健康

お茶でうがいをして風邪予防と実際にのどの痛みが和らいだという話

テレビで○○の健康維持に「○○が良いですよ」と放映されると、翌日にはスーパーで購入する女性がいます。

40代の女性の方ですが、「健康」とか「美容」などのワードに反応が早く、取りあえず良いといわれるものはすべてにチャレンジするのです。

翌日にスーパーに行くとすでに売り切れていたということもあるそうなので、反応の早さは彼女だけではないのですね。

1日~2日ぐらいはスーパーから「良い」とTVで放映された食材は消えますが、その後は普通に売られているので、多くの人がテレビの影響は受けてもすぐに飽きてしまうのかも知れませんね。

今回はお茶でうがいをすると風邪予防に良いとテレビでやっていて、早速女性はお茶を購入するためにスーパーに行ったという話です。(お茶が家に無かったのか?笑)

お茶でうがいをして風邪予防と実際にのどの痛みが和らいだという話

冬になり寒くなってくると風邪やインフルエンザが流行ってきます。

テレビでニュースを見ると、日本全国で雪情報が流れてきて見ているだけでも風邪を引いてしまいそうになります。

時々吹く強風。空気は乾燥し風邪やインフルエンザのウィルスが猛威を振るっているような気がします。

ウィルスは喉や鼻の粘膜にくっついて体内に取り込まれるようですが、このウィルスに抜群の効果を発揮するもののひとつがお茶だと言われています。

お茶の中でも緑茶はカテキンが含まれているので、緑茶でうがいをすることでのどについたウィルスをやっつけてくれるそうです。

これを知った40代の女性はすぐにお茶でうがいをすることに挑戦!

スーパーに安いお茶を買いに行きました。

うがいをするためのお茶なので、安い物で良いそうです。

緑茶でうがいをするとカテキンには抗菌や殺菌効果があるので、食中毒や虫歯予防もできると言ってます。

良くそういう話を聞きますがどうなのでしょう~?

緑茶が風邪予防、食中毒予防、虫歯予防になるのでしたら「緑茶様」ですね。(笑)

緑茶でうがいをすることは、風邪予防に良さそうですが、お茶をこまめに飲むことも風邪予防になりそうですね。

虫歯予防に良いというのは、カテキンの抗菌作用が虫歯菌の繁殖と歯石がつくことを防いでくれるからだそうです。

知り合いから聞いた話なのですが、そう言われてみると、「そうかな~」と思います。
多くの人がお茶を愛することからも分かりますが、効果があるのでしょうね。

番茶でうがい

番茶というのは少し古いお茶というイメージがあったのですが、新芽を摘んだあとの古い葉で作るので、やはりイメージ通り!?でも好みというのもあるので、好きな人は好きだと思います。

番茶でうがいをすることも良さそうです。

うがいは飲むお茶の濃度の4分の1ぐらいで十分なので、飲み残しのお茶で十分です。

お笑いコントなどでやっている「ゴロゴロ・・・ゴックン!」といううがいのしかたはおススメできません。(笑)

万病の元の風邪を防ぐためにキチンと正しくうがいを行ってください。

お茶を食べる

風邪の予防に良いお茶は、ビタミンcが煎茶100ℊ中には250mg、レモンは100ℊ中に90mgですので、煎茶には2.5倍のビタミンcが含まれていることになります。

茶殻をそのまま捨ててしまうのはもったいないです。

茶殻にはお茶に溶け出さなかった成分が残っていますので、茶殻を料理に利用することができます。

たとえばおひたしにしたり、お菓子も作ることができますので、ネットで調べると茶殻料理レシピもたくさん出てきますので、参考にしてみてください。

40代でも50代でも60代以上のかたもお茶で健康と美しさを手に入れたいですね。

私はお茶が大好きなので、一石二鳥となりそうです。

お茶の種類により入れ方も違いますので、ゆったりとお茶を楽しみ、心にゆとりもほしいですね。

春になると新茶が販売されますが、新茶を飲むと不老長寿になると言われています。

また無病息災だともいわれて言われていますね。

それだけ新茶には多くの栄養分が含まれているということなのでしょう。

八十八夜の頃が楽しみです。

出がらし茶の利用

料理に使わなくても茶殻や出がらし茶はお風呂に使うことができます。

お風呂に入れると疲れも取れて、肌にも良いそうなので、ガーゼに包みネットなどに入れて浴槽に入れます。

経済的なので是非試してみてください。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。