おしゃれ

すっぴんよりもイキイキメイクをしてツヤ肌になりましょう

外で食事をした後は必ず鏡を見て、取れてしまった口紅や化粧のチェックをします。

ずっと習慣できたからそれが当たり前だと思っていたのですが、なんだか最近はメイクをしない女性が増えてきたような気がします。

先日、30代~40代の女性達と食事をする機会があったのですが、食事後に洗面所に向かう人がいなかったのです。

私は食後に口紅をつけ直すために洗面所に行きました。

そして気づいたのですが、メイクをしていない人が多いな・・・と。

芸能人の方でもほとんどメイクをしていないような方もいますが、そう見せかけて実はちゃんとメイクをしちゃっていますよね。

年齢を重ねたからこそ、すっぴんよりもイキイキとしたツヤ肌メイクの方が絶対に良いと思います。

もしかしたら綺麗になりたいとメイクを始めた人もいたかも知れませんが、いつの間にか出かけるから仕方なくメイクを義務のようにしていたかも知れません。
だんだん、面倒になって「ま、いいか」で過ごしてしまう。

もったいないですよね、大事な一日が!ほんの少し自分のために手間をかけましょう。

すっぴんよりもイキイキメイクをしてツヤ肌になりましょう

女性ですから身だしなみに気をつけて、年齢にあったメイクをしていきたい・・・そう、若いときとは肌の調子も顔立ちも変わっています。

偉そうに語っていますが、私は自己流ですが雑誌などでメイクの勉強は40代になってからしています。
40代になってから、「若さ」が失われていくのを実感しました。

若いときのメイクのやり方では厚塗りになったり、アイシャドウがよれたり、もう悲惨。
TVのCMで素敵な女優さんが化粧品の宣伝をしていて、女優さんと同じ色の口紅を購入しました。

「え!?色間違えた?」

あんなに素敵な色なのに、私がつけると違う色のようでした。
もう年齢にあった工夫をしていかないといけないことを実感。今の自分にあったメイクをして足りないものを補っていく工夫が必要なのでしょう。

私流ファンデーションの塗り方

安い化粧水、ナノセリューシュで肌を整えてから下地を塗ります。

ナノセリューシュのことはこちらに書いてあります。

ファンデーションを薄めに塗るので、下地は必要です。
肌荒れのケアやファンデーションをポイントを抑えて薄めに塗るので、下地はベース作りに必要です。

目の下のクマや瞼にコンシーラーを使い、その後薄くファンデーションを顔全体にポイントを抑えて塗ります。
目のまわりとか良く動く場所やほうれい線の上などは薄く塗ります。

仕上げのフェイスパウダーを顔全体に軽く押さえるようにパフパフ。フェイスパウダーは毛穴をカバーしてくれて、透明感のある肌に見せてくれる物でないとダメです。

少し高くても粒子の細かい物を選んで使うようにしています。

素肌よりも綺麗なすっぴん肌を演出してくれる物を選んで買っています。

ツヤ肌になるように仕上げにはブラシを使います。

最近では塗るだけでツヤ肌になるというファンデーションも売っているので、試してみると良いのではないでしょうか。

その後、軽くチークを頬に入れます。
顔色をカバーしてくれるので、絶対に入れた方が若々しい印象になりますよ。

アイブロウ

眉をペンシルで整え、その上にパウダーを自然に重ねています。

眉に凝ったときもありましたが、今は自然に足すぐらいで済ませてしまいます。

アイライン

年齢を重ねると瞼のたるみが気になりますので、ボヤッとした印象を回避するためにアイラインはペンシルで軽く描いて、その上にリキッドを重ねています。

アイラインを使うと目が引き締まり、若々しくなりますよ。

ただ太くアイラインを入れてしまうと、昔風のメイクになってしまいみっともないです。

講談社くらしの本Channel *動画内で紹介している商品は2017年6月の撮影時のものです。現在は販売されていないものもあります。

マスカラ

ビューラーを軽くドライヤーで暖めてからまつ毛をカールしています。
軽く握るだけで、まつ毛をカールさせることができるので、まつ毛に負担をかけないようにしています。
ホットビューラーを使うとカールをしやすいかも知れません。

ビューラーを熱くさせてしまうと、まつ毛を痛めてしまうので気を付けてください。

まつ毛用の下地を塗って、マスカラを塗ります。

口紅

リップペンシルで輪郭を取って口紅を塗ります。
色はベージュ系が好きです。

20代の頃は赤い口紅が好きで、その上にグロスも塗っていたので、
「何を食べて来た?」 と言われました。(笑)

ここでやっとメイクが終わりました。(笑)

メイクくずれを防ごう

メイクをして長時間綺麗なままでいられると良いけれど、肌から出る汗や皮脂で時間とともにメイクは崩れてきます。

良い対策は、こまめにチェックして汗や皮脂を取り、早めに手を打つことです。

私がいつも持ち歩いているのは、皮脂を取る皮脂取り紙と綿棒で、とても重宝しています。
マスカラの汚れを綿棒で落としたり、鼻の皮脂を皮脂取り紙で取って、ファンデーションを塗り直します。

化粧を落としたら「どちら様ですか?」と言われるほど化粧バッチリではなくても、身だしなみとしての薄化粧は心掛けたいですね!

まとめ

濃いアイシャドウを塗るとかチークも濃くするというのは昔風のメイクだと思っていて、ナチュラルに見せるテクニックを使うのが年齢を重ねた女性にぴったりだと思います。

テクニックを使ってまぶたのくすみ、クマ、シミを隠してナチュラルに見せるようにする。

テクニックが必要だということですね。

年齢を重ねると引き締めも必要だと思っていて、アイラインを上手に使ったり、リップブラシも使った方が良いでしょう。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。