life

平均寿命、何十年も前から男性より女性の方が長生きだという事実

田舎街ではおじいさんよりおばあさんの方が元気が良いように感じられます。
田舎でなくても女性の方が長生きで元気なのでしょうか。

先輩の女性に聞いたのですが、女性は配偶者が亡くなっても数ヶ月で元気になると言ってました。
たくましいのですね。

それはともかく厚生労働省のHPで確認をしましたが、もう何十年も男性より女性の方が長生きでした。

平均寿命、何十年も前から男性より女性の方が長生きだという事実

平均寿命は2019年では女性が87.32歳、男性は81.25歳で共に過去最高だということです。
6.07歳女性の方が長生きです。

厚生労働省調査の表を見ると、昭和22年(1947)では男性の平均寿命は50.06歳、女性は53.96歳で女性の方が3.9歳長生きとなっています。

厚生労働省 平均余命推移(平均余命とはあと何年生きられるかという期待値です)

表を見ていただくと分かりますが、ずっと男性より女性の方が長生きですよね。

家事が楽になった

これだ!という理由があるわけではないのですが、女性の方が長生きになった理由の一つに家事が楽になったことがあると言われています。

昔は嫁にいくと、お姑さんや親戚の手前、気を使って毎日が地獄のようだと言う人もいました。
朝起きてから家事に追われ、自分の時間がほしいだなんて言ったら大変なことに。夫にも従わなければならなかったのです。
毎日必死にお姑さんや夫に従い、老いると子供に従い、女性の権利など無かった時代はありました。

女性が時代とともに強くなっていったので、ストレスが少なくなり、長生きになっていったのかも知れませんね。

現代では調理機器も便利になり、調味料も揃い、あっという間に食事の支度もできるようになりました。
洗濯は洗濯機がやってくれるので、冷たい水に触らなくても良いし、川に洗濯に行かなくても良いのです。(笑)

ch
ch
女性も仕事をするようになると、家事に時間をかけることもできないです。家事が楽になったから仕事もできます。

江戸時代の徳川将軍家夫婦の平均寿命

江戸時代の平均寿命は50年と言われていますが、この時代に統計をとることなど難しかったと思いますが、徳川将軍家15代のカルテ(篠田達明・著 新調新書)には徳川家将軍の夫婦の寿命に関することが書かれています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

徳川将軍家十五代のカルテ (新潮新書) [ 篠田 達明 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2019/12/15時点)

徳川15代将軍と正室の亡くなった年齢が一覧で書いてあるので比較してみることができます。
江戸時代の平均寿命は50歳前後と言われていますが、徳川15代将軍の平均も同じくらいになるのです。

将軍たちの平均寿命はおよそ51歳となります。死因は胃がん、脳卒中、インフルエンザ、急性肺炎、心不全などと書かれていて、興味深く読むことができますよ。

正室の平均寿命は47歳ぐらいです。平均して江戸時代は男性の方が長生きだったようです。

お産で亡くなる女性が多かったこの時代は、生まれた子供も未熟児や呼吸不全、感染症などで亡くなることが多かったようです。

江戸時代の衛生状態は想像できますよね。「徳川将軍家15代のカルテ」にm書かれていますが、

江戸時代はノミやシラミを抱えたネズミが家屋を走り回り、台所や便所の周囲にはハエ、カ、ゴキブリがむらがり、路上には牛馬や犬の糞があふれ、人々は道ばたに生ゴミを捨て小便や雲古をたれ、ドブは汚物にまみれて伝染病の発生源となった。

予防をすることもワクチンなどもないこの時代は、江戸城大奥にもはしかやおたふく風邪、インフルエンザなどが侵入して乳幼児は亡くなってしまうことも多かったようです。

昔はお産で亡くなる女性も多かった

今ではあまりないと思いますが、昔は出産や妊娠中の体の異常で女性は亡くなる場合も多かったようです。
女性だけではなく、子供も亡くなっていました。

病院で出産するのが当たり前になったのは、1960年頃からです。

衛生的にもなり、医療の面でも安心して出産ができるようになりました。出産や妊娠で命を落とす女性が減ったことで、女性の寿命も伸びていくことに繋がります。

お産を経験することや育児で女性は精神面でも強くなっていくと思います。

女性が強くなった!

戦後男女は平等であると言われるようになってから、女性は強くなってきました。
男性だけの収入では家庭の維持も難しくなってきた昨今では、女性も働きに出るようになりました。

外に出るようになった女性はますますたくましくなり、家に帰っても電化製品も普及してきたので、家事労働はだいぶ楽になりました。

働く男性は厳しい社会でストレスをためているのかも知れませんね。
ストレス解消のためと付き合いなどで、飲酒、暴飲暴食で生活習慣病になりやすい環境になっているのではないでしょうか。

生活を変えてストレスを少なくするという選択もあります。

外で飲酒などでストレスを解消するのではなく、自宅で自分にプラスになることを学び、何れはそれを収入にも結びつけることができるので、希望と意欲も出てくるのです。

ストレスを少なくすると、気持ちも楽になって自分のやりたいことができるようになるのです。

そのためには学びは必要となってきます。

まとめ

もう何十年も男性より女性の方が長生きということに気づき、男性が気の毒だと思いました。
家族のために一生懸命に働き、もし、家でも粗末に扱われているとしたら(?)・・・かわいそうです。

自分でマインドを変えて、いずれは自分の道を変えていくという選択もあっても良いですよね。

今の時代では50代でも60代でも遅くはないので、やりたいことを決めて突き進む、人生を謳歌しましょう。

ch
ch
目標に向かって突き進むことが幸せだったりします。
ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。