健康

免疫力を高めてしっかりと風邪を予防しようと思う

健康でいたいからと言って、玄米など無精製の穀物を食べて、余計なものは食べない、身体に悪いことはしないと、いつも言っている人に限って風邪を良く引くってどういうことなんだろうと思うことがあります。

身近にいませんか?そういう方。

コンビニのサラダは食べてはいけないとか、○○の製造のパンは体に悪いモノが使われているとか、本当かどうか分からない情報もネット上で飛び交うこともあります。

それは間違っているって否定をしているのではありませんが、何を信じて良いのか分からなくなることもあります。

「食」をいつも真剣に考えていて、とっても偉いと思う方もいて尊敬しちゃいますが、体調を崩してしまうって辛いですよね。

それとは正反対の方もいます。

食事は肉が中心で、決まって深夜に食べるそうで、ワインも好きで毎日飲むそうです。

女性ですが、食事の支度は基本しないそうで、コンビニに頼っているとのことです。

でも元気で風邪も引かない70代の方です。

もうこの人の遺伝子はどうなっているのだろうと思うくらい元気ではつらつとしています。

免疫力を高めて風邪を引かないようにするにはどうしたら良いのでしょう。

免疫力を高めてしっかりと風邪を予防したい

最初に書いた「玄米の人」は、身体のために良い物を選んで食べているようですが、話を聞くと結構偏った食事になっているようにも思えました。

食事もバランスが大事だと思います。

食べすぎは良くないけれど、楽しく美味しいものを食べたいですよね。

「ワイン好き」の人は、食事はテキトーに毎日をエンジョイしているように感じます。

風邪は引かない、病気もしたことがないそうです。

どちらが良いとは言えないのですが、何が違うのか気になります。

風邪やインフルエンザが猛威を振るっていますが、負けない身体でいるためには、免疫力を高めることが必要だと言われています。

医者ではないし、いい加減なことを書くことは許されないのですが、祖母から聞いたことを書きます。

良い薬もない時代の昔の人の身体を守る知恵です。

いっぱい食べる

「いっぱい食べないと風邪治んないよ」

おばあちゃんにそう言われたことないですか?

風邪を引いたらとにかく食べろ、食べろって言われて、〆は「みかん」をいっぱい食べろ!です。

みかんはビタミンCがいっぱいだからということです。

な~んにも気にしない

「いろいろなことがあったけれど、な~~んにも気にしない!」

大変なことがあったと思うけれど、いつもあっけらかんとしている強いおばあちゃんで、これが風邪にも関係があるのです。

勉強がどうだとか、学校を休むと行くのが嫌になるとか気にしないで寝ていなさいということです。

実際風邪もあまり引かないおばあちゃんですが、「病は気から」と言いますものね。

クヨクヨしていると免疫力が低下してしまうので、あっけらかんは必要です。

気分転換を上手に図って楽しい毎日を過ごすように心がけたいですね!

うがいは天井を見て

「手を洗い、うがいをしましょう」って当たり前のように言われていますが、うがいのやり方でできていなかったことがありました。

うがいはやっても軽くゴロゴロと行うだけでした。

おばあちゃん曰く、天井を見上げ、頭を後ろに倒して喉の奥までしっかりと行うことが大切だということです。

そしてそれを数回は繰り返します。

おばあちゃんに言われたことを思い出し、一般的に言われているうがいや手を洗うことも毎日の習慣として、免疫力を強くしていきたいものです。

まとめ

健康でいたいと思うことは皆同じで、取り組み方は人それぞれで、その人の生活や体調にあったものを取り入れていけば良いと思いますが、昔ながらのおばあちゃんの知恵も参考にしたいです。

そういえば、首にネギを巻くとか、アロエを絞って飲むとかもありました。(これは参考になるのかは分かりません)

「食」も大事ですが、年齢を重ねると筋肉量が減って免疫力も下がるということなので、運動を毎日取り入れた方が良いです。

これは私が自分の体で感じたことで、動かないと体がなまってきて風邪を引くという経験からです。

寒くても外に出て体を動かすようにしましょう。

健康・歴史・カメラウォーキング記事まとめました

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。