大人の恋愛

年齢を重ねて再婚相手を探す前に思い出してほしい恋愛のこと

人生100年時代となると、40代、50代、60代、70代で「恋」を諦めてしまうことは「無い」のかも知れないと思うようになりました。

あなたの周りでも年齢を重ねても恋愛を人生の流れの一部分として残している人は増えているでしょ?

気持ちはあっても出会うチャンスがないという人もいます。

もし私が独りになって男性と巡り会いたいと思ったら、インターネットを利用すると思います。多分・・・

今の時代は顔を見ながら話すことも簡単にできます。

恋愛にも結構慎重になると思うので、過去の「恋愛」のことを思い出して相手を探していくでしょう。

年齢を重ねて再婚相手を探す前に思い出してほしい恋愛のこと

「思い出してほしい恋愛のこと」って何だか変ですが、年齢を重ねて何もかも関係なく恋愛に夢中になってしまう人もいますが、それってどうなの?って思っちゃうのです。

経験も重ねている場合も多いと思うので、冷静な判断ができる状態でいたいですね。

若い時は恋愛に夢中になりましたが、気持ちは若くてもそこのところは冷静に!夢中になってしまうと大切な誰かに迷惑をかけることになるかも知れません。

年齢を重ねたら助け合うことのできる素敵な人と出会いたいですね。

一生懸命に家族のために生きてきて、そして独りになってしまった場合、将来の不安が芽生えてくると思います。

もう歳だから・・・でもまだ元気・・・恋だなんて、でもまだ大丈夫!?

アラ還世代の恋愛は自由感覚

アラ還世代というのは、50代半ばぐらいから60代ぐらいの還暦前後の世代のことですが、独身の場合でしたら恋愛は自由に楽しむという人は増えてきたようです。

もっと上の世代は団塊の世代ですが、団塊の世代もopenなような気がします。

さらに上の世代は恋愛に関して自由では無かったのか諦めている(諦めてきた)人がいるのではないでしょうか。

私の親の世代は諦めてきた世代ですが、「忍耐」だったようです。

今のアラ還世代は若い時に自由に恋愛を重ねてきているので、年齢を重ねて独りになった場合、再度チャレンジします。

「恋愛と結婚は別」なんて思っちゃっている人、多いと思いますよ。

恋愛至上主義

戦後生まれというと70代ですが、今の70代ぐらいの方は恋愛至上主義を実践した最初の世代ということで、確かに、年齢を重ねても自由に恋愛をしている方がいらっしゃいます。

結婚相手と死別して、新しい相手をちゃっかりと見つけちゃって、情熱的に生きていらっしゃる女性がいますが、「強いなぁ」と思います。

離婚をした方でも特に女性は、「まだ老人なんて言わせないわよ」そんな勢いのある人います。

たとえ片思いであっても、心の底からの「情熱こそがすべて」であるのが恋愛至上主義である。

お見合い結婚から恋愛結婚の方が増えたのもこの頃です。

情熱を持った方たちは増えているし、これからも増えていくのではないでしょうか。

過去のパターンの失恋

若い時に失恋の経験があり、もし相性の良い人と出会ったとしても、若い時の失恋の経験がよみがえり、もたもたしている間にせっかくのチャンスを逃してしまうこともあると思います。

年齢を重ねた同士だとお互いに慎重になってしまい、二人でもたもたしてしまうことも。

「もうアプローチしてしまうしかない」と積極的にアクションするしかないですね。

相性の良いと思われる相手と出会えることもそんなにないでしょうから、チャンスは逃さないようにしたいですね。

年齢を重ねたから構えてしまう

今でしたらメールの交換やラインでのやり取りをすると思うのですが、簡単に文章を送れるので逆に構えちゃいますよね。

口では言えないことを気軽に書いてしまう人っています。

その言葉の重みを何も考えないで、心にも無いことを書いてくる。その気になってしまい、実際に会うと、それ以降相手の態度が急変したりする。

実際に会っていなくても、そうなるのではないかと構えてしまう。

そういうことが繰り返されるかも知れません。

メールもラインのやり取りもマッチングアプリも便利なものです。

マッチングアプリは条件を絞って相手を探すことができるので、自分の希望通りの相手と巡り会えて、実際に会うこともできます。

でも注意しなければいけないこともあります。

友達から少しずつ恋愛に進んでいくという過程が抜けてしまうので、いきなりデートをして恋愛関係のような錯覚に陥ることもあります。

人と人の心の結びつきは簡単にいかないこともあると思うのです。

このブログでもマッチングアプリを紹介していますが、出会いは慎重に。恋愛中のような錯覚に振り回されないようにしたいですね。

「愛に国境は無い」仕切り越しの愛、89歳と85歳

これを書いているときにテレビからこんなニュースが流れてきました。

世界的に大変なことになっていますが、感染拡大でドイツとデンマークの国境が閉じられました。

ドイツ人の89歳の男性とデンマーク人の85歳の女性は2年前から交際をしてきましたが、会うことができなくなってしまいました。

「愛に国境は無い」二人は毎日のように境界線で会っています。

食べ物や飲み物を持って会いに行き、2時間ほど楽しんでいるようです。

二人で旅行に行きたいとか、ハグしたいとか、80代後半のすごい情熱を感じました。

思い出して。恋愛は労力も時間もかかる

昔(若い頃)はマッチングアプリなんて無かったから、気に入ってもらい、デートするまですごく時間がかかりました。

今みたいに出会うことが簡単にできるツールがあると、楽だけど恋愛を進めていくのに時間をかけないと、心配でもありますね。

出会いは簡単でもお互いに信頼関係を築いて、年齢を重ねているのだから猛烈に熱くなってしまわないで、基礎固めをしっかりと行いましょう。

再婚となると

仕事のリタイヤ、子供も成長したとなると自分もまた幸せになりたいと、自分の居場所を探したくなるといいます。

ただ、トラブルも発生します。

子供との関係、籍を入れるのか、一緒に住むだけなのか、難しい問題も山積み。

シンプルに遊びに行くなど仲間として交流したいだけなのか、本当に再婚まで進みたいのか、自分の心に問うことも必要かなと思います。

まとめ

今のアラ還と言われる世代の人たちは恋愛に対して自由に育ってきているので、独りになったらかなり積極的に恋愛にチャレンジしていくと思います。

ただ便利なツールができたからといって、もうだいぶ話したから恋愛関係になっていると思ってしまうのは錯覚かも知れません。

一般的な出会いの場合は、ゆっくりと確かめ合いながら進んでいくので、二人の仲もそれなりに縮まっていくでしょう。

マッチングアプリなどネットで知り合った場合は、デート関係になるのも早いので、途中の段階を飛び越えてしまい、すでに恋愛関係だと思ってしまうこともあります。

これはちょっと危険なので、冷静に対応できるようにしていたいですね。

人生100年時代と言われるようになりました。

孤独に耐えられなくなったら自由に恋愛を楽しむのも良いですし、恋愛までいかなくても友達や仲間でも良いと思います。

人生を楽しんで行きたいですね。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。