キャッシュレス

キャッシュレス時代?QRコード決済統一コード「JPQR」がスタート!

最近はセブンイレブンで買い物をしたときもLINE Payコード決済をしていますが、レジでコードを読み取ってもらうと、レジで「ペイペイ!」って言うのです。
レジの人が言うのではなくて、レジが言うのです。

決済がちゃんとできていれば問題がないのですが、不思議でした。
「PayPayではなくてLINE Payよ」と思ったのですが、~ペイもたくさんあるので、「ペイペイ」と言えば問題がないのかも知れません。(笑)

キャッシュレス時代?QRコード決済の「JPQR」という統一コードが8月1日よりスタートするそうです!

キャッシュレス時代?QRコード決済統一コード「JPQR」がスタート!

一般社団法人キャッシュレス促進協議会が8月1日(木)よりLINE Pay、メルペイ、楽天ペイなどが統一QRコードJPQRを導入すると発表しました。

お店側が提示したQRコードを決済する側が読み取る場合と、お店がスマホアプリのQRコードを読み取る場合がありますが、今回の統一QRコードの場合は、お店がスマホアプリのQRコードを読み取る場合のQRコードです。

総務省では、(一社)キャッシュレス推進協議会が策定した決済用統一QRコード・バーコード(JPQR)の普及に向けた事業を本年8月1日から岩手県、長野県、和歌山県、福岡県の4県で開始予定です。
本事業を幅広いメディアを介してPRするため、「統一QR「JPQR」普及事業 広報大使任命式」を開催する事となりましたので、お知らせいたします。総務省ホームページより

今のところ4県、岩手県、長野県、和歌山県、福岡県で開始されるようですね。

導入するに当たって、お店側の立場になると、どこを使えば良いのか迷うと思っていました。
QRコード決済を扱うのに、各サービスによってのコードを用意しなければならないのは、お店側も大変です。

レジの人も~アプリ、~ペイ、電子決済など何が何だか分からなくなってしまいますよね。
コンビニなどを見ていると、アルバイトやパートさんなど短時間で働いている方が多いようですし、田舎のコンビニでは年齢を重ねた方もいるので、「ピッ!」に慣れるのには苦労するのではないでしょうか。

各社、銀行などがバラバラだったQRコードが統一されてくると、利用をする人も増えてくるかも知れませんね。

決済参加事業所

前に調べたときよりも増えていました。

2019年8月1日(木) 午前3:00において、以下のコード決済サービスがJPQR(利用者提示型・バーコード)への準拠を行います。(以下のサービスには、既にJPQRに準拠しているサービスも含みます)
・au PAY
・銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
・メルペイ
・LINE Pay
・楽天ペイ(アプリ決済)
・りそなウォレット一般社団法人キャッシュレス促進協議会

Bank Pay

2019年秋に新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」が開始されると、日本電子決済促進機構から発表されています。
これはスマホのアプリに表示されたバーコードを読み取ってもらい、銀行口座から直結で決済ができるというものです。

地方銀行も対応するということで、大きく銀行取引が変わっていきそうですね。
対応するbankは、1000以上ということですが、どうなっていくのでしょう。

一般の消費者は何だか良く分からないって感じになりそうです。

どこのPayを利用したら得になるのか、セキュリティやリスクのことも考えながら選んでいかなければなりません。

まとめ

どこのQRコード決済が得なのか、どこのQRコード決済が利用しやすいのか、と考えながら利用をしていましたが、QRコードが統一されてくると、ごく自然に何も考えないでコード決済が当たり前になってくるのかも知れないと思ってしまいます。

まだ先のことは良く分からないのですが、使っていて「お得」なことばかりなので(私は)、導入する店舗が増えてくると良いと思っています。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。