昔々のお話

八百万(やおよろず)の神<最強>美しい女神たちにパワーをもらおう

ずっと大昔から変わらない「人のこころに存在する厄介なもの」この厄介なものがあるから、地上のあちらこちらに神々が存在するのだと昔話を読んでいると感じます。

何十年も何百年も生きてきた木に宿る神。山や海を守る神。火や水の神。

人のこころに繋がる神が存在し、そこには豊かな世界があります。確かなことは、小さな小さな神社でも守ってきたのは人間ですし、ご先祖様なのかもしれないということです。

心の中の厄介なものが現れると神を求める、すがるしかなかったりしますね。

ここでは有名な八百万の神(やおよろず)の中の女神のことを書いていきます。

前にもこんな記事を書いてます。

八百万(やおよろず)の神<最強>美しい女神たちにパワーをもらおう

昔話や伝説を読んでいると美しく強い女神たちが登場します。
エネルギーに満ちあふれ、自然の生命力の強さを感じることができます。

エネルギーに満ち満ちている女性の神様、ご紹介します。

木花咲耶姫神(このはなさくやひめのかみ)

桜の季節にこんな神様がいることを思い出してください。
木の花が咲く・・・美しい女神様で、「大山祇神(おおやまづみかみ)の娘で天孫二二ギ神「ににぎのみこと」と結婚して三人の子を産みました。

美しい木花咲耶姫神(このはなさくやひめのかみ)には多くの伝説が残されています。

木花咲耶姫神(このはなさくやひめのかみ)には磐長姫神(いわながひめのかみ)という姉がいます。
日本書紀では「石長比売(いわながひめ)」と書かれているので、山の岩の神ということです。

花はあっという間に散ってしまいますが、岩はずっとそこにあったりしますね。
長生きをするということで、良い組み合わせですね。

姉のいわながひめは妹のこのはなさくやひめとは違い、醜い容姿の娘でした。

ににぎのみことは美しい妹に惚れて父親のおおやまづみかみに結婚を申し込みました。おおやまづみかみは姉妹をににぎのみことに送りました。

ににぎのみことは美しい妹のこのはなさくやひめだけを置いて、醜い姉のいわながひめは返してしまいました。

おおやまづみかみは「妹は木の花のようにはかない命。だから岩のように長い命の姉と二人を送ったのに、ににぎのみことの命もはかないものとなるでしょう」と言いました。

ににぎのみことの命は短いものとなりました。

姉のいわながひめは「私を妻に選んでいたならば生まれてくる子供は岩のように長い寿命をもったでしょう」と語ったのだとか。

人間の寿命が短くなったのは、ににぎのみことが木の花のように、はかなくて美しいこのはなさくやひめを選んで結婚をしたからと言われています。

神様は平等に良いところを与えてくれるのですね。

このはなさくやひめには伝説がたくさん残されていて、私が住む地域でも探すとこんなにありました。

富士山に伝わる木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の話

天照大神(あまてらすおおみかみ)日本の総氏神

あまてらすおおみかみは八百万の神のなかでも有名な女神で、伊勢神宮に行くのでしたら理解して置きたいですね。
天照大神は天に照る神様ということで、天皇の祖神として伊勢神宮に祀られています。

「お伊勢様」と言われていますよね。

太陽神であるあまてらすおおみかみは地球上の生物が生きていく上で必要な太陽のエネルギーなのです。

子供の頃に読んだ本でずっと忘れることのできない話に、「天岩戸隠れ」というのがあります。

あまてらすおおみかみと弟のスサノオの2神が深く関わる天岩戸神話は、皇位継承の証である三種の神器が誕生する物語です。

あまてらすおおみかみのもとに居座っていたスサノオは田を壊したり、馬の皮を剥いだり、神殿に汚物をまき散らすなど乱暴なことを繰り返していました。

弟のスサノオ尊の暴力に耐えられなくなったあまてらすおおみかみは洞窟に隠れてしまい、戸をぴたりと閉めてしまいます。
世の中は真っ暗になってしまいました。

国中に災いが起きてしまいます。

「さあ、どうしたら良いものか」

そこで神々は鏡、その他のお供えものを用意して、あめのうずめがみがセクシーな踊り(ストリップ)を踊り、それを見ていた神々が大笑いをします。

興味を持ったあまてらすおおみかみは少し戸を開けてのぞきました。
そこをあめのたじからおがみ(最強の腕力を持っている)が戸を開けてしまいます。

世の中は明るくなりました。

この物語は日食と関係があるという説もあります。

古代の人々が太陽が隠れることを恐れていたと思えますね。

穀物の収穫を失う恐れに繋がると言われています。

あまてらすおおみかみは実は男神という説もあるとのこと。
実に勇ましい姿を見せるときがあり、弓矢をフル装備し、勇ましく戦う姿は男神そのもの。途方もないパワーの持ち主であったとされています。

男性的なパワーを持っていたからと言われています。

皇祖神として崇拝されるようになったのは、このパワーへの強い信仰があったからということです。

宮比神(みやびのかみ)あめのうずめ

日本の芸能の始祖とされる神です。
天岩戸に隠れたあまてらすおおみかみの関心を引くため踊りを披露しました。
上記ではストリップと書きましたが、盛り上がってくると胸をはだけ、衣を下げて舞い踊ったということです。

芸能の神とされていますので、現代でも芸人や俳優からも信仰されているそうです。

神功皇后(じんぐうこうごう)

神の子を産む聖母として代表的な存在の神功皇后(じんぐうこうごう)は、母子神信仰として息子の応神天皇と一緒に神として祀られています。

母子神信仰は、霊的能力の高い女性が処女で受胎して神の子を産むという信仰です。

<鎮懐石伝承>

新羅遠征中におなかの子が生まれそうになったため、皇后は卵形の美しい石を2つ腰に付けて呪いとしました。
出産を遅らせようと祈ったので、築紫国で無事に出産をすることができたということです。

<鮎釣りの物語>

新羅遠征前の話となります。神功皇后は縫い針を曲げて米粒をつけたものを川にたらし「もしも遠征が成功するのなら、鮎よ、この針を飲みなさい」と言ったそうです。

するとたちどころに鮎が釣れて、皇后は大変喜び、「めずらの国」と名付けました。
これが「松浦(まつら)」の語源となったということです。<肥前国風土記(ひぜんのくにふうどき)>

豊玉姫命(とよたまひめのみこと)

豊玉姫命(とよたまひめのみこと)は海の神様の娘さん。姿かたちの見目麗しい(美しい)女性です。
妹が玉依姫命(たまよりひめのこと)神霊が依り憑く(よりつく)という意味。

神話では豊玉姫命(とよたまひめのみこと)は海神の宮にやってきた山幸彦(ホオリ命)と結婚します。
子供はうがやふきあえずのみことで神武天皇の父です。

この結婚で豊玉姫命(とよたまひめのみこと)は海の神の霊力と山の神の霊力をなかだちしたということになります。

富、権力、子孫繁栄の聖母神様です。

浦島太郎の昔話、龍宮城の乙姫様がとよたまひめのみことと言われているとのこと。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。