キャッシュレス

1ポイントが1円、LINEポイントをLINE Payの残高に交換

消費をするときって普段は節約をしていて、使うときにはドン!と使う人が多いのではないでしょうか。
そういう方がQRコード決済を使うとウハウハが止まりません。(笑)

ドン!と使ったわけではありませんが、本日、コンビニのミニストップでLINE Payコード決済で昼食代など890円を支払い、ポイントが34ポイント付きました。(マイカラーがブルーです)

こんな感じで10日間ほど昼食代をコード決済で支払うとポイントで何か買えちゃう!

セコイと思わないでくださいね。物価は上昇して、何度も書いていますが消費税は上がるというし、また物価が上昇、消費者も知恵が必要です。

いつも使っているLINE PayのポイントをLINE Payの残高に交換する方法を書きます。

LINEポイントをLINE Pay残高に交換する方法

ポイントをためるのにキャンペーンの参加や関連サービスなどを利用をしてみると、買い物をしなくても少しずつポイントをためることができます。

たまったポイントは支払いのときに使うことができますが、LINE Payの残高に交換することもできます。

LINEアプリを開いて右下のウォレットをタップします。

ウォレットの「LINEポイント」をタップします。

「貯める」と「使う」とありますが、「使う」をタップします。

プレミアムサービスの画面になりますので、「LINE Pay」をタップします。

交換を行うと、買い物や友達や家族への送金などにも使うことができます。
交換したいポイント数を指定して入力します。

ポイントをすべて交換する場合は「ポイントをすべて使う」を指定するとLINE Payの残高に交換できます。

「もらえるくじ」で当たってお金がチャージされるときも直ぐに通知が届いて残高に反映されますが、ポイントを交換するときも通知が届きます。

改めて書きますが、交換ポイント数 1ポイント → 1円 です。

LINEポイント交換を行うにはユーザー情報の登録が必要です

ユーザー情報の登録をしていないとポイント交換ができないので、前もってユーザー情報は登録をして置いた方が良いと思います。

名前、住所、生年月日(プロフィールの登録です)を登録します。

登録を行うとポイント交換ができます。

LINEの設定画面の設定から登録情報をタップするとパスワードの入力画面が出て、パスワードを入力すると登録情報の確認ができます。

コード決済を行うときにもパスワードの入力画面が出るので面倒なような気もしますが、安全に使うためには必要だということでしょう。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。