キャッシュレス

キャッシュレス決済の仕組みが分からなくて不安なこともこれで解消

最近ではコンビニに入るときにはお財布を持たないで入るときも増えてきました。
お財布を持つことが面倒になってきたので、スマホだけ持って入ってしまいます。

LINE Payの残高だけ確認して置けば買い物はスマホでコード決済で済ますことができます。
私はだいぶ慣れてきましたが、スマホのコード決済やキャッシュレス決済はまだ良く分からなくて不安・・・という方もいらっしゃいます。

ではどのようなことが不安なのでしょうか?思い当たることを書いてみます。

キャッシュレス決済の仕組みが分からなくて不安なこともこれで解消

消費税も10%に上がってきますし、これに伴って政府がキャッシュレス決済で商品を購入すると、2%もしくは5%のポイント還元を行うと打ち出しました。

それに経済産業省は2025年までにキャッシュレス決済を40%まで引き上げると言っています。
2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック開催時までに外国人が訪れる場所は100%のクレジットカード決済対応を目指していくとのことです。

そんなこともあって、不安なことは解消して置いた方が良さそうです。

お金をどれだけ使ったか確認することはできますか?

アプリによって違ってきますが、利用状況はアプリで確認をすることができます。

LINE Payはウォレットの中の家計簿を利用しても良いですし、ウォレットの中でも利用した詳細を確認することができます。
またいくつかのキャッシュレス決済を利用している場合は、別の家計簿アプリを使うこともオススメ。

キャッシュレス決済で買った商品を返品することはできるのでしょうか?

返品をすることはできますが、キャッシュレス決済の利用状況によって返金方法は違ってきますので確認が必要となります。

クレジットカードの場合は、翌月分の引落しと相殺されることになりますが、翌月に決済が無い場合は銀行に振り込まれることになります。

電子マネーの場合は返金が電子マネーに返金されることはありません。

LINE Pay利用で商品を購入して返品をする場合は、キャンセルした商品の購入代金はLINE Pay残高に返金されます。
返金されるまえには時間を要し、最大2ヶ月掛かる場合もあります。

返金されるとLINEウォレットの公式アカウントから連絡が入ります。

利用しているキャッシュレス決済サービスが終了したらどうなるのでしょうか?

サービス終了をする場合は一定期間を設けてくると思いますので、サービス終了までにチャージしてある分を使い切ってしまうとか詳細を確認する必要があります。

早めに解約手続きをしましょう。

個人情報が心配

個人情報の流出をしてしまうと大きな問題になります。各社さまざまな対策をされています。

私はLINE Payを使っていますが、コード決済を行ったときに続けて2回決済をすると同じコードで決済はできませんでした。
支払いのたびに新しいQRコードが発行されています。

紙などにに印刷されたQRコードは「静的QRコード」といわれていますが、これは細工をされやすいので、決済のたびにQRコードが発行される「動的QRコード」の活用が進められています。

またICチップや暗証番号の利用などもされています。暗号化もされるので、偽装されにくいですね。

災害などで電気が使えない!

お店のレジの電気が通っていない場合は、インターネットを介さない支払いなら行うことはできます。

POSレジアプリを使うと電気は必要ないので使うことはできますが、スマホは充電されていないと使うことができません。

POSレジアプリはスマホなどのモバイル端末にインストールして使います。

オフラインでも使えるオフラインモードが入っているアプリケーションもあるので、それらを使うと電気が使えない状態でもキャッシュレス決済が利用できます。

コード決済ってなに?

このブログのカテゴリー「キャッシュレス」では自分でキャッシュレス決済を利用しながら書いたものが多いのですが、その中の「コンビニと地元のスーパーで利用したもの」をまとめたのが下の記事となります。

コード決済は毎日のように利用をしているので、読んでみてくださいね。

コード決済の支払い方法はQRコード、バーコードを読み取ってもらい支払う方法と、お店が提示するコードを読み取り、支払う金額を入力して決済をする方法があります。

どちらも慣れると簡単にできてしまいますよ。

クレジットカードは持っていないし、スマホは使えない人は?

クレジットカードを持っていないという主婦の方っていますよね。
スマホは扱うのが苦手という方もいますし、ガラケーの方もいます。

「キャッシュレス決済って関係ないの?」と思われるかも知れません。

電子マネーデビットカードにチャージして使えば良いのです。スマホを使う方はスマホのキャリア決済でも大丈夫。

スマホのキャリア決済というのは、スマホの月々の支払い分と一緒に支払うというもの。
支払いは翌月払いとなります。

キャッシュレス決済の決済日は?

デビットカードは物を購入すると引落しされるので即時払いですが、クレジットカードは決済日に引落しされるので、後払いとなります。

電子マネーは先払いとなり、コード決済は後払いとなります。

スマホの機種変更をした場合は?

機種変更でなくても、スマホが突然壊れたときも、サービスが使えなくなるのではと不安になります。

コード決済の場合は、専用のアプリを使っているので、変更したスマホから改めてアプリをダウンロードして使えるように設定を行えば大丈夫です。

電話番号が変更になる場合は、利用しているサービスの会社に問い合わせてからの方が良いです。
変更ができない場合は、新しい電話番号で新たに登録となります。

まとめ

キャッシュレス決済を導入する店舗は増えていますので、自分が使いやすいものを利用すると良いと思います。
私の場合はLINE Payを使っていますが、LINE Payボーナスの基本付与率が2%のマイカラーがグリーンなので、消費税が増税になってもビクともしません。(笑)

マイカラーグリーンのことはこちらで。

最初は不安なこともあると思いますが、使い始めると案外と簡単なものですよ。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。