LINE

LINEほけんの旅行保険に加入、携行品損害(カメラ)を守りたい

何かあったときに家族には迷惑をかけたくないといつも思っているので「保険」には入ってはいますが、今回3日間だけの旅行保険にLINEで加入しました。

旅行代金をdカードGOLD払いにすると保険サービスも付帯されていますが、今回はdカードGOLDを使うことができなかったので、別の旅行保険に入ることにしました。

LINEほけんはLINEの金融事業部分LINEFinancial社と損害保険ジャパン日本興亜によって生まれたもので、2018年10月よりサービスが開始されています。

スマホのLINEアプリから簡単に加入することができて、保険の種類も多いです。

何が起こるか分からないので保険に入ろうと思い、簡単、気軽に加入ができて、面倒な手続きがないという所が気に入りました。

LINEほけんで旅行保険に加入してみました

旅行関係の保険商品

旅行関係保険の種類
※アジア旅行保険(エコノミー)
※国内の旅安心保険
※国内の旅安心保険+
※アジア旅行保険(エコノミー)
※アジア旅行保険(ビジネス)
※アジア旅行保険(ファースト)
※中南米・アフリカ旅行保険(エコノミー)
※中南米・アフリカ旅行保険(ファースト)
※欧米・オセアニア旅行保険(エコノミー)
※欧米・オセアニア旅行保険(ビジネス)
※欧米・オセアニア旅行保険(ファースト)
(2019年5月現在)

加入したのは「国内の旅安心保険+」

保険の加入手続きが簡単!

国内の旅安心保険は国内旅行中の思いがけないケガや賠償責任、そして私にはここが大事!撮影時に誤って落としてしまったカメラ、持ち物の損害を補償してくれます。
また留守中の家財盗難補償、地震によるケガも補償してくれるという内容になっています。

保険の期間は自分で選択ができるようになっています。

開始日選択を行い、終了日の選択を行うと保険料が表示されます。

583円!!!(1人)

保険期間は3日間。
保険金は死亡・後遺障害保険金が125万円、入院補償金日額3000円、賠償責任1億円、携行品損害10万円、留守宅家財盗難補償40万円となっています。

この中で携行品損害のことを詳しく書きます。
というのもカメラを落としてしまったことがあって、事故など「何があるか分からない」とは思いますが、カメラを旅行中に壊してしまう可能性は事故とは比べられないほど大きいと思いますので。私の場合(苦笑)

携行品損害保険金はどのようなときに支払われるのでしょうか

携行品とは被保険者が所有していて、被保険者が住んでいる住宅外で使用をする個人用の在宅動産のことです。
カメラ・ゴルフクラブなどです。(旅行行程中に携行する身の回りのもの)

商品によっては携行品に含まれないものもあります。

今回私はカメラのことを携行品としていますが、「携行品に含まれないもの」はどのようなものかといいますと、印紙、有価証券、切手、預金通帳、キャッシュカード、クレジットカード、設計書、船舶、自動車、原動機付自転車、義歯、コンタクトレンズ、動物、植物、危険なスポーツのための用具など。

携行品保険金の支払い(一部抜粋)

旅行行程中に日本国内において発生した偶然な事故により携行品に損害が生じた場合、被害物の時価を基準に算出した損害額から自己負担額(1回の事故につき3000円)を差し引いた金額をお支払いします。重要事項説明書より

保険料の支払い

保険料の支払いですが、LINE Payアカウントにチャージしている残高から支払いました。
LINE Payに登録をしたクレジットカードでも支払うことができます。
私がいつものスーパーで利用をしているLINE Payカードは利用することができません。(プリペイドカード)

「重要事項等説明書」をダウンロードする

スマホで契約をして支払いをLINE Payで済ませました。

重要事項説明書をスマホにダウンロードしました。

通知の履歴からダウンロードした書類を確認をして読みました。
その後、また書類を確認しようと思いましたが、スマホの中の書類がどこにいったのか分からない!

通知履歴は一度表示をすると消えてしまうのです。

私が行った方法、ダウンロードした書類の探し方を書きます。
スマホはandroidを使っています。
ダウンロードを行うと、特定のフォルダに自動で保存されます。
アプリGoogle chromeをタップ、右上の「︙」をタップします。メニューが出てきますので、「ダウンロード」をタップするとダウンロードした一覧を開くことができました。

スマホにダウンロードしてあるので、何度でも確認をすることができます。

まとめ

今回旅行に行くためにLINEほけんに加入しました。
LINEウォレットから♡のアイコンの「ほけん」をタップしてみると、多くの種類の保険があります。
自分が入っている保険を補う形で、必要なときに入ってみるのが良いかなと思います。

通常保険に入っても小さな字でごちゃごちゃと書いてある約款などは読みにくいし、読まないのではないでしょうか。
LINEほけんはスマホで確認をすることが簡単にできてしまい、重要事項説明書も読むことができます。

LINEほけんは損害保険会社の大手企業損害保険ジャパン日本興亜火災と契約を結んであるので、安心かなと思いました。

保険の種類で良いと思ったのは、「わたしの弁護士相談保険」で、いじめやハラスメント、精神的苦痛を与えられたときに弁護士さんに相談をするための保険で、ひとりでくよくよ悩むのなら弁護士さんに相談をしてすっきりとした方が良いですよね。

このような保険もあるので、LINEアプリを導入している方は見てください。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。