健康

50代メタボ改善のための運動、ひたすら歩く、お金も掛からない

この年代になると、健康であることの有り難みをしみじみと感じ、良い状態を少しでも維持したいと思うようになります。
安心をして運動をしないとデブに向かってまっしぐら!
そこで気軽に始められるウォーキングを始めようと思って時間ができると歩きに行ってます。

メタボまっしぐらのパートナーと。

カメラを持ってテキトーに歩くのは私。

歩きに行けない日は体を引き締めるためにコレやってます。

ダイエットのために一生懸命に歩いている方には参考にはならない記事なのでご了承ください。

50代、メタボ改善のための運動、ひたすら歩く、お金も掛からない

50代メタボに向かっているパートナーの歩き方。

自然の中を歩いているのに、虫が飛んで来ただけで大きな声を出す。

「ウァ~!」突然びっくりして騒ぐ。今度はへびがいたらしい。

急に張り切り出す。と、思ったらトイレに行きたいと言う。

(これ全部本当の話です)

病院の検診センターに行って、食事のバランスの説明を受けてきて、主食の量を減らして、主菜、副菜を上手に摂らなければならないと学んだらしい。

だから人には食生活を見直してエネルギーを摂りすぎないように、と偉そうに語るのですが、「メンチと肉団子を買ったよ」とメールが・・・。食べたいものを食べるという習慣に変化なし。

結局メタボに向かってる。

歩くことで得られる私のメリット

歩くことが体に良いというのは、一般的に言われていますが、脂肪を燃焼してくれるからダイエットになるとか、有酸素運動を行って体脂肪を燃やすとか、良く脂肪も燃えるのだというのは分かりますが、専門家ではないので語ることはできません💦

私が感じることは、

ひたすら歩くと気分がすっきりとしてきます。

季節の植物などを見て、四季を身近に感じることができます。

車の通りの少ない所を歩くと深呼吸ができます。

①一生懸命に歩いているかっこいい人を見かけることがありますが、しっかりと腕を振って、リズム良く歩いているので健康効果っていうのですか?きっと良いのでしょう。

そんなかっこよく歩かなくても、景観の良いところを歩くと気分がすっきりとしてきて、心地良さを感じることができるのです。

②自然の中を歩くと遠くに行かなくても、植物の色を見たり、空や雲を見て、四季折々の流れを感
じて幸せな気分に。
ストレスの壁があってもバリバリと砕いてくれそう。

③空気が綺麗なところを歩くと、ふかーく呼吸をすることができて体の中がリフレッシュするような感じになります。

その他にもリラックスして景観の良いところを歩くことによって、肩の力も抜けて、首を振り振りすると(笑)肩こりも楽になったような気分になります。

dヘルスケアで歩数を測定しながら歩く

歩くときは、dヘルスケアアプリを利用して歩数を測定しています。
歩かないときでもdヘルスケアの歩数を見ると、日々の生活では本当に運動不足だということが良く分かってきます。

スマホを持てない場合もあるので、歩くとき以外は正確ではありませんが、それにしても歩数が少なくて危機感を感じてしまい、このままでは二人ともおデブちゃんになっちゃいそう💦

こんな感じでdヘルスケアアプリを利用しています。

普段、日々の摂取カロリーを気にしますが、もっとまともに歩いて消費カロリーを増やすことを意識してみたいと思います。

ABOUT ME
c.h
c.h
年齢を重ねても美しい女性を追って行きたいと思っています。 私も前向きに生きて行きたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。