昔々の動画

1918年~リンティンティン、映画で活躍した世界で最も有名な犬

Rin Tin Tin (リンティンティン)は1918年に第1次世界大戦中にアメリカ兵のリー・ダンカン伍長によって軍用犬舎から救出され、「リンティー」という愛称を与えられました。

1918年~1932年国際的な映画スターとして活躍をしました。要するに俳優犬ですね。

もともとドイツの軍用犬で、軍用犬舎にいたのです。第一次世界大戦のときにアメリカ軍のリー・ダンカンがフランスの小さな村にあるドイツ軍の犬舎でリンティンティンと他の犬を見つけて助けたのです。

リンティンティンはダンカンにより調教され、終戦後、サイレント映画の仕事を獲得、映画は大成功してリンティンティンの名は世界に知られるようになりました。

ハリウッド映画27本に出演しました。

彼はワーナー・ブラザーズの成功にも貢献しています。

Wikipedia参考>

1918年~リンティンティン、映画で活躍した世界で最も有名な犬

リン・チン・チン 映画『Frozen River』(1929年)Wikipedia

1918年に第1次世界大戦の戦場でリー・ダンカン伍長がリンティンティンを発見した時から、彼は子犬と世界との共有する「何か」を認識したといいます。

子犬と世界との共有する「何か」を認識した・・・下の動画を観ていただけるとわかると思いますが、確かに「何か」は感じることができます。

第1次世界大戦の戦場ではドイツでは170万人の戦死者が出ているそうです。ロシアでも170万人ぐらい、日本では第1次世界大戦では415人ぐらいだそうです。

第2次世界大戦は良く知られていることですが、第1次世界大戦で何が起きたのか、良くわからなかったりします。

第1次世界大戦後に多くの人たちがこの映画を観て感動をしたのは納得ができます。

ハリウッドでの犬の最初の大ヒット映画につながり、その後もラジオ番組、映画、テレビ番組と活躍していきました。

彼の活躍はワーナー・ブラザーズの成功にも貢献したということです。

人間と犬の絆の感動的な話です。

1922年にダンカンとリンティンティンはLAのドッグショーに参加しました。このあとにショーのプロデューサーのダリルザナックは、リンティンティンの動画カメラを試したいとダンカンに350ドルを支払いました。
その後、ダンカンはウルフと一緒にエクステリアシーンを撮影するのに苦労をしていたワーナーブラザーズの映画スタッフに偶然出会いました。

ダンカンは監督に近づき、リンティンティンはワンテイクでシーンを行うことができると話しました。
ダンカンの「ワンダー」犬はワンテイクでシーンを作り、両方共「ヘルズリバーからの男」の撮影全体のために雇われました。映画はヒットして、リンティンティンはセンセーションを巻き起こしました。

【動画】Rin Tin Tin with Nanette from 1925

感動する映画ではありますが、この動画をupした方は炎の中の撮影に疑問を抱いているようです。

今の時代でしたら動物虐待として扱われるかも知れませんが、当時は感動する映画だったと思います。

第1次世界大戦は教科書に載っていたという程度のことしかわからなかったりしますが、1914年~1918年に多くの若い人たちが亡くなっています。
日本の戦死者は415人ぐらいということで、第二次世界大戦の方が歴史上のインパクトは強いと思います。

ただ、今の世界情勢は第一次世界大戦の前と類似点があると本などにも書かれていたりするので、第1次世界大戦のことを調べてみる必要があるかもしれないですね。

国と国の争いで一般の国民が酷い目に遭うことなど避けてほしいです。

第1次世界大戦の中で心が温かくなるリンティンティンの動画です。

リンティンティンは1932年に14歳で亡くなり、フランスの故郷に戻りました。

アニエール郊外のシメティエ-ルデチアンに埋葬されました。今日でもリンティンティンの血統は毎年8匹から11匹の子犬が生まれているそうです。

まとめ

第1次世界大戦は歴史上のことで、教科書通りに覚えているという方も多いかもしれませんね。

100年ぐらい経つと歴史は繰り返されるのだとつくづく感じます。今と比べるなんておかしいのではないの?と思われるかもしれませんが、第1次世界大戦の前もエネルギーや自動車など新しい産業が生まれ、領土問題で争いがあり、今と同じだと感じます。

この頃に流行ったインフルエンザ、スペイン風邪と言われています。

世界中で5000万人もの人が亡くなったというデータがあるといいます。戦争中だったからウイルスが世界中に拡散されたということです。

世界情勢の悪化、戦争、ウイルス・・・歴史は繰り返され、それでも人々はそれを乗り越えてきているのだと改めて感じています。

リンティンティンが子犬を助ける動画は「犬でも子供を守ろうとしている」と思ってしまうのです。

「犬でも」と書いてしまうと愛犬家の人たちに反感を持たれるでしょうか。焼け野原で犬が子犬を守るのです。

リンティンティンの動画から第1次世界大戦のときの様子、今の世界の様子を繋げて考えてしまいました。

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。