キャッシュレス

保有しているLINEポイントでLINEスタンプ「昭和のおじさん」購入

前にもLINEスタンプを購入しましたが、そのときに購入のしかたが分かりにくいと思ったのです。LINEのスタンプを購入する場合には、「LINEコイン」のチャージが必要となります。
「LINEポイント」と「LINEコイン」は違うものです。

LINEポイントからLINEコインへ自動で変換をすることができるので、「着せ替え」や「スタンプ」を購入することができます。

LINE有料スタンプの購入には「LINEコイン」が必要なので、コインをチャージする(クレジットカード・キャリアの料金と一緒に支払う)などの手続きが必要なのと、Googleアカウントのパスワードの入力が必要となります。

「面倒だ!」と思う人はLINEポイントをLINEコインに自動変換して購入しちゃいましょう。

保有しているLINEポイントでLINEスタンプ「昭和のおじさん」を購入

「ウォレット」「スタンプショップ」をタップします。

「スタンプショップ画面」が表示されます。

私の場合、「あなたへのおすすめ」で「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「ヤバいよ、ヤバいよ」が出てきましたが、さすが分かっていらっしゃる。(笑)

購入したいスタンプをタップします。

「購入する」をタップします。

「確認」(iPhoneではOk)をタップするとダウンロードが始まります。

コインが無かったり足りない場合は、チャージが必要となり、LINEポイントから自動変換される場合は、ポイントで消費されます。

LINEポイント2ポイント=コイン1枚で、要するにLINEポイント200ポイント=100コインということになります。スタンプ購入で100コイン必要な場合は、ポイントでは200ポイント引かれます。ポイント利用をしない場合は100コインだと240円チャージになります

ポイントからコインへの変換レートがあって、LINEの利用国によって異なってきます。日本は1コイン2ポイントと今のところなっています。

購入したLINEスタンプ「昭和のおじさん」

昭和のおじさんの11弾は「おはよう」から始まるおじさんの一日を追ったものです。

おはようのはみがきから始まり、会社に行くおじさん、仕事中のパソコンを必死に扱うおじさん、家に帰りぐったりのおじさん、お風呂に入るおじさんなど相当楽しめます!

「これはつまらないものです」と挨拶をするおじさんは、普段キャッシュレスでバーコード決済をしていると馴染みのあるバーコードに似ている「バーコード頭」が印象的!!

注意!ピッ!頭で決済はできません。(笑)

このおじさんとLINE友達になってしまって、「今日からワシと君は友達だよー」ってさっそくメッセージがきてしまいました💦

購入したスタンプを友達にプレゼントする

「ウォレット」→「スタンプショップ」→「購入したいスタンプ」タップ→ここに「プレゼントする」という文字が出てきます。

「プレゼントする」をタップして、友達の一覧から送りたい相手を選んで「プレゼントを購入する」をタップ、「確認」をタップすると送ることができます。

iPhoneとandroidは違うので、これはandroidのやり方となります。

iPhoneはLINE STOREで行ってください。

ためたポイントを昭和のおじさんに使ってしまった

今回LINEスタンプを2つ購入してしまい、400ポイント使ってしまいました。
「昭和のおじさん」ともう一つ購入してしまったので、LINEポイントの残が3369ポイントになってしまったので、また少しずつためていこうと思っています。

もう一つは何を買ってしまったかといいますと、「高田純次のしゃべる!テキトースタンプ」でWおじさんになってしまいました(笑)

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。