キャッシュレス

キャッシュレス決済、マイナンバーカードでポイント25%還元!?

どうしても進めていきたいのか、景気対策なのか分かりませんが、来年の9月からマイナンバーを利用してキャッシュレス決済を行うと、25%のポイント還元を行うという制度の実施が検討されているとのことです。

来年は2020年、東京オリンピックがあるので、9月というとオリンピックが終わってからということですね。
オリンピックで世の中が明るくなり、景気も良くなりそうなので、オリンピックが終わったあとの景気対策なのでしょうか。

キャッシュレス決済、マイナンバーカードでポイント25%還元!?

2019年10月より消費税率が10%に引き上げられ、消費税率引き上げ後の9ヶ月間に渡って中小・小規模事業者で対象となるキャッシュレス決済を利用して支払いを行うと、2%か5%のポイント還元を受けられるというキャッシュレス・ポイント還元事業が行われています。

近くの対象店舗でクレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコード等を使って代金を払うとポイント還元が受けられます。
原則購買金額の5%、フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模店舗では2%を還元。
クレジットカード・デビットカード・電子カード・QRコード支払いで5%or2%還元! 

9ヶ月間なので来年の6月で終了ということになります。

7月、8月は東京オリンピックで盛り上がりそうです。

YouTubeやブログなどで「東京オリンピックの後には景気が落ち込む」と言っている人がいますが、実際、私もそんな気がしているのです。

6日に総務省が発表した10月の家計調査によると、消費支出(2人以上世帯)は27万9671円で、物価変動の影響を除いた実質で前年同月-5.1%ということです。

大型台風などの影響もあったとのことですが、増税により落ち込んでいるように感じてしまいます。

実際身近を見ても小さなスーパーの独自のポイント合戦に群がる人達の凄まじさを小さな街でも感じています。
すこしでもお得を得ようとする動きは、物価も上昇していて、消費税率も上がったので納得です。

今回はキャッシュレス決済のポイント還元やプレミアム付き商品券の発行などの対策も行われましたが、キャッシュレス決済のことが良く分かっていない人や、クレジットカードを持っていない人もいるので、そういう人にはお得なことなどないですよね。

10月の消費の落ち込みの要因に天候が悪かったからというのもあるのでしょうけれど、天候云々・・・と言っていてもどうなのでしょう。

マイナンバーカードでポイント還元25%

マイナンバーカードの普及率も現在14%ほどということで、マイナンバーカードももっと普及させることも目標としているのかも知れませんが、マイナンバーカードを利用したキャッシュレス決済で、ポイント還元25%の制度が導入される方向とのこと。

ここがポイント

2020年9月よりマイナンバーカード保持者が別途発行される「マイキーID」と紐付けされたキャッシュレス決済を行う場合に、前もってのチャージで25%のポイント還元が検討されている

景気が落ち込んだとして、景気回復に繋がるのでしょうか。
「マイキーID」といっても分からない人も出てきますよね。

このようなことも格差に繋がるような気がしますが・・・。

事前にチャージをして使うことになると、チャージした金額に25%分のポイントが付くということになるので、2万円チャージだと2万5千円使えることになるそうです。

マイナンバーカードを取得していない人は、マイナンバーカードを取得するまでに時間がかかるので早めに手続きを行って置いた方が良さそうですね。

ABOUT ME
c.h
c.h
アメブロを続けて10年が経ちました。ブログを続けることで実感ができた有益なこと、続けていく意味なども含めて、このブログも継続をしていこうと決めました。 このブログでは「年齢を重ねても美しい女性」の外見だけではなく、内面も追って行きたいと思っています。 そして年齢を重ねての「経験」「感じてきたこと」「これからのこと」も綴っていきます。 私自身も前向きに生きて行きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 たぶん、あなたが思っている以上に女性達は元気で好奇心に溢れています。