おしゃれ

ヘアカラーとヘナのメリット、デメリット、地肌の影響は?

しっとりとして艶のある髪でいつまでもいたいのに、いつの間にか・・・

女性もストレスや年齢によって薄毛や白髪などに悩まされますね。

薄毛は遺伝だと思っていましたが、女性も30代後半から40代に差し掛かってくると、薄毛や抜け毛といった悩みが増えてきます。

その背景には、加齢とともに女性特有のホルモンの乱れ、更年期の影響があると言われています。

女性ホルモンが減少してくると、肌はカサカサ、髪はボサボサ・・・なので40代からは、意識的にホルモンのバランスを整えるなどの工夫をしていきたいものです。

ヘアケア用品などの見直しも必要かも知れませんね。

でも正直、何が良くて、何が悪いかが良く分からない・・・。

「ヘアカラー」と「ヘナ」とどちらが良いの?

40代ぐらいからの本格的なヘアケアを考えていきたいと思います。

白髪が増えてきた、う~ん、でも白髪染めはちょっと・・・おしゃれ染めのカラーリングは手放せないという女性は多いと思います。

手間いらずで手頃な「ヘアカラー」を続けていくか、それとも今後の髪の健康を考えて天然成分の「ヘナ」で整えていくか迷う人も多いと思います。

そこで、ヘアカラーとヘナそれぞれの特徴を調べてみました。

ヘアカラー

一般的にヘアカラーは、髪を明るく染めて、さらに白髪も綺麗に染めてくれる頼もしい存在です。

白髪染めに一番良いとされる、アクリルカラーは、一度染めた部分の色が落ちにくく色持ちが良いという特徴があります。

自宅でも美容室でも気軽に染めることができ、髪色も好みのものを選ぶことができます。

しかし、ヘアカラーをする際は、トリートメントをしてからでないと、髪の乾燥、枝毛、切れ毛の原因になります。

髪への負担は大きいので、ヘアカラーをしたあとは、もう一度しっかりトリートメントでケアをしておく必要があります。

ヘンナ(ヘナ)

ヘンナ(ヘナ)は、ミソハギ科の植物の名。和名は、指甲花(シコウカ)・ツマクレナイノキ・エジプトイボタノキ。学名は、Lawsonia inermis。主に、マニキュアやヘナタトゥーなどの染料として古代から使用されてきたハーブである。Wikipedia

ヘナは、天然の植物が原料であるため髪染めしても、髪を傷めにくいです。

逆に使えば使うほど、髪の毛を健康にしてくれるという特徴があります。

ヘナはカラーリングよりも、白髪染めを目的に、自宅で染めたいという人には向いています。

しかし、ヘナでは髪の毛は明るく染まりません。

根元に生えてきた黒髪を明るくすることはできないので、もともと明るい色にほんの少し色がのる程度です。

カラーリングをしたければ、別途カラーリングをする必要があります。

その際も、ヘナを使用した後しばらくは、カラーリングしても色味がでないので、ヘナが自然に落ちるまで待つ必要があるなど、意外と手間がかかるのです。

地肌への影響ですが、知り合いのアレルギー体質の人がヘナを使っていますが、その人はアレルギー反応は出ないと言ってました。

人によって違いもあるかも知れませんので、心配な方は合成されたものでない、天然のものの良い品を選んだ方が良いと思います。

無添加ヘナの白髪染め

製品の品質と鮮度、安全で安心をモットーに徹底された製品の製造をされています。

なんと!2人に1人の割合でリピーターがいるのだとか!

是非詳細を見てください。

まとめ

このように、ヘアカラーとヘナではそれぞれメリット、デメリットが存在します。

年齢とともに白髪染めやヘアカラーが合わなくなってくることや、産後に体質が変わって肌が弱くなることもあると思います。

薄毛、抜け毛の予防のためにみ、髪質の変化などに合わせて、ヘアカラーかヘナか、考えてみるとよいかと思います。

また、シャンプーやコンディショナーなども同じブランドでそろえる方がおススメです。

同じブランドですと、お互いの成分を補うように作られています。

美容院で勧められたのですが、地肌の健康を保つためには、シャンプーブラシを使う方がよいそうです。

地肌に負担をかけない柔らかい素材のもので、地肌を傷つけないように優しく洗いましょう。

若くてもグレイヘアにする人増えて来ました

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。