キャッシュレス

LINE Payカードを地元のスーパーで使ってお得にポイントGET

田舎ではあまり利用ができるところがないと言われているLINE Payカード決済ですが、ポイント2重取りもできることと、今年の3月末まで行われているLINE Payもらえるくじなども魅力の一つです。

LINE Payカードはプリペイドカードですが、JCBの加盟店でしたら使うことができます。

なかなか分かりにくいのですが、今回はこのようにして使ってみました。

先日もらえるくじで2000円が当たったので、その他にセブン銀行ATMから2000円チャージをして、地元のJCB加盟店のスーパーで食材の買い物をしました。

LINE Payカードプラス店舗のポイントカードでお得

クレジットカードを利用して食材の買い物はしていないので、LINE Payカードにチャージをして支払いをしてみました。

普段からカード決済をされている方はカードのポイントが付与されるので、それほど魅力を感じないかも知れません。

ポイントは前月の利用額に応じてマイカラーが変わり、カラーによってグリーン2%、ブルー1%、レッド0.8%、ホワイト0.5%となります。

マイカラー
※グリーン・・・決済金額が月10万円以上  →  2%
※ブルー・・・決済金額が月5万円~9万9999円  →  1%
※レッド・・・決済金額が月1万円~4万9999円 → 0.8%
※ホワイト・・・決済金額が月0円~9999円 → 0.5%

LINE Payカードを使い始めたばかりなので、カラーはホワイトなので、使った金額にポイントが0.5%分が付与されて、すぐにもらえるくじの案内がきました。

今回はくじで100円が当たりました。

ちょっとお得でしたね。

地元のスーパーの店舗ポイント

お店のポイントは通常200円で1ポイントが付き、ポイント3倍の日も月に何度かあります。月に5万円以上使っている人には翌月に使えるポイント2倍券が5枚発行されるのでこれもお得感があります。

各スーパーが競争になっていて、お得なところに買い物客が流れているような気がします。

ただポイントがお得ということは、その分が商品価格に上乗せになっているということですよね。

できるだけ目玉商品などを買って、料理の献立を決めることができれば良いと思っています。

LINE Payカードを上手く使う方法

クレジットカードを食材の買い物には使っていない場合は、月に使う食材費を給料日の後にLINE Payにチャージして置いて、LINE家計簿アプリと連動をさせて支払っていくと把握ができるし、節約をすることもできそうです。

月に10万円以上の決済でポイント還元率が2%となるというのは魅力だし、イベントがあるので情報を上手くGETしましょう。

クレジットカードを持っていない主婦の方はLINE Payカードを利用するとスーパーのポイントプラスで得しちゃいますね。

JCBの加盟店のスーパー、ドラッグストア、カラオケ、コンビニなど国内外で約3300万店舗で利用をすることができるのです。(一部利用ができないところもあります)

注意すること

LINE Pay残高が足りなかった場合ですが、足りない分を現金やクレジットカードで支払うことはできません。

LINE Payは一回の決済になります。残高が足りない場合はLINE Pay決済をすることはできません。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。