占い

自分を受け入れることができなくて悩んでしまっている人にコツを伝授

自分を受け入れることができなくて悩んでしまっている人っているかも知れません。

自分を受け入れたくてもどのようにしたら良いのか、そのコツがわからない。何も考えていない人もいると思いますが、一生懸命に自分とは?と考えてしまう人もいます。

誰かに相談をしたくても「こんなこと、わかってもらえないかもしれない」と考えてしまい、自分一人で悩んでしまう人も多いと思います。

今回は自分を受け入れるコツについて、書いてみようと思います。

自分を受け入れることができなくて悩んでしまっている人にコツを伝授

<電話占いヴェルニ 占い師 月影ひびき氏ツイート>

素敵な言葉が並んでいました。

月影(つきかげ)ひびき先生

生き方について 大きなシフトチェンジが起こっている今、・・・

こんなときだからこそ、自分を受け入れて改めて考えていきたいものですね。

自分のことを客観的に見るようにする

自分を受け入れるためには、自分で自分を観察してみることが大事ですが、観察する余裕もほしいですね。

腹が立っているのに自分の気持ちを押さえてしまい、顔に出さない人は、大人でしたらそれが当たり前になっていますが、本当におかしなことは意見として相手に伝える勇気ってほしいですよね。

まず自分で腹が立っていることを受け入れないとそれはできないのですが、伝えてみて無理だったら違う方向にトットと行ってしまう・・・私だったらそうします。

自分の気持ちに正直になって、自分の感情を否定しないことって大事。でも無理なら無駄な時間は使わない。もったいないもの、時間が。

友達との関係って?

年齢と共に友達との関係も変わっていきます。若いときは何かあると友達に連絡を取り、相談をしたり、悩みを打ち明けることもできましたが、大人になるとそれぞれが忙しくなってくるので打ち明けにくくなりますね。

でもただ何となく友達が悩んでいることがあるのだろうと感じたとき、一緒に楽しく過ごしてあげると気持ちも和らぐでしょうし、逆の場合でも一緒にいてくれる友達に「ありがとう」と言いたくなります。

大切にしたいですね。

友達ではなくても、近くにいてくれる家族やパートナーにも感謝しなければ!

当たり前のことって当たり前ではないですよね。

自分の良いところも悪いところも認めてくれる人たちと一緒にいると幸せな気持ちになります。

すべての人は唯一無二の存在

唯一無二の存在というのは、たった一人の存在であって、すべての人は存在する価値があるということです。

だから誰かに拒絶されたり、とがめられても気にしなくて良いということ。もし、そのような人が現れても無視しちゃって良いと思います。

他人があなたの存在価値を決めるなんておかしなこと。そういうことをする人は可哀そうな人です。

でもなかなかそう思うことはできないですよね。

「何故なんだろう」と何度も自分を責めてしまうかも知れません。

それでも自分を責める必要などどこにもないので、あなたの存在価値を決める可哀そうな人はそっと無視しちゃいましょう。

これは「好き」と思える時間を増やしていく

年齢を重ねて、人生の折り返し地点を過ぎてくると、もっと気軽に生きていきたいという思いが出てきます。

余計なモノを持たずに、モノも人間関係もシンプルに、面倒なことは避けたいと思うようになってきます。

出かけるときも、ゴチャゴチャした物を身に着ける格好は止めたくなり、シンプルにお気に入りのアクセサリーだけを着ける。そんな格好が好きだと思えるようになってくると、何となく毎日が楽しくなってきます。

弱いところがある自分を認めてあげましょう

経験から言えることですが、誰でも弱い部分というのはあるではないですか。

「どうして自分は弱いのだ」と悩む必要などなにもないです。不安な気持ちが現れたときには自分が不安や恐怖を感じていることを認めてしまうと気持ちが楽になります。

自分の弱いところも自分。それを認めると楽に生活ができるようになります。

ありのままの自分を認める

自分を否定しないで、ありのままの自分を認める。自分を受け入れるというのは、自分を認めるということです。

この記事は、自分を受け入れることができなくて悩んでしまっている人へのコツの伝授について書いてきました。

自分を責めて大きなお金を使ってどこかに通ったり、セミナーを受ける必要もないのです。

自分の弱さを認めるのが怖かったりするのでしたら、「自分の弱さがバレたら嫌われるかも・・・」という気持ちは捨てるべきです。

完璧な人なんていないのだから、ありのままの自分を認めてあげましょう。

まとめ

自分を受け入れるコツを書いてきましたがいかがでしょうか。

自分のことを受け入れることができるようになるのは、少し時間がかかるかも知れませんが、焦らずにゆっくりと自分を受け入れていきましょう。

季節の流れ、自然のリズムを大切にして、自然環境にあったことを行っていくと、自分らしいリズムが出来上がっていくと思いますよ。

花も無理に咲かせようとしても、季節通りに花が咲きますよね。自分をわかっているような気がしてしまいます。

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。