キャッシュレス

毎日使うLINE Pay(ラインペイ)ポイントの有効期限と確認方法

LINE Payを日々の生活の中で使っていると、少しずつでもLINEポイントがたまってきます。

少したまってくると、ポイントの有効期限はどうなっているのか気になってきます。

少したまってから決済時にポイントにチェックを入れてポイントを利用することもできます。
LINE Payは決済時にチェックを入れてポイントを利用できる

少しためてから利用をしようと思っているのでしたら、ポイントの有効期限は知って置いた方が良いと思います。

LINEポイントの有効期限はどうなっているの?

ポイントは最後のポイントを取得した日から180日間(取得日を1日目とします)新たな取得がなければ失効します。

ポイントの利用、交換ができなくなります。

どんな場合でも失効したポイントを復活することはできません。

有効期限の異なるポイントを保有している場合、有効期限が早いポイントが先に使用されます。

普段利用をしていないと半年ぐらいはあっという間に過ぎてしまい、ポイントは全部なくなってしまいますので、注意が必要です。

ポイントの有効期限の確認をしてみましょう

でも頻繁にLINE Payを使っているのでしたらポイントが失効することはないので心配はいりません。

ただし、期間限定ポイントの場合はキャンペーン毎に有効期限が設定され、ポイント獲得によって有効期限が延長されることはありません。

有効期限を過ぎると、所持している対象ポイントが失効しますので注意してください。

私のようにいつものスーパーでLINE Payカード決済を行っているとポイントが失効することはないのですが、ただ古くなったポイントはどうなるのか気になっていましたので確認をしてみました。

LINEアプリのウォレットをタップします。

LINEポイントをタップします。

P1327(現在は1327ポイントあるということです)の横に「履歴」があるのでタップします。
(スマホで見ると分かりにくいのですが、「履歴」と書いてあります)

LINEポイント履歴画面になって有効期限が書いてあります。
獲得履歴使用履歴も見ることができます。

ポイントにチェックを入れて使用をしたときとLINEコインに自動変換をしたので、実際のポイントは1700ぐらいになっていました。

約2ヶ月の利用で「いつもの生活」での利用です。

LINE Payカードでは、ポイント獲得まで2日から数日かかることがあります。
利用をする店舗やサービスによってポイントの獲得までのタイミングが違ってきます。

「追加ポイント」として後から入ってくる場合もあるので、「ポイントが付かない!」と慌てないで下さいね。

LINEポイント履歴を見て感じたこと

QRコードやバーコードを自分のスマホに表示させたり、読み取って支払うコード決済を利用してみて感じたことですが、ポイントがお得なことと、サービスポイントも付与される場合もあります。

たとえばウォレットから支払い履歴を見てみると、コード決済で3657円決済をして、ポイントが138ポイント付いていました。
別にTポイントを得ています。

普段コード決済ではLINE Payを利用していますが、他のコード決済でも使い方はほとんど同じとのことですので、専用アプリをダウンロードをして、自分の情報や支払い情報を入力すると利用できると思います。

LINEは使っている人は多いので、地域に関係なく(コード決済が使える店は限られていますが)使えることと、普段使っているアプリだとその便利さを確認できます。

田舎街を見ていますと、昼食をコンビニで買っている人が多いような気がします。
個人間送金を使い、家計を預かる奥さんがご主人に昼食代を送ることもできますね。(笑)

個人間送金のキャンペーンなども行われるかも知れないので、そのようなときに小さくてもポイントをGETしましょう。

もらえるくじのキャンペーン期間中はLINE Payで決済をすると、1円から200円が一回のくじで当たるので、それも楽しみです。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。