life

100Pから投資できるdポイント投資、預けっぱなしで3万P越え

日々の生活の中でちびちびとポイントをためて楽しんでいますが、ドコモのdポイント投資でたまったdポイントを運用しています。

dポイントでdポイント投資を始めたのは2019年4月です。

ということで、dポイントでdポイントを運用をすることにも挑戦しているという話を書いていきます。

dポイントを使って投資体験ができるサービスで、dポイントを運用するというものです。運用ポイントが投資信託やETFなどの値動きに連動して毎日変動します。

運用ポイントはdポイントに交換(引出)をすることもできます。

100Pから投資できるdポイント投資、預けっぱなしで3万P越え

偉そうなことを最初に書いてしまいましたが笑わないでくださいね。最初の投資ポイントは、ポイントを使っちゃって残が258ポイントしかなかったので、200ポイントを投資しました。

200ポイントということは200円!ちっちゃい投資!

すぐにスマホで確認をしたところ、1p少なくなり、199p になってました。

このように運用する投資信託の基準価額に連動して毎日変動をします。投資なのでそれを理解しないと始めることは止めた方が良いと思います。

携帯電話はドコモをずっと使っていますが、ドコモからdポイント投資を勧められたことはなく、投資は自己責任で行うものでしょう。

私がdポイント投資を始めたのは、2019年4月からで、200ポイントから初めて、ほったらかしで丸2年経ちました。
ほったらかしといってもdポイントがたまると、dポイント投資に回して、2021年4月現在で33,066pとなりました。

dポイント投資はコースが2種類あります

<アクティブコース>
債券より株式に大きく比重を置くもので、高いリターンを得られるかも知れません。

<バランスコース>
どちらかというと株式よりも債券に比重を置くもので、安定したリターンを目指すコース。

私の大切な200ポイントは、アクティブコースです。
コースを変更することは後からでもできます。

何ポイントから投資できる?

先に書いてしまいましたが、200ポイントを投資したのですが、dポイント100ポイント単位です。
まだ引き出す経験はしていませんが、運用中のポイントは1ポイント単位で引き出すことができて、dポイントとして利用をすることができます。

運用のしかた

dポイントを運用するのは株式会社お金のデザインで、投資信託の基準価額に連動して増減します。

詳細はdポイント投資のサイトで確認をしてください。

普通運用には手数料がかかりますが、dポイント投資は手数料はかかりません。

増えているポイント投資

最近ではこのようなポイント投資というものが増えてきて、気軽に投資体験ができるようになりました。
バブルと言われていた時期に深く考えることもなく、銀行に貯金していれば金利でお金が増えていましたので、何も考えなかった自分を反省。

普通に働いているだけではどう考えても豊かな老後の想像ができません。

ずっと仕事を続けてきましたので、この先も地味に生活していくことはできると思うのですが、将来は不安でもあります。

最近になって投資を考えたとき、証券会社と手続きをしようと思っても、自分が使っている地方銀行が扱われていないことが多いのです。
証券会社だけでなく、キャッシュレスで銀行口座を登録する場合もです。
10年前ぐらいはそのようなことはなかったと記憶しています。

この先はどうなっていくか想像ができますね。大手のネットバンキングも利用した方が良いのかなと思います。

小さいけれどポイントを得ることを「学ぶ」と考えてみると良いと思います。
そして運用体験をしてみる→お金で投資をしてみる。

小さい体験をしていくと「おいしい大きな話には気をつけなければいけない」ということに気がつきます。

本当に良い話(大きな話)というのは、一般の人のところにはフツー無いと思ってます。(笑)

今でもそうではないかと思っていますが、私たちはお金の勉強はしてこなかったのでお金の話をすると「いやらしい人間」扱いをされてしまうような気がします。

でも「将来はなんとかなる」なんて安易に考えていると大切な家族に迷惑をかけることになります。

小さなポイントを集めることに集中したり、運用をしたり、学んでみることが必要ですよね。

100ポイントからできる投資ですからまず体験!

dポイント投資のスケジュール

✅おまかせ

注文の締め切り14時。14時までに注文したポイントの反映・運用開始は、注文した日の翌営業日の18時頃です。

追加したポイントの値動きが確認できるのは翌々営業日の17時頃から。

✅テーマ(日経平均株価・日経インバース指数)

注文の締め切り14時。14時までに注文したポイントの反映・運用開始は、注文した日の18時頃です。

追加したポイントの値動きが確認できるのは翌営業日の更新(17時頃)から。

✅テーマ(日経平均株価・日経インバース指数を除く)

注文の締め切りは20時。20時までに注文したポイントの反映・運用開始は、注文した日の翌営業日の18時頃です。

追加ポイントの値動きはが確認できるのは、翌々営業日の更新(17時頃)から。

まとめ

ドコモユーザーなのでポイントを得ることが多いことや、スマホのアプリで確認をすることが簡単だったのが良かったです。
簡単に始めることができると謳っている投資であっても、実際にアプリをダウンロードして初めてみると「この先はどうするの?」と分からなくなることもありますよね。

そういう場合はそこで止まってしまうこともあります。

超初心者にも分かり易いような内容であってほしいです。

ABOUT ME
c.h
記事作成者ch アメブロを10年以上継続しています。このブログでは年齢を重ねても前向きに。「調査し、探求し、問いかけ、熟考するのです」ウォルト・ディズニーの言葉は私の「大切な言葉」です。