昔々のお話

【伊豆伝説集】を読んで伊豆の天変・地異・災厄を考えてみました

昭和6年に発行された伊豆の昔から言い伝えられてきた伝説の本に出会うことができました。「伊豆伝説集」という本です。

古本なので本屋さんでは売られていないかもしれないです。

過去の災害にもつながっているのかもしれない伝説は、後世に伝えているのだと感じました。
天変・地異・災厄・・・伊豆ではどのような災害が起きたのでしょう。

地震や噴火、土砂崩れなどの災害、昔は多かった大火事なども頻繁にあり、繰り返し起きる災害に立ち向かってきた人達の様子が伝わってきます。

【伊豆伝説集】を読んで伊豆の天変・地異・災厄を考えてみました

「伊豆伝説集」は昭和6年に発行された著・後藤江村 発行所 郷土研究社の古本です。

静岡県の伊豆地方で実際に起きたことや、言い伝えられてきたことが書かれています。

承和8年(841)7月1日の地震

伊豆伝説集から

「正史(歴史書)に留められた最初の地震であろう」と書かれていた地震は、承和8年(841)7月1日に起きた大きな地震です。

承和8年(841)2月13日には信濃国で大きな地震が起きていました。

その3年前承和5年(838)には神津島(伊豆七島の一つ)で大噴火が起きていました。

承和8年(841)2月に起きた伊豆地震の震源は丹那断層であると考えられるそうです。
丹那断層は箱根の芦ノ湖から伊豆市修善寺まで続く活断層です。

約700年から1000年の周期で定期的に大きな地震が起きています。

「伊豆伝説集」が発行されたのは、昭和6年となっていますが、発行される前の年の昭和5年(1930)に北伊豆地震が起きていました。

このときの断層のズレは現在の伊豆市で見ることができます。

また昭和5年(1930)には当時「伊東地震」と言われていた群発地震が起きていて、約半年間も続いたそうです。

慶長年間の大地震

「伊豆伝説集」に書かれている次の大地震のことは、慶長元年の5月の大地震です。

慶長年間は1596年~1615年。

正確には慶長伊予地震、慶長豊後地震、慶長伏見地震発生は文禄5年であり、その後、これらの天変地異を期に文禄から慶長に改元されているため、歴史年表上では慶長元年となる。Wikipedia

Wikiped書いてありますが、慶長の大地震は日本列島で起こった地震で、慶長伊予地震、慶長豊後地震、慶長伏見地震です。

そして慶長19年(1614)10月、江戸時代初期に起きた大地震?では、伊豆一帯の被害も甚大だったとあります。

元禄地震 元禄16年(1703)

こちらは他にも資料も残されているようですが、「伊豆伝説集」にも「元禄十六年十一月二十三日夜の大地震は伊豆沿岸一帯に大津波があり、人畜の死傷も多かった」とあります。

東浦宇佐美(現在の伊東市宇佐美)で死者六百、伊東二百、その他各地でもそれに準じたと伊豆伝説集には書かれています。
他の本には伊東では東浦宇佐美で家屋の大半が流出、死者380名くらい、伊東和田村で163名、新井村18名、川奈村200名くらいと書かれていました。

また、多賀(現在の熱海市多賀だと思います)津波が大きかったとみえて、海面よりも十丈(じゅうじょう)も高い丘の木に海藻が乗っていたそうです。
十丈とは30.3メートルぐらいです。

宝永東海地震 宝永4年(1707)10月

東海道沖から南街道沖が震源域、南海トラフ沿いですね。
この地震については「伊豆伝説集」には詳しく書かれていません。
同じ年の11月には富士山が大噴火。

天明、文化の頃の地震

伊豆伝説集には天明、文化の頃にも地震があり、これも強震だったということです。詳しくは書かれていませんが、天明2年(1782)小田原地震、文化9年(1812)の神奈川地震のことだと思います。

安政の大地震 安政元年(1854)11月4日

伊豆伝説集によると、最も強烈であったということです。
三島町は全部倒壊、三島明神も破損、修善寺温泉はこのときに温泉が絶えて、田中村(田方郡田中村)ではもの凄い彗星が見えたと書かれています。
もの凄い彗星!?
「その尾は弁天をまくっていた」と表現されていて、人々が動揺したそうです。
彗星と地震とのつながりをネットで探してみると、次のような記事が見つかりました。
昭和6年発行の本に地震が起きたときに彗星が見えたと書かれていたことに驚きました。

地震の発生原因として彗星の到来が有力視されている理由:彗星の接近が巨大地震をもたらす? | ビジネスジャーナル

本に「彗星」が見えたと書かれていても、どういうことなのだろうと軽く流していましたが、「彗星」と「地震」が結びついて興味深いです。

安政の大地震では、この時代ですから山に逃げた人々は小舎を建てて避難をしていたそうです。

元禄地震が起きたときの体験談

元禄地震が起きたときに東浦宇佐美村の名主の家系である方の体験談です。

こちらは「伊東の今・昔」という本を参考にさせていただきます。

はじめはゆっくりと揺れ、だんだんと激しく揺れてきて、外に出ると藪の中や山側へ駆け上がった者が数百人いたそうです。

夜中の2時頃に発生していますので、寝ていた人たちは、その後に襲来した津波によって沖合に引き取られたいったと・・・。

半里(約2キロ)ほど沖合に迫ってきた津波は、黒い雲に白布の帯をしたように見えた。

山のように海岸へと押し迫って陸地へと打ち上げ、浜通りの300軒余りの家屋が押し倒されて沖合へと流されてしまいました。

体験談を読むと、地震発生後にまもなく津波が押し寄せているようです。

まとめ

その後、大正12年(1923)に関東大震災が起きましたが、これは地元にも資料が残されていますし、ネットでも被害の状況がわかる画像を見ることができます。

大きな地震は歴史を振り返ると何度も起きていて、その度に伝説が生まれ、後世のために言い伝えられてきて、伝説本として残されてきました。

地震だけではなく、飢餓や洪水や大火なども起きていますし、伝染病なども発生しています。

江戸時代、享保17年の凶作のときは、人々は野山で山芋、フキなどを競って採って、それが無くなると草根木皮を食った・・・と書いてあります。

100年も経つと大きく世の中は変わりますが、今の人もどこかで先人が残したモノを追っているような気がしています。

「心のふるさと」?ずっと守られてきたことはこれからも残していきたいですね。

江戸時代、伊勢国古市で起きた油屋殺傷事件「伊勢油屋騒動」

大江定基(おおえさだもと)と力寿姫(りきじゅひめ)の悲恋

平安中期の女性の嫉妬・妬み、呪いの人形と糞尿、ヒソヒソ話、無視

山梨県北杜市の金生遺跡(きんせいいせき)の用途不明?の石棒

恐ろしき女の執念!?道成寺の安珍清姫(あんちんきよひめ)の伝説

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。
こちらの記事もおすすめ!