キャッシュレス

経済産業省が進めるキャッシュレス決済で消費者還元最大5%

10月に消費税率を10%に引き上げということで、キャッシュレス決済で買い物をした人にポイントを還元するということが経済産業省が発表していますが、使える店舗は増えていないような気がします。(田舎の場合!?)
(QRコード決済の場合です)

店側のことはほっといて進んでいるような気がしてしまいますが・・・。

チラッと「キャッシュレスとは」みたいな説明会のようなものも地元でもあったようですが、どれほどの人が興味を持っているのか疑問です。

ところで日本のキャッシュレス化ですが、遅れていると言われていますがそうでしょうか??
クレジットカードを上手く使う人、デビットカードや電子マネーを使う人、ポイント大好きな人は多いと思います。
ネットで買い物をしてポイントをためて、ためたポイントで買い物をする人、旅行をする人など多いですよね。

上手く利用をしていると思いますが、QRコード決済はまだまだこれからなのかと思います。

消費税率が10%に引き上げに合わせて経済産業省が発表したポイント還元する制度(消費者側)とはどういうことかまとめてみました。

消費者還元、日本どこでもキャッシュレスで最大5%

消費者還元期間  2019年10月~2020年6月

近くの対象店舗でクレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコード等を使って代金を払うとポイント還元が受けられます。
原則購買金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗では2%を還元。

クレジットカード・デビットカード・電子カード・QRコード支払いで5%or2%還元! 

キャッシュレスの方法

クレジットカード・・・買い物をして、支払いは現金ではなくて、カード決済にすること。
サービスは受け取ることができて、支払いは後払いカードで支払うこと。
一括で支払うか分割で払うか選択ができる。

電子マネー・プリペイドカード・・・様々な会社が発行している電子マネーはコンビニ・スーパー・改札機でタッチしてお金を払うことができる。カードタイプだけではなく、携帯やスマホでも使うことができる。

デビットカード・・・買い物や食事の代金を支払うときに提示すると、代金が銀行口座から引き落とされるカードのこと。

スマホ決済・・・スマホにクレジットカード・銀行口座・電子マネーなどを登録して支払うときに使うことができる。チャージしたお金でQRコードを使って支払うことができる。

<経済産業省ホームページ参照> 

お金の管理がしやすい

自動家計簿アプリなどを使うと銀行口座とつなげることもできるので、お金の流れを把握することができます。

見えにくかった部分が見えるようになるので、無駄遣いが少なくなります。

お財布が軽くなります

レシートがたまってパンパン、小銭がたまってしまってお財布が膨らんでしまう。と、いうことが少なくなってきました。
ATMから現金を引き出すことが少なくなります。

カード紛失や個人情報が心配

事業者に厳正な管理をすることが義務づけられています。
カード紛失の場合は、決済手段によって、条件次第で全額救済措置が用意されています。

まとめ

このキャンペーン中に登録した店舗での買い物をキャッシュレスで決済をすると、ポイントをもらうことができます。

決済手段はクレジットカード、電子マネー、スマホ決済などで行います。

電子マネーでも、ポイント機能のないものは対象外となります。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。