT ME
c.h
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。