life

人前で発言するとき頭が真っ白!緊張を撃退する方法を探ってみる

いざ出陣!なのに、急に心臓がドキドキ・・・。「緊張しやすいのが悩み」という人は自分だけでなく多くいるというのは分かってはいるものの、何とかならないものかしら・・・なんとも情けない。。。そう、思っちゃう人いますよね?

緊張しやすいという性格の人は今までの人生の中で、あまり緊張する場面に遭遇してこなかったのではと言う人もいますが、何度も緊張する場面に遭遇しても、何度も緊張してしまう人だっています。

多くの人の前での発言では頭が真っ白!緊張を撃退する方法があったら教えてほしい!

ということで、緊張しやすい性格の改善方法を探ってみましょう。

人前で発言するとき頭が真っ白!緊張を撃退する方法を探ってみる

緊張して気持ちが落ち着かない、ドキドキして何を言いたいのか、何を言っているのかも分からない。でもこれは誰でも感じるものだといいます。

だから自分はダメだ!とか思わなくても良いのですよ。

人と出会い、友達を多く作るようにする

良く言われることですが、友達を多く作って明るく毎日を過ごそう~って。小学生の頃から嫌ってほど言われてきましたね。

確かに、緊張してしまう人は「失敗したらどうしよう」「人はなんて思うのだろう」「失敗したら恥ずかしい」という不安が大きく膨らむので、不安を生じないような友達を多く作って、自分が失敗しても明るく笑い飛ばしてくれると心強い。

だから友達を多く作るようにするのも良いと思いますが、多く作ろうと無理はしなくても良いと思います。

そんな決まりなんて無いから。これは私の個人的な意見で、多くても面倒だし。(!)

ホンネが出たところで、友達を多く作ろうと思うのであれば、多くの人と会うことが大事でしょうね。

多くの人と会えば、自然と緊張もしなくなるかも知れません。

ネガティブ思考は捨てて、ポジティブ思考で自分に自信を持とう

自己啓発の本を良く読んできましたが、大抵こういうことは書いてあります。

「当たり前のこと」ですが、ホンネを言いますと、「ネガティブな思考ってあっても良いのでは?」と思ってます。

そういう気持ちになるときはあるのでしょうし、それはそれで受け止めればいいじゃん!みたいな。

でも緊張しやすい人が緊張してしまう原因は人によって違うと思いますので、気持ちをポジティブに向けていれば、緊張しなくなるかも知れませんね。

要するにマニュアル通りだと、ネガティブな思考はネガティブな結果に繫がってしまうので注意!ポジティブな思考は、良い結果に繫がるよ。ということ。

私のホンネは、ネガティブな思考のときもあるから、緊張しやすい人は何が何でもポジティブ思考でなくても良いと思うのです。

ちゃんと準備をして置けば緊張が緩和される

これはあるあるですよ。前もっての準備、大切ですよね。

準備不足が緊張を招くということもあります。準備ができていないときに「質問をされたらどうしよう」と思ってしまい、緊張してしまうことも。

前もっての準備ができたら緊張も改善できるということになりますね。

口を大きく開けて話すようにする

口を大きく開けて話すようにすると緊張が緩和されるって意外だと思いませんか?

これは緊張しやすい性格の人は、気持ちをコントロールすることが大事だということで、「なるほど!」ですね。

滑舌も良くなるし、人との付き合いも良くなり、コミュニケーション能力もアップするそう。

まあ、年齢を重ねた女性でしたら、顔のたるみを防ぐ顔面体操の役割も果たし、一石二鳥ということかしら・・・

ゆっくりと丁寧に話すようにする

多くの人の前で話すときには、早く終わらせたいと早口になってしまうことがあります。

その焦り、ストップさせましょう。早く終わらせようとすると噛んでしまい、余計に緊張してしまいますよね。

ゆっくり、焦らず、丁寧に話すようにすると緊張も和らぎます。

まとめ

改めて緊張しやすい性格の改善方法について考えてみました。いかがでしょうか?

自分に自信が持てるように行動をしたり、前もって準備をすることによって、緊張しやすい性格を改善することができるようです。

肝心なことは無理をして、自分を良く見せようとしないことで、ありのままで良いということです。

年齢を重ねると「ありのままで良い」と気づくようになります。それに気づかないと他人に振り回される人生となっちゃうかも知れません。

大きく深呼吸をして、緊張を和らげてみましょう。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。