ブログ

一軒家の害虫対策は部屋を清潔に保ち、害虫が入ってこないように徹底する

仕事で観光業(貸別荘)に携わっているのですが、仕事の関係で掃除に力を入れなければならないときがあります。
害虫が部屋の中をチョロチョロしていたら大変!自然の中だから許しては通らないのです。

綺麗に掃除をしているつもりでも容赦なく現れるゴキブリはどこからやってくるのでしょうと悩んでしまうことも。

もっと怖いのはムカデです!

大きいのが現れたら悲鳴が出てしまいますよね。

そこで、

害虫が家に入ってこないように対策をすることと、家の中で繁殖をさせない工夫を考えてみました。

一軒家の害虫対策は部屋を清潔に保ち、害虫が入ってこないように徹底する

観光業に携わっているので仕事の関係で掃除に力を入れなければならないときがあると最初に書きましたが、掃除のときに行う害虫対策のことを書きます。

ゴミを長時間放置して置くと、生ゴミなどの廃棄食材の臭いで害虫が寄ってきやすくなります。
実際に見たのですが、夏の暑い日の生ゴミ(魚の内臓などが含まれていたようです)にはウジ虫が発生していました。

ハエも直ぐに飛んできました。

大きなムカデが壁にいたので大騒ぎになって、「どうしたら侵入を防げるか」と考えてみて実行したことは、排水溝は掃除後にふたをすること。

これを徹底してからは大きなムカデに直面することは少なくなりました。
同時にキッチンの排水溝などにもふたをしたり、害虫の通り道をふさぎました。

ドアの下の隙間からも害虫は入るので、殺虫剤を撒いて置きます。

ゴミ置き場なども害虫が寄ってこないように気を付けて置いた方が良いです。
ゴミ置き場でも時々掃除をして清潔にして置きましょう。

換気扇の油汚れにも害虫が寄ってくるそうです。
できるだけ清潔にして置きましょう。

部屋が汚いとゴキブリなどの害虫は当たり前ですが、そこで繁殖をしてしまいます。
ですから部屋は清潔に保ち、害虫を寄せ付けないようにしましょう。

生ごみはすぐに処分をするか、処分ができない場合はしっかりと密封した方が良いですね。

洋服なども散乱していると、ゴキブリだけでなく他の害虫もそうですが、スプレータイプの殺虫剤を使おうと思っても洋服にかけてしまうので使えなかったりします。

日頃から洋服や雑貨類なども片付けて置いて、害虫が現れたときはスプレータイプの殺虫剤を害虫に命中させると退治できます。

何回も書いていますが、害虫が入ってこないように対策をします。

ある日、観光業の貸別荘の壁に多くの羽アリみたいな虫がびっしりといたときは、スプレータイプの殺虫剤を一度噴霧してから何回か重ねて壁に噴霧しました。
殺虫剤はすぐに無くなってしまいますが、バリア効果はしばらく続きました。

窓の周囲、換気扇の周り、玄関の中の虫が通りそうな所、網戸などにも噴霧して置くとさすがに虫も寄って来ないようです。

観光業の貸別荘の方には、殺虫剤はムカデも退治できるような強力なもの、ハチが退治できるもの、ゴキブリやハエなどが退治できるものなど数種類を用意してあります。

害虫が入って来ないようにするには忌避剤(きひざい)の殺虫剤を主に使います。

忌避剤きひざい)の殺虫剤では虫こないアース、ゴキブリがいなくなるスプレー、虫こないアース網戸にスプレーするだけ、ヤブ蚊バリアなど虫が近寄らない殺虫剤がおススメです。

ムカデ用に自宅や貸別荘にも用意してあるのが、キンチョーの「イヤな虫キンチョール」でこれは効果がありますよ。

貸別荘の方で困るのがハチ対策です。

こんなことがありました・・・

ハチの巣が上にあるから退治して!

普段から気を付けてはいたのですが、あっという間にハチがお客様が入る部屋の上に巣を作り始めていたのです。

「ハチがいるから退治してください」と言われ、入り口の上を見ると、ハチがブンブンと巣作りを始めていました。

ハチがいない巣でしたら簡単に取ることはできますが、ハチがいたのです。

こういうこともあるかも知れないと用意してあった強力な殺虫剤を管理人室から持ってきてやっつけました。

お客様が刺されたら大変なことになるので必死でした。

用意してあった殺虫剤はハチアブマグナムジェット550mlすごい勢いで噴射できるので、室内では使わないようにしていて、外のハチ対策には効果があるので使っています。

害虫の卵

貸別荘の露天風呂の木の部分にアリが巣を作り、アリが列を作って歩いていました。

取った対策は木の部分にアリ除けの殺虫プレートを設置してもらいました。アリを除去してから取った対策です。

虫の卵には殺虫剤は効かないので、スプレータイプの殺虫剤の噴射だけでは除去できません。

毒の餌のものを虫が出始める前に設置して置くと効果がありました。

ゴキなどに効果のあるペイト剤(毒餌)にはコンバット、ブラックキャップなどがあります。

ゴキブリの場合、ペイト剤を食べたゴキブリが死ぬと他のゴキブリにも効果が出るという素晴らしいものです。

早めにキッチンやすき間に設置して置くと良いと思います。

まとめ

早めに準備をして対策を取ることが大事です。

室内は綺麗に掃除をして置きましょう。数種類のスプレータイプの殺虫剤を使いこなして害虫対策をします。

部屋に入ってこないように、害虫の通り道などに噴霧して害虫が寄りつかなくなる準備を!

ペイト剤(毒餌)で孵化した幼虫をやっつけます。

網戸や窓の周囲、玄関なども噴霧して置くと害虫が入ってくるのを防ぐ効果が期待できます。

お風呂などの排水口のフタもしているのですが、効果があるような気がします。

梅雨時から夏に入る前に対策をして置くと害虫をだいぶ防ぐことができます。

5月になると急に暑くなるので、ムカデも出てきます。

ムカデはゴミ箱に潜んでいることもあるので、ゴミ対策はしっかりとして置くことが必要ですね。

※魚などの内臓の入った生ゴミを家の中やベランダなどに放置すると大変なことになるので、生ゴミは早く処分をしましょう。
夏は腐敗が進むのが早いので、害虫はあっという間に卵を産んでしまいます。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。