キャッシュレス

モバイル決済のLINE Pay(ラインペイ)マイカラーグリーンがお得

先日ネットショップで買い物をして、支払いはLINE Payで決済をしました。
請求書支払いを利用してバーコードを読み取って行いましたが、LINEポイントがもらえるので超お得な気分でした。

自分が買った物の支払いにLINE Payを利用して支払い、LINEポイントをもらったのです。

小さな金額かも知れないけれど、

一般庶民は政府が増税すると言えば、従わなければならないし、高くなった食材も購入しなければならないのです。
無い知恵を絞って少しでもお得を得ようと全国民の90%ぐらい↤(憶測です)は行動をしていくのではないでしょうか。

私はLINE Payを利用していますが、マイカラーはグリーンなので、2%のポイント還元を受けています。
マイカラーがブルーのときもありましたが、ブルーだと1%のポイント還元です。

1%と2%の違いを大きく感じています。

モバイル決済のLINE Pay(ラインペイ)マイカラーグリーンがお得

クレジットカード決済の場合は加盟店の決済端末からオンラインシステムで信用照会を行い、銀行口座から引き落とすときには金融システムを介することになります。

それらのコストが掛かることと、決済ができなかった場合なども費用が掛かってきます。

クレジットカードを扱う加盟店(店舗など)は手数料を支払います。今では当たり前にカード決済が田舎でもできるようになりましたが、30年前(古すぎ!?)ではカード決済だと店舗側が嫌がってました。

一部の店舗でしたが、バーゲンセールを行っていたのにカード決済の場合は安くしてもらえなかった記憶があります。

カード支払いは罪深いものなのか・・・なんて思ったりしました。

日本ではクレジットカードを利用している人が多いようですが、中国では「銀聯カード」よりウィーチャットペイやアリペイの方が多く利用されるようになったとのこと。

手数料や簡単に使えるということを考えると分かるような気がします。

キャッシュレス決済を進めようとしてる

政府が2020までにキャッシュレス決済比率を40%にするという目標を掲げています。

そういうことで、TVではペイペイ、ペイペイとCMが増えましたね。

田舎の主婦でクレジットカードを持っていない方も「なんか悔しいからカードを作る」って言ってましたが、スマホを使っているのでその方もスマホ決済もできるようになれば良いなと思います。

電通が12月に発表したキャッシュレス決済調査の結果では、2019年10月以降に最も増えているキャッシュレス決済手段はスマホ決済ということです。

利用者は増加中とのこと。

使う方としてみれば、キャンペーンやポイントなどがお得で、スマホ決済は使い慣れると簡単にできるので利用しますよ。

中国で起きていること

これは日本でもすでに起きていることだと思います。

中国では銀行での窓口決済が激減。銀聯カードも廃れてきたそうですが・・・。

中国ではウィーチャットペイとアリペイが革命を起こして、日本やアメリカはまだ遅れているそうです。
中国では銀行やクレジット会社ではリストラの嵐が吹き荒れているとのこと。

LINE Payマイカラーがグリーンだと2%のポイント還元

改めて1%と2%の違いを感じて、正直に言いますと教えていただいたのですが、1%の還元が1000円だとすると、2%だと2000円なのででした。

ポイントが増えていくのが大きいのです。

当たり前なのですが「倍」なんだ・・・と!

ですからいつもの生活でLINE PayならLINE Payを使うと決めて1つにまとめて使う方がお得ですね。

まとめ

改めて1%と2%の違いを感じて、支払いは統一、普段の食材などの買い物をする場所もできるだけ同じ場所にしようと思いました。
LINE Payのマイカラーグリーンは月の決済額が10万円以上でポイント付与率は2%です。

消費者還元事業での還元率(2%もしくは5%)を加算すると最大7%となります。

何度もこのブログで書いていますが、いつもの食材を買うのに、LINE Payのカードを発行してJCBカードが使える店舗で使うと、LINE Payポイントがたまります。

LINE Payはクレジットカードと紐付けはできません。

JCBカードの使えるお店でLINE Payカードで決済をします。

事前にチャージしているので、LINE Payカードで1回払いでの決済となります。

LINE Payは普段使いに最強!使い方簡単!超お得なポイント還元で、自分へのご褒美となります。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。