キャッシュレス

LINE Pay請求書支払い、コンビニに行かなくても決済ができる

コンビニで支払うのが面倒だったので、ネットショッピングの支払いをLINEウォレットの中の「請求書支払い」で支払ってみることにしました。
だいたいは銀行での引き落としかカード決済で済ましているので、LINEウォレットの「請求書支払い」は初めて利用しました。

自分が買ったものの支払いでLINEポイントが付くって嬉しいですね。(適用されているマイカラーによって付きます)

LINEコードリーダーを使い、LINEウォレットの残高から支払いをして、ポイントGET!

簡単ですが、やり方を説明します。

LINE Pay請求書支払い、コンビニに行かなくても決済ができる

田舎のスーパーでもセルフレジも登場していますが、「セルフ」と聞いただけで敬遠する方がいます。
難しそうと思うかも知れませんが、実際に利用してみるとすごく簡単。
キャッシュレス決済も敬遠されている方もいるようですが、意外と簡単にできちゃうんです。

自分でバーコードを使って公共料金も支払うことができるので、普段コンビニなどで支払っている場合は利用してみるとポイントももらえてお得ですよね。
コードリーダーで読み取り、簡単に決済ができてしまいます。

決済のやり方

LINEアプリのウォレットをタップします。
緑の + をタップします。(android)

「請求書支払い」をタップします。

次へ をタップします。

コードリーダーが画面に出てきます。

請求書のバーコードをスキャンします。(コードリーダーを請求書のバーコードの上に持っていき、読み取ります)

スキャンした内容を確認して、間違っていなかったら「支払う」をタップします。

支払いはこれで完了です。不安な場合はLINEウォレットの残高を確認してください。

取り扱っている請求書

東京電力エナジーパートナー・九州電力・東北電力・関西電力・神奈川県企業庁・阿久根市水道課・マキアレイベル・愛しとーと・ヴェントゥーノ・健康家族・こうげんどうなど。

公式ホームページで確認をしてください。

LINE Pay請求書支払い(公式)

今回私が支払った請求書の裏には、「お近くのコンビニエンスストア・ゆうちょ銀行または郵便局でご利用いただけます。」と記載されていましたが、○○Payでの支払いもできますとかは書いてないのです。

でも支払いは完了しましたし、LINEポイントも付きました。

注意しなければいけないこと

※受領証に領収印は押してもらえないので、LINE Payウォレットの決済履歴が領収書代わりになるとのこと。紙の領収書が必要な場合は注意が必要です。
※LINE Payウォレットで支払い、間違ってコンビニで払込票で支払ってしまった場合に、LINE Payでは返金はできないとのこと。
※支払い金額が50000円以上となる場合には、支払いができない場合があります。
※税金の支払いの場合は、LINEポイントは付きません。
※スマホのカメラ性能によって、バーコードを読み込むことができない場合もあります。
※支払い期限が過ぎている場合は支払いができません。
※スマホの通信状態が悪い場合も支払いができない場合がありますので注意!

手数料のこと

手数料が購入者負担の場合には、手数料が掛かってきます。

※支払い金額が10000円未満の場合・・・66円(税込み)
※支払い金額が10000円以上の場合・・・110円(税込み)

コンビニで支払っても収納代行会社によって違ってくる場合もあるかも知れませんが、10000円未満66円(税込み)、10000円以上110円(税込み)の手数料が掛かってきます。

まとめ

LINE Payウォレットの「請求書支払い」ができない場合は、払込票の裏に記載されているコンビニ、銀行などで支払いを済ませた方が良いです。

繰り返しとなってしまいますが、紙の領収書が必要な場合もコンビニ・銀行などで支払いを済ませた方が良いです。

50000円以上の支払いの場合、支払いができない場合があります。

LINE Payウォレットからの請求書支払いはクレジットカードの利用はできないので、ウォレット残高を確認してから支払うようにします。

デビット支払い(LINE Payに登録した銀行口座)はできますが、加盟店によって利用可能な銀行口座が異なるということなので、面倒なことになるかも知れません。

LINE Payウォレットから支払ったのにまた支払ってしまいそうな方は、払込票を処分するか、鉛筆などで「支払済」と日付と共に記入して置いた方が良いかも知れません。

LINE Pay請求書支払いをちょっとした支払いの決済に利用してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。