ブログ

大室山とさくらの里周辺は散歩にも良い所です

伊東市の大室山は仕事場の近くなので、早く仕事が終わった日や休みの日にはカメラを持ってお散歩。

大室山のふもとに広がるさくらの里は桜の季節には多くの人で賑わう所です。

こんな綺麗な場所が近くにあって良かったと思っています。

犬を連れて散歩に来る人たちも多く、犬も喜んでいる・・みたい。

高原のリゾート地「伊豆高原」と「大室山」

毎年2月に行われる山焼き(天候により変更になるときが多い)によって、おもしろい形を維持し、弧を描いているかわいいお山の伊豆高原の大室山は周囲を散歩するのも良いけれど、山頂までリフトで上るのも良いかも。

山頂までリフトで約5分。

山頂は噴火口周囲の遊歩道を一周すると、良い運動になります。

天城山の山々、矢筈山(やはずやま)、池という地域の田んぼや畑を見下ろし、相模湾を望む。

天気の良い日は富士山も見ることができます。

伊豆高原という地域はこの大室山のふもとに広がる自然が豊かで静かな環境の地域です。

高原の別荘地です。

天気の良い日に山頂を一周すると、爽快な気分を味わうことができて、ストレス解消にも良いです!

国指定の天然記念物の大室山

360度の大パノラマなので、周囲の山、海、島々を眺めながらのウォーキングは本当に気分が良いのです。

歩きやすい遊歩道ができていますが、歩きやすい恰好と靴の方が良いと思います。

大室山は標高580mで、約4000年前の縄文時代に噴火活動があったそうで、このときに流れ出した溶岩が伊豆高原の地域や城ヶ崎海岸を造りました。

季節によっていろいろな姿を見せてくれるので、四季折々の季節散歩を楽しめて、春は若々しい緑、それから深い緑に変わって、秋はすすきが揺れて、冬は黄色っぽく、黄金色というのかなぁ。

それから山焼きで黒くなってしまいます。

スコリア丘

火山が作ったスコリア丘の大室山はプリンみたいな山です。(笑)
約3700年前の大噴火で大量の溶岩が流れ、デコボコだった地を高原にしてしまい、それが伊豆高原となったのです。

スコリアとは

火山噴出物の一種で、塊状で多孔質のもののうち暗色のもの。岩滓(がんさい)ともいう。

主に玄武岩質のマグマが噴火の際に地下深部から上昇し、減圧することによってマグマに溶解していた水などの揮発成分が発泡したため多孔質となったもの。発泡の程度は一般に軽石より悪く、発泡の悪い(孔の少ない)ものは火山弾や火山礫に移化し明確な区別は決められていない。
Wikipedia

大室山ふもとのさくらの里にあるスコリアラフト。

スコリアラフトは溶岩に包まれたスコリアのことです。

近くには洞窟もあり、大蛇伝説も残っています。

覗き込むと結構怖くて大きな洞窟ですが、中には入れません。

昔は富士山まで繋がっているとも言われていたのだとか・・・。

さくらの里から大室山に登れそうな気がしますが、今は山野草の保護や山肌を守るために登山は禁止されています。

さくらの里

大室山のふもとのさくらの里は一年中桜の花が開花しているような気がします。

夏は咲いてはいないのですが、9月から翌年の6月まで「桜」咲いてますよ。

冬は雪も降るときもあって、桜と雪が同時に楽しめる不思議な所です。(笑)

というのも35種3000本もの桜が植栽されているからで、いろいろな桜の花を観察ができて、4月には「さくらの里まつり」も開催されます。

散策しながら歴史を感じ、桜も楽しめる良い所なのです。

場所はこちらです!
健康ウォーキングにいらしてください。(^^)/

まとめ

大室山の紹介のようになってしまいましたが、(笑)愛犬を散歩させたり、健康のためにも歩いて楽しめる場所です。
季節の花も楽しめますよ。

3月下旬頃、寒風に耐えて来たソメイヨシノが咲き始めます。

稲取温泉の雛のつるし飾りまつりは3月31日まで

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。