健康

40代女性~うつ病?最近の1ヶ月を振り返りチェックしてみよう

誰にでもあることだと思いますが、些細なことで落ち込んだり、何もしたくなくなったり、悪い方向に考えが進んでいくことってありませんか?

うつ病までいかなくても小さなうつ症状が出ているのかも知れませんね。

放って置くと本当に「うつ病」になってしまうかも知れないそうです。

それも気づかないうちに症状が進行してしまうこともあるというので困ったものです。

関係があるかどうかは分かりませんが、最近、道路にゴミが散乱しているのを良く見かけるのです。

少し前まではそのようなことは無かったのに、車からゴミを投げている人がいるのを見たという人もいます。

うつかどうかは分かりませんが、心が乱れていますよね。

40代~の知り合いの女性のうつの症状を書いてみました。

ストレス社会の昨今ですので、このようなうつの症状ありませんか?あなたもチェックしてみてくださいね。

duy_ittn / Pixabay

うつなのかチェックしてみましょう

※知り合いの人がご主人が亡くなった後にうつになり、(病院には行っていません)現在は回復しているのですが、その方に聞いた話です。

次のような症状が現れたそうです。

※ ご主人が亡くなって数週間が過ぎたころですが、悲しくて、悲しくて泣いてばかりいたそうです。

(うつでなくても悲しくなると思いますが、理由もないのに涙ぐむことがある場合は注意が必要かも知れません)

※ 部屋を片付けることが億劫になり、掃除をすることができなかったそうです。

(とてもキレイ好きな人です)

※ おしゃれをしなくなりました。(これは私が感じたことです)

※ 将来のことを考えて悲観的になってしまい、「なにも考えたくない」と思ったとのこと。

※ 口数が減り、外出をしなくなりました。

※ 電話をかけて来なくなりました。

※ 食事に誘ったときですが、「もうどうでもいい・・・」と言ったこともあります。

※ 体調が悪くなり、入院もしました。(腸の病気です)

明るくて姉御という感じでしたので、元気のない彼女にショックを受けて、何度か食事に誘いました。

つき合ってくれるようになったので、ひどい「うつ」ではなかったのかも知れませんね。

2年間ぐらいは元気のない状態が続いていましたが、今では元気いっぱいになりました。

とってもおしゃれになり、今では年齢よりもとっても若く見えます。

急に訪れた悲劇に落ち込んでしまうのは当然だと思いますし、うつ状態にもなりましたが、見事に吹き飛ばしてくれました。

知り合いはどのようにしてうつの症状を吹き飛ばしたのか

もともとは明るくて友達も多かったので、食事などに誘われると最初は断ってばかりいたそうですが、私の誘いにも少しずつ付き合ってくれるようになりましたね。

仕事はしていなかったのですが、単純な作業のアルバイトをやり始めて元気になってきました。

会うと、悲劇的な話から仕事の愚痴や不満を言うようになり、それはそれでいいかなと。(笑)

その後アルバイトの仕事はサッサと辞めて、正社員の仕事に就いたと言い、さすがです!

もともとそういう人だったので、やっと前の元気で輝く女性に戻りました。

困難を乗り切ると女性は強いですね。

女性はどのような原因でうつになってしまうのか

※私の身近な女性達の悩みや聞いたことです。

結婚をしても経済的な理由により、専業主婦でいることもできないので、主婦も仕事を持つ人が多いのです。

共働きは時間にも余裕が無くなり、ストレスを抱えることになります。

夫の協力と家族の理解が必要になってきますし、完璧な働く主婦は難しいです。

このブログでも書いていますが、食事も手抜きだったりもします。

義理の親との同居は、分かっていても文句の一つや二つ出ますよ。

衝突したり、すれ違ったりでストレスが溜まり、爆発寸前なんてことも!

ある程度年齢を重ねて、生活環境の違う人との一緒の生活は、思うようにはいかない場合が多いのではないでしょうか。

女性は”しこり”を残すので、問題があった場合は、やんわりと解決するか、納得をしていかないと後々もめるかも。

ご主人もそこは分かってあげて、愚痴もときには聞いてあげてくださいね。

夫が子育てに協力をしてくれない。

昭和の時代の男の人は仕事が忙しいと、それを言い訳にして、子育てに協力をしてくれなかったりします。

”昭和の時代の男の人”が皆そうなのかと言えば、もちろん違いますが、私の父親も威張っていたので、そういう印象が強いのです。

時代も違い、男の人が仕事をして、女の人は結婚したら主婦の仕事をするのが当たり前でした。

今の時代はそんな威張った男の人は嫌われますよね。夫も子育てに参加をしてもらい、子育てに興味を持ってもらわないと!

女性ホルモンのバランス

ホルモンのバランスが悪いからイライラするって、中学生のころから私も言ってました。

月経前になるとイライラしたり、不安定な精神状態になったりして、そしてものの言い方もキツクなったりするので、友人に「なに怒っているの?」と言われたりしました。

妊娠中もホルモンのバランスの崩れによるものでしょうか・・・精神状態が不安定でした。

環境の変化による負担

知り合いの女性ですが、結婚をしてからうつになり、残念ですが亡くなりました。

嫁ぎ先のお義父さんが、まだ若いのに介護が必要でした。お義母さんは仕事をされていたので、お嫁さんがお義父さんの介護をしていて、体調を崩してしまいました。

環境の変化が心の負担となり、ビルから飛び降りてしまったのですが、きっかけとなったのは、ご主人が胆石に石がたまり、手術が必要となったからで、それで自分を責めたそうです。

その程度の病気ならどうってことないと思ってしまいますが、そうではないのですよね。

もっと早く周りが気づいてあげるべきだったかも知れませんね。

まとめ

もや~っとした日々というのは誰にでも経験があると思いますが、子供のことであったり、ご主人のことであったり、家庭環境だったり、職場のことだったり、人それぞれが問題を抱えています。

受け止め方は違いますよね。

どうしてそんなことで悩むのかなと思うときもありますし、重病を患っていてもすごく前向きに生きている方もいます。

最初は小さなことであっても、なかなか解決ができないと、心が悲鳴を上げてしまうこともあります。

解決できない場合でも、納得をするようにしてみるとか、自分を変えてみるとか、その場から逃げるとか、自分の心と向き合ってみる必要があるのではないでしょうか。

ひどい場合は専門医に相談をしてください。

ウォーキング効果でやる気を取り戻す。でも歩き方間違っていない!?

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。