昔々のお話

気になる日本の俗信(ぞくしん)くしゃみはくさめという

今ではくしゃみが出ると、風邪を引いてしまったか、インフルエンザにかかってしまったか、アレルギーによるものかと思いますが、昔々はくしゃみはいきなり出てしまうもの、人の意に反してということですね。

くしゃみは昔々は「くさめ」と言われていて、くしゃみをすると、何らかの前兆ということで、「くさめ、くさめ」と呪文を唱えていたのだとか。

くしゃみが出ると、魂も飛んでいくと言われ、それで寿命も縮むと思われていたときもありました。

くしゃみの後、くさめ、くさめと唱える

吉田兼好の徒然草にくしゃみをしたあとに、「くさめ、くさめ」と唱えないと死ぬということが書かれていて、早死にしたくないから呪文を唱えていたそうです。

鼻の穴から魂が抜けていくと考えられ、寿命が短くなるということで、「くさめ、くさめ」と唱えました。

今の時代にそんな呪文を唱えている人がいたら怖いです。

「くさめ」は、「くそはめ=糞くらえ」

「くさめ」というのがどこから来たかというと、「くそはめ」で「くそはめ」は「糞くらえ」という言葉の古語です。
糞くらえということなのではないかと言い伝えられています。

糞くらえということは、「鼻クソ」に結びつきますね。
そこから来たのでしょうか。その辺のところは良く分かっていないそうです。

くしゃみが出ると誰かが噂をしていると言いますが、それは1回のくしゃみの場合で、何回も出る場合は風邪かも知れませんので、ゆっくり休むことが必要だと思います。(笑)

しゃっくりが続くと死ぬ

くさめと同じように「しゃっくり」にもおもしろい俗信があります。

しゃっくりが続くと死ぬというものです。
「死ぬ」ことはないと思いますが、昔の人はそう言っていたのです。
「死ぬ」などという言葉は、今の人は嫌いますが、昔々の伝説などを読んでいると、良く出て来ます。
汚い言葉もいやらしい言葉も書かれていて、今の時代との違いを感じます。

しゃっくりは横隔膜(おうかくまく)の痙攣(けいれん)によって起きる現象ですが、息を止めて水を10回飲むとかやったことがありませんか?
これで止めた経験があるのですが、しゃっくりをしている人を驚かせるというのも、やっていた人がいます。

隅にひそんでいて、「ワッ!」と言って脅かすのです。
自分のしゃっくりを止めてもらうのには、脅かしてもらうということになります。

これをやったこともあるし、やってもらったこともありますが、効果はなかったような気がします。

脅かすのは危険も伴うので、おススメはできません。
人によっては、異常に驚いてしまう人がいるからです。

お笑いの世界なら、腰ぬかしたり、物が飛んだりして笑えるかも知れませんが、そうではないので恨まれてしまいます。

病気の可能性もある

しゃっくりをおもしろおかしく止めることも必要ですが、なかなか止まらない場合は、肝臓や膵臓の病気の場合もあるので、しっかりと検査を受けることが必要だということです。
呼吸器の疾患の可能性もあります。

止まらない場合は、たかがしゃっくりと言わないで、早めに病院に行った方が良いそうです。

うわさと俗信 民俗学の手帖から 

著・常光徹

俗信、言い伝えなどは調べるとたくさんあっておもしろいですよ。

くさめやくしゃみの俗信のように語り継がれてきたものから、あまり知られていない俗信まで様々な俗信があります。

都市伝説も多くありますが、人の心との結びつきを解き明かしていくと、昔から現代まで共通している心が見えてきます。

お近くのセブンイレブン受け取りで送料は無料です。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。