健康

セルフメディケーション税制とは?自分で健康管理・医療費負担減少?

そろそろ確定申告のことを意識しておく時期となってきました。
医療費控除を受けるために領収書やレシートの整理をされている方もいらっしゃると思います。

医療費控除は一般的に知られていると思いますが、薬局やドラッグストアで一定金額以上の薬などを購入したときに、所得が控除される制度があることをご存じでしょうか?

1年間に自己負担をした医療費の合計が10万円を超えると医療費控除を受けることができますが、10万円まで行かない人が受けることができる制度、それがセルフメディケーション制度というものです。

何度計算しても(笑)1年間の医療費の合計が10万円に到達しない人も諦めないでください。

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション制度とは、

健康増進や病気の予防のために、一定以上の取り組みを行う人が、対象となる医薬品を年間で1万2千円以上購入した場合に、購入金額の一部が申告をすることによって戻ってくるという制度

です。

たとえば病院が嫌いで普段は風邪を引いても病院は利用しないで、市販の薬を購入している家庭では年間で1万2千円に到達してしまうかも知れません。
大きな金額が戻ってくる訳ではありませんが、我が家の医療費を見直したいと思うのでしたら、確定申告を行うことによって所得控除が受けられます。

ただし、制度の有効期限があります。

セルフメディケーション制度の有効期限は2019年11月現在、
2017年1月1日~2021年12月31日までとなっています。

セルフメディケーション制度の対象となる医薬品は

セルフメディケーション制度の対象となる医薬品は、厚生労働省が指定したスイッチOTC医薬品が主に対象となっています。

スイッチOTC医薬品とは要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品のこと

ちょっと難しいのですが、対象医薬品を大まかに言いますと、

風邪薬・解熱鎮痛剤・花粉症の薬・胃腸薬・湿布・軟膏・目薬・栄養ドリンクなど。

対象となっている医薬品は意外と多くて、1700以上もあります。
厚生労働省のホームページを見ると、制度に当てはまる医薬品の成分のことまであいうえお順に詳しく書かれていて、風邪薬などに含まれるイブプロフェン、ロキソプロフェンなどがありますが、専門的なことは難しいのでここでは書きません。

私たちが購入するときにセルフメディケーション制度の対象医薬品か確認をするには、医薬品のパッケージにセルフメディケーション制・控除・対象と書かれています。

文字が見えていませんが、<セルフメディケーション制・控除・対象>と書いてあります。

レシートを確認すると、控除の対象品であることが記載されています。

対象となる上限の金額

セルフメディケーション制度の上限金額は8万8千円となってます。

セルフメディケーション制度と予防接種

定期接種(予防接種法に基づき行われるもの)やインフルエンザの予防接種などが当てはまり、領収書や予防接種済証など一定の取り組みを行ったことを証明できる書類が申告のときに必要となってきます。

メタボ健診など勤務先で実施される特定健康診査なども対象

勤務先で実施される事業主検診や特定健康診査、メタボ検診と言われているものも対象となりますので、証明できる書類を用意しておきましょう。

もし証明できるものを無くした場合などは、厚生労働省ホームページに掲載されている「証明依頼書」を利用して、勤務先に証明してもらいます。

また市町村で行われているがん検診、人間ドックなども当てはまります。

セルフメディケーション制度と医療費控除

セルフメディケーション制度と医療費控除は併用ができません。

セルフメディケーション税制と自己負担した医療費の合計が10万円を超えると確定申告で控除を受けることができるという医療費控除制度の併用はできません。
要するに医療費控除を受ける人はセルフメディケーション制度は利用ができません。

セルフメディケーション制度利用例(厚生労働省ホームページより)

課税所得が400万円で、同一生計の家族がいる場合で対象医薬品を年間2万円購入したとき。
購入金額20000円-下限額12000円=8000円

控除額8000円×所得税率20%=1600円

控除額8000円×個人住民税額10%=800円

1600円+800円=2400円(減税効果)

セルフメディケーション制度の手続き、申告をするには

確定申告を行ってセルフメディケーション制度の適用を受けることになります。

必要な書類

※制度を受けるために計算された確定申告書
※セルフメディケーション制度を受けるために用意された明細書(明細書に詳細を詳しく記入することで、領収書の添付は基本的には提出する必要はなくなりますが、提出を求められることもあります)
※検診など一定の取り組みを行ったことを証明できる書類

自営業の方などは特に書類などはファイルして5年間は保存をしておいた方が良いと思います。(念のため)

必要な書類をダウンロードすることができます。
参考 厚生労働省ホームページ

実際に聞いた話を書いておきます。
毎日5種類の病院からの薬を飲んでいる70代の男性ですが、1つの薬はもう完治した症状のための薬なのにずっとよこすと言っているそうです。こういうことは見直さないといけませんよね。
医療費の負担を減らすために自分の体の管理をしていきたいですね。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。