ブログ

実際に経験をした葬儀、お墓の建立のこと

最近では葬儀のやり方も変わってきたような気がします。
仕事の関係で葬儀屋さんに行くことがあるのですが、小さな斎場でひっそりと葬儀を行う人も増えてきました。

ただ私の考えでは大切な人をちゃんと見送りたいと思って、できるだけのことはしてきましたし、そうするべきだと思っているのです。
最近では自分のことだけを中心に過ごしている人も多いような気がしています。

派手な神社などに参拝して自分の幸せを祈ることよりも大切なことは、ご先祖様を大切にすることだと思います。

亡くなった身近な人に会いたくなるときはありますよ。
「みんな元気で過ごしているよ」「見守ってね」そういう気持ちが大切ではないのでしょうか。

実際に経験をした葬儀、お墓の建立の記事をまとめました。

墓地は前もって購入をしていましたが、義母が亡くなったのでお墓を建立しました。
家を建築し、子供を大学に入れて、お金の掛かることばかりだったので大変でしたが、夫婦でフルに働き50代でお墓も建てることができました。

今の時代、無家名墓や夫婦墓、おひとり様のお墓も増えてきたようです。
田舎では樹木葬や海に帰りたいという方もいらっしゃいます。
お墓選びも人それぞれになってきたような気がします。

分かっているつもりでもいざとなるとどうしたら良いのか迷ってしまいます。
香典袋の書き方やお通夜の席でのメイクのことなど、そしてお悔やみに失礼のない言葉のかけ方などを書いてあります。

悲しいことですが必ず訪れること、大切な家族との別れを経験して、葬儀の手続きや掛かった費用のことなどを書きました。
お通夜や葬儀の打ち合わせなど忙しく時は流れましたが、無事にお葬式を終えることができました。

最近では小さなお葬式を行う方が増えてきたそうです。

葬儀は急に訪れることもあります。費用のことが心配になります。

私の経験でも不安の中で何をどうしたら良いのか不安と葬儀屋さんへの手配などで、追われてしまい、父親や義母とお別れがきちんとできたのか悔やまれました。

「いつかはあること」なので資料を取り寄せて置くことは必要かなと思います。

家族のためだけではなく、自分でも自分の遺志を家族に伝えて置くことは必要です。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。